泡

『シャンパンを飲むと、何が良いのか!?』これまで、シャンパンを含むワインを多々飲んできましたが、ワインの中でもシャンパンはその他ワインに比べて優位性を感じることが出来ます。

価格面でもそうですが、シャンパンの場合は赤・白ワインと違って、ワンコインで購入できるものはありません。フルボトル1本、安くても3千円台後半からと考えるのが無難。そう考えると価格面においても高価という印象が伴います。

そんなシャンパンを生活に取り入れることで、人生をより豊かにしてくれるメリットを得ることができます。そして、そんなメリットを感じている私が唯一後悔していることといえば、もっと早い内からシャンパンを飲んでいれば良かったということ。

ということで今回は、シャンパンを飲むことのメリットについて経験を踏まえてまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

シャンパンを飲む5つのメリットとは!?シャンパンを飲んで生活が豊かになる!?

フィーヌ フルール ドー ブジー

これまでシャンパンを多々飲んできて、生活や人生においてメリットだと感じられたことは次の5つ。

人とのコミュニケーションや会話が円滑になった

パーティイメージ

これは、シャンパンに限らずワインにも通じることですが、ゴルフ好きがゴルフの話題で盛り上がるようにワイン好きに出会うとワインの話題で話が盛り上がるんですよね。取引先のワイン好きの方に会えば、「ワイン、何が好きなんですか!?」「今度、飲みにいきましょうよ」なんていう会話に実際に繋がることがあります。

また、フルボトルのワイン1本は750ml。健康を考えても、一人で1日に1本を飲むというのは考えられません。>>シャンパンのアルコール度数は!?どれくらい飲むと酔うの!? 特にシャンパンは発泡性ワインなので、特別な時やお祝いの時、慶事に飲まれる方が多いはず。そう考えると、フルボトルのシャンパンは、一人飲みというよりは、誰かと飲むということがスタンダード。つまり、シャンパンを飲んでいる間は人と会話が生まれる。コミュニケーションが取れる機会になります。

会話が増えれば、より互いの理解が深まり、人間関係が円滑になりやすいということです。

自己啓発、自己成長に繋がった

ペリエジュエ ロゼ

シャンパンに対して、特別なお酒、高価、高級というようなイメージや、シャンパンを日常的に飲んでいる人はワンランク上、お金持ちというようなイメージがある場合は、シャンパンは自己啓発や自己成長を促すツールになります。

自分よりもワンランク上の人が飲むお酒を日常に取り入れることで、そのイメージに自分が沿うように自然と変化を遂げていくということ。

コツは、自分がそのワンランク上になっているリアルなイメージをして、シャンパンを無理なく日常的に飲んでいく。それだけです。(飲みすぎ、多量摂取は健康上オススメできません。)

ワインに興味のある人からモテるようになった

これは特に男性に多いのですが、ワイン好きということが分かると、ワインに興味のある女子に「私も興味があるんです。今度教えてください」と言われたり、「オススメのワインってありますか?」と聞かれたり、積極的に女子が関わろうとする機会が増えます。そして、ワインに興味のある女子は、意外と多いです。>>結局のところ、ワイン好き男子ってモテる!?女子の心理とは!?

ただ、ここでいうモテるはあくまで、「興味を抱く」というレベル。それでも女子が積極的に話しかけてきたり、興味を示したりというという意味では貴重なモテ体験であり、その先の交際に発展する可能性も無きにしも非(あら)ずと言えます。

手土産やお祝いのプレゼント選びに困らなくなった

ラッピング

シャンパンといえば、慶事のお祝い事の定番ですよね。そういうった時に、シャンパンを普段飲んでいないと何を贈ればよいのか探す必要が出てきます。

今の時代、便利なインターネット検索が定番ですが、どれも同じような口コミ評価が多く、一体どれを選べばよいのか迷いが生じて意外と大きなストレスになりがち。

あでも、シャンパン細々とでも日常に取り入れていると、飲んだ経験から選択肢がいくつか思い浮かび、容易に選ぶことが出来ます。

五感刺激によるストレス発散方法が1つ増えた

ポルロジェロゼ

ワインの中でもシャンパンを含むスパークリングワインは、五感で楽しめるワイン。冷やして飲むためボトルやグラスを持てば冷えており、夏はしずくがボトルから垂れるほど涼を実際に感じ取ることが出来ます(触覚)。グラスに注げば、パチパチと泡が弾ける音が広がり(聴覚)、ゴールドや淡いピンクの華やかな色合いとグラス底から昇る泡を見て癒されます(視覚)。そして温度上昇と共に香りが変化する様を感じ(嗅覚)、美味しいひと時を過ごすことが出来ます(味覚)。

私の場合シャンパンはご褒美感覚がやはりあり、最高の癒し。シャンパンを飲む週末は、それを楽しみに日々頑張ります。

スポンサーリンク

シャンパンは若い内に飲み始めた方が良い理由とは!?

