スパークリングワイン

ワインがビジネス上の円滑な関係を促すのに使われるというのは、聞いたことがあったし、ドラマ化もされたワインの漫画『神の雫』でもそんな場面があったけれど、”シャンパン”や”スパークリングワイン”でそういった印象が強いものって自分の中にはなかったんです。

でもね、ようやく見つけました!というより、歴史的に”ここぞ”という多くの場面で実際に振る舞われてきたスパークリングワインで、”融合”というイメージが非常に強いです。

それが、アメリカのスパークリングワイン、”Iron Horse Wedding Cuvee(アイアン・ホース ウェディング キュヴェ)”

ということで、”アイアン・ホース ウェディング キュヴェ”についてまとめておこうと思います!レッツゴー!

スポンサーリンク

ここぞという数々の場で活躍し、融合を促してきたスパークリングワイン、『アイアン・ホース ウェディング キュヴェ』!

”アイアン・ホース ウェディング キュヴェ”の特徴!

とにかく、このスパークリングワインが使われてきた場面に驚き!取扱いのあるショップの商品説明を参考にまとめていきますね!

”アイアン・ホース ウェディング キュヴェ”の特徴!
  • アメリカの辛口・白スパークリングワイン!
  • 名前に”WEDDDING(結婚、融合、合体)"が付いている!
  • ラベルに”馬”が描かれている!
  • 生産者のアイアン・ホースは、米国のスパークリングワイン生産者で唯一殿堂入り(Hall of Fame)、ワイナリー・オブ・ザ・イヤー受賞回数1位。
  • 米国の5代政権に渡り、ホワイトハウスの公式ワインとして商談や重要な場面で活躍!*詳細は下記にまとめています。
  • ”アイアン・ホース”の全てのスパークリングワインは、自社畑のブドウが使われ、シャンパン製法で造られたもの。
  • 価格:6000円程度~*価格は変動します。
スポンサーリンク

実際にこの”アイアン・ホース ウェディング キュヴェ”が使われたのは、下記のような公式な場。

  • レーガン政権でゴルバチョフ氏とレーガン氏の首脳会議
  • ブッシュ政権で核軍縮条約(モスクワ条約)の調印式や国賓接待の夕食会
  • クリントン政権ではエリツィン大統領との首脳会議
  • ブッシュ政権ではイギリスのブレア首相との商談
  • 小泉首相との晩餐会
  • オバマ政権では各国大使を招いた外交レセプション

など、これらは一部でまだまだ他にも出てきます。とにかくすごい!

”ウェディング(wedding)”と聞くと、つい結婚をイメージしがちですが、言葉としては”融合”や”合体”という意味合いがあります。そんな”ウェディング(wedding)”という言葉がスパークリングワイン名として明確化されていることで、友好的な関係性を促す役割を担える印象が強いスパークリングワイン!

”アイアン・ホース ウェディング キュヴェ”を探す!

スポンサーリンク

オススメの贈るシーンやタイミングは!?

プレゼント画像

この”アイアン・ホース ウェディング キュヴェ”は、”ウェディング”というのと、数々の公式場面で活躍していたことから、下記のような幅広いギフトシーンでオススメ!

  • 結婚祝い
  • 退職祝い
  • 長寿のお祝い
  • 商談や接待の場
  • 目上の方へのギフト
  • ”馬”が好きな方へのギフト

以上が、『”Iron Horse Wedding Cuvee(アイアン・ホース ウェディング キュヴェ)”について』でした!

”アイアン・ホース ウェディング キュヴェ”を探す!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事