カーヴ

ワインの中には美味しく飲むために、「熟成」が必要と言われているものがあります。有名なのは「赤ワイン」ですよね。私自身、「熟成」が必要と言われている赤ワインを熟成させずに飲んだことがあるのですが、その時の衝撃は忘れられません。とてもじゃないけれど、あまりの渋さに飲める状態ではなく、吐き出してしまったほど。その際に熟成の重要さを知ったのですが・・、それは赤ワインの話。

『では、シャンパンはどうなの!?熟成は必要なの!?』

ということで、今回は、そんな『シャンパンと熟成 について』まとめておこうと思います。

スポンサーリンク

ワインにおける熟成とは!?熟成って何!?

はてな

そもそも、「熟成」とは何なのでしょうか!?国語辞典で調べてみると、「熟成」とは次の通り。

【熟成とは・・】

成熟して十分なころあいに達すること。「機運が熟成する」
魚肉・獣肉などが酵素の作用により分解され、特殊な風味・うまみが出ること。発酵を終えたあとそのままにし、さらに味をならすこともある。なれ。「味噌が熟成する」
物質を適当な温度などの条件のもとに長時間置いて、ゆっくりと化学変化を起こさせること。

出典:熟成 - コトバンク

 

つまり、「ワイン」における熟成というと、より美味しさや旨味を出すために、適切な環境で長期間保管するということ。飲み頃になるまで待つという意味合いも含んでいます。

では、シャンパンは熟成が必要なのでしょうか。本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク

シャンパン、購入後の熟成は必要なし!その理由とは!?

ブルーノパイヤール ロゼ

結論から言うと、シャンパンは熟成させる必要はありません

ただ、シャンパンを購入してからさらに「熟成」させると美味しくなるという玄人さんの意見があるのは事実ですが、基本は熟成の必要はなし。特に、ワインセラーや、ワイン専用の貯蔵庫がないのであれば、シャンパンの長期保存はオススメしません。では「なぜ熟成が必要ないのか」その理由として、下記2つが挙げられます。

1. シャンパンは、そもそも熟成がピークを迎えてから出荷されているから!

モエエシャンドン

「シャンパン」は、そもそも熟成のピークを迎えてから出荷されるワインだということをご存じでしょうか。シャンパンの場合、熟成のピークを迎えるまでは、生産者によって管理されていることになります。つまり、販売されている時点ですでに美味しく飲めるということ。

なので、シャンパンで「美味しく、楽しい一時を過ごす」という目的であれば、さらなる『熟成』をしなくても十分に目的を達成することが出来ます。>>初めてのシャンパン!感動や驚きを与えてくれるシャンパンはどれ!?

2. 購入後の「熟成」には、保存状態がカギを握るから!

ポルロジェ

シャンパンを購入後、さらなる「熟成」をさせるには適切な環境での長期保存が必要になります。特にシャンパンは劣化しやすいと言われていて、「熟成」のためには、保存状態がカギを握ることに。>>シャンパン、『劣化』するって言うけど、そもそも『劣化』って何!?

なので、ワインセラーやワイン専用の貯蔵庫が自宅にない場合は、長期保存はやめましょう。せっかく長期保存をしても、劣化してしまえば本末転倒。よって、セラーや専用貯蔵庫がないようであれば、早めに飲みましょう!>>シャンパン、自宅での保存方法は?自宅保存の注意点!

シャンパン、熟成するとどうなるの!?

スパークリングワイン

実際のところ、「シャンパンは長期保存でさらに熟成し、人を魅了する」というのは様々な媒体からも発信されていて、玄人さんからも同じような意見が挙がっています。そして、私自身、5年間熟成したシャンパンを飲み、あまりの美味しさに驚いたことがあるため、それも事実なのだと感じます。では、熟成すると具体的にどうなるのでしょうか。簡単に言うと、

一般消費者として分かるのは、「まろやかになる」、「柔らかさや深みが出る」。

この一言がしっくりきます。でもこれは、シャンパンやワインの経験値があってからこそ分かること。比較できる土台があって初めて違いが分かるので、ワインやシャンパン初心者さんの場合は、まず土台作りという意味でも、熟成せずにシャンパンを楽しむことがオススメです。熟成しなくても十分美味しい、それがシャンパンの魅力なのです。

 

以上が、『買ったシャンパン、熟成って必要なの?何年も寝かせると味が違うの!?』でした!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事