ボトルに温度計

シャンパンやスパークリングワイン、”保存や保管をするために適している”温度と、”飲んで楽しむために適している”温度が異なること、ご存知でしょうか!?

かく言う私も、ワインを普段飲んでいない頃は、この”保存・保管”と”飲む・楽しむ”ための適切な温度が異なるということは知りませんでした!”保存”と”飲んで楽しむため”の適温はてっきり同じだと思い込んでいました。

なので、知らない方も実は多いのでは!?とふと思ったので、今回は『シャンパンやスパークリングワインの”適温”について』、まとめておこうと思います。

スポンサーリンク

”シャンパン”や”スパークリングワイン”、保存・保管の適温と楽しく飲むための適温が違う!?『適温』とは!?

シャンパンやスパークリングワインの保存・保管に適した温度とは!?

カーヴ

この”保存・保管”の適温は、分かりやすく楽(らく)!なぜなら、ワイン全般(赤ワインや白ワイン、シャンパンやスパークリングワインなど)において、保存や保管に適温とされる温度が同じだからなんです。

シャンパンやスパークリングワインを含むワイン全般の”保存・保管の適温”は、大体12℃程度と考えておくと良いと思います。

ただ、媒体によって記載されている”適温”に若干の違いがあります。でも、その前後の幅で記載されていることが多いですね!最低は10℃程度で、15℃くらいが上限のはず。

でもね、この”保存・保管”の適温って、温度をある程度一定に保つことが前提にあります。なので、一定に温度を管理できる”セラー”がない場合は、飲むまでの短期間、冷蔵庫の野菜室に保存しておくのがオススメ!

>>シャンパン&スパークリングワインの保存・保管方法!まとめ!

でも、”冷蔵庫”での長期保管はNG!温度が低すぎることからオススメできないので、冷蔵庫で保存・保管する場合は1ヵ月くらいの間に飲むのがオススメです!

>>”シャンパン”や”スパークリングワイン”の保存・保管、なぜ”冷蔵庫”がダメなの!?明確な理由とは!?

スポンサーリンク

シャンパンやスパークリングワイン、飲んで楽しむために適した温度とは!?

ポルロジェ

この”飲むための適温”は、複雑になります!なぜなら、

赤ワインや白ワイン、シャンパン・スパークリングワインの種類によっても適温の傾向が異なるし、各シャンパンやスパークリングワインによって、また個人の好みによっても異なるから!

なんですよね。傾向として、飲むための適温は、白ワインやシャンパン・スパークリングワインは、上記の”保存・保管の適温12℃程度”よりは低く、赤ワインの場合は高くなります。

一般的な目安として、シャンパンやスパークリングワインの”飲んで楽しむための適温”は、8℃前後(私の個人的な好みとしては10℃前後)と考えておくと良いと思います!

スポンサーリンク

ただ、先にお伝えした通り、各シャンパンやスパークリングワインによっても飲みごろの適温が異なります。例えば、下記のシャンパンは、生産者側が飲みごろの適温が3℃と定めていて、一般的な適温よりもかなり低め!

一方、下記の”ドンペリニヨン”について個人的に言えば、10℃以上の温度で楽しむのが好きだし、オススメしています。その方が、高級シャンパンらしい豊かさや熟成感、香りが広がると思うからなんですよね。

このあたりが、”飲むための適温”が難しいという理由。ただ、一般的な飲みごろ温度と差がある場合は、商品説明に記載があることも多いので、購入の際に確認してみましょう!商品説明に適温の記載が特にない場合は”8℃程度”で楽しめばOK!

ちなみに、冷蔵庫で保管していた場合は、そのままテーブルに出して飲めば良し!各冷蔵庫によるけれど、我が家の冷蔵庫の場合は冷蔵室で6℃程度、野菜室で若干高めの温度になっているので、テーブルに出して楽しむのには丁度良いはず。

一方、”セラー”で12℃前後で保管していた場合は逆に飲む前に冷やす必要があります。ワインクーラーや、一旦冷蔵室に入れるなどして、楽しみましょう!

スポンサーリンク

飲んで楽しむための適温で、保存・保管したらどうなるの!?

はてな

適温が分かれていると、ぶっちゃけ面倒くさい!

でも、飲むための適温でシャンパンやスパークリングワインを長期保存・保管してしまうと、温度が低すぎて、”酒石”というののが多く出てしまい、味わいが変化してしまう可能性があります。詳しくは、下記にまとめてあるのでどうぞ!

>>”シャンパン”や”スパークリングワイン”の保存・保管、なぜ”冷蔵庫”がダメなの!?明確な理由とは!?

スポンサーリンク

保存・保管の適温で、飲んだらどうなるの!?

泡

ズバリ言うと、楽しめません!w

シャンパンやスパークリングワインの場合、”保存・保管”の適温で飲み始めると、「ぬるい」と感じるはず。「ぬるい」シャンパンやスパークリングワインは、美味しく感じないし、泡の醍醐味がなくなるのでオススメしません。

 

以上が、『シャンパンやスパークリングワインの温度。”保存の適温”と”飲む適温”が違うって知ってた!?”適温”とは!?』でした!

面倒くさいけれど、長期で保存・保管してから楽しむのであれば、”保存・保管”の温度と、”飲むため”の温度を分けた方が良いのが分かるはず。短期間の保存・保管であれば、”飲むため”の温度に近い冷蔵庫で”保存・保管”して楽しむのがオススメです!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事