スパークリングワイン

ワインがビジネス上の円滑な関係を促すのに使われるというのは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ワイン漫画の「神の雫」でもそんな場面が掲載されていますよね。

ということで今回は、歴史的にここぞという多くのビジネス場面で出され、融合というイメージが非常に強いスパークリングワインを紹介しておこうともいます。

それが、アメリカのスパークリングワイン、Iron Horse Wedding Cuvee(アイアン・ホース ウェディング キュヴェ)」です。

スポンサーリンク

商談やビジネス場面でオススメのスパークリングワイン「アイアン・ホース ウェディング キュヴェ」とは!?

アイアン・ホース ウェディング キュヴェの特徴!
  • アメリカの辛口・白スパークリングワイン
  • 名前に「WEDDDING(結婚、融合、合体)」が付いている
  • ラベルに馬が描かれている
  • 生産者のアイアン・ホースは、米国のスパークリングワイン生産者で唯一殿堂入り(Hall of Fame)、ワイナリー・オブ・ザ・イヤー受賞回数1位
  • 米国の5代政権に渡り、ホワイトハウスの公式ワインとして商談や重要な場面で活躍!*詳細は下記にまとめています。
  • アイアン・ホースの全てのスパークリングワインは、自社畑のブドウが使われ、シャンパン製法で造られたもの
  • 価格:6000円程度~*価格は変動します。

実際にこの「アイアン・ホース ウェディング キュヴェ」が使われたのは、下記のような公式な場。

  • レーガン政権でゴルバチョフ氏とレーガン氏の首脳会議
  • ブッシュ政権で核軍縮条約(モスクワ条約)の調印式や国賓接待の夕食会
  • クリントン政権ではエリツィン大統領との首脳会議
  • ブッシュ政権ではイギリスのブレア首相との商談
  • 小泉首相との晩餐会
  • オバマ政権では各国大使を招いた外交レセプション

これらは一部なのですが、とにかくすごいですよね。

「ウェディング(wedding)」と聞くと、つい結婚をイメージしがちですが、言葉としては「融合」や「合体」という意味合いがあります。つまりこのスパークリングワインが出されるということは、融合を期待しているという意思表示が暗黙に出来るということ。友好的な関係性を促す役割を担える印象が強いスパークリングワインということになります。>>アイアンホース・ウェディング・キュヴェを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ビジネスオンリーではない!様々なシーンに活躍できる「アイアン・ホース ウェディング キュヴェ」。

この「アイアン・ホース ウェディング キュヴェ」、ビジネス上だけではなく、様々なシーンで活躍することが出来ます。例えば、下記のようなシーン。

  • 結婚祝い
  • 退職祝い
  • 長寿のお祝い
  • 商談や接待の場
  • 目上の方へのギフト
  • 馬が好きな方へのギフト

「ウェディング」という名前や、馬の絵が描かれていることも魅力となり、素敵なギフトシーンを演出してくれます。

以上が、『Iron Horse Wedding Cuvee(アイアン・ホース ウェディング キュヴェ)について』でした。>>アイアンホース・ウェディング・キュヴェを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

Twitterでフォローしよう

オススメ記事