ポルロジェ

シャンパンは老若男女楽しめるお酒であり、何歳から始めてもOKですが、出来るだけ早い時期から飲み始めるのがオススメです。その理由は下記の通り。

シャンパンからスタートすることで、ワインの道へと進みやすいから

赤ワイン

理由は人それぞれっですがワインに興味を持ち、ワインにハマりたいと思っている方は多くいます。そんな方々の多くは、最も選ぶのが難しい赤ワインからスタートするのですが、よほどワイン選びが上手でないとなかなか美味しいものに巡り合えずワインへの道を引き返す方が多いんですよね。(→私もその一人でした。)

一方で、ワインの入り口としてシャンパンからスタートすると、ワインの道に進みやすくなります。なぜなら、自宅で熟成の必要がなく、一定の品質が保たれているためどれもが一定の美味しさを味わえるから。人は、一度不味いという記憶が残ると、もう次には進みたくなるものですが、シャンパンは、品質がある程度管理されており、「これは不味くて飲めない!」というレベルのものはほぼないです。

つまり、どんなシャンパンでも美味しく飲めることがほとんど。ただ、注意したいのは、ワインの入り口として飲むのであれば、高級シャンパンではなく、スタンダードなノンヴィンテージシャンパン(4千円程度~1万円以内のもの)がオススメです。>>シャンパン初心者さん、ワイン初心者さんにオススメのシャンパンとは!?

逆に最初から高級シャンパンに行ってしまうのはリスクが高いです。なぜなら、高級シャンパンは1本〇万というレベルがざらにあり、高価だと美味しさへの期待値が上がるため、なかなか満足感が得られない可能性があります。シャンパンの場合、高価で高級だから美味しいというわけではないので、注意しましょう。>>高級シャンパンだから、美味しいとは限らない!高評価の高級シャンパン、なぜ、「美味しくない」「まずい」と感じるの!?

ワイン(シャンパン)を軸において生活設計ができるから

シャンパンを含むワインは、決して安いお酒という立ち位置にありません。そう考えると、結婚し子どもが生まれてから急にワインを趣味にしようとすると、費用の出どころを考える必要が出てきて、家族とギクシャクしてしまう可能性も・・。

そう考えると、最初からシャンパンを含むワインが好きということ前提があった方が、周りの人の理解も得られ、先の生活設計がしやすくなります。

いずれ持ち家や分譲マンション購入時にセラーを置くスペースを考えられるから

ワインセラー

ワインを日常に取り入れると、ワインを劣化させずに保管するスペースを考える必要があります。そうなってくるとたどり着くのがセラーの購入。ワイン好きになってくると、何本か寝かせておきたいとか、好きなワインを数本常備しておきたいとなると、必然的に大きめのセラーに目が行くようになります。

となると考える必要があるのがセラーの置き場所。置き場所によって選ぶセラーやサイズが限定されてしまうんですよね。家族が住む家ともなれば、セラーの購入から置き場所まで家族と交渉が必要になることも。

なので、今後持ち家や分譲マンションの購入、定住地を決める前にセラー設置の構想があると、欲しいセラーやすでに持っているセラーの設置を考えたお家選びが出来るようになります。これは、ワイン好きにとって大きなメリットです。

これらが、若い内からシャンパンを飲んだ方がオススメのワケです。ただ、飲みすぎは禁物。適度な飲酒を心がけましょう。>>シャンパンのアルコール度数は!?どれくらい飲むと酔うの!?

シャンパンはゴルフや投資と似てるってホント!?

ジャックセロス

ズバリ言いますと、シャンパンはゴルフは投資と似ています。どんな側面が似てるのかというと、

  • シャンパンは、ゴルフのように人間関係を構築するツールになる
  • シャンパンは、投資のように宝探しができる

ということ。

シャンパンとゴルフ

ぶどう畑

ゴルフは接待でもよく使われますよね。営業さんの場合は特に、社交の場、人間関係を広げるツールになると言われており、取引先からお誘いがあるのも現実。ゴルフをすると分かれば、スコアの話や、ゴルフ場の話で盛り上がる上に、プレー中はずっと一緒に行動するわけですから、おのずとコミュニケーションを取る機会に恵まれ、関係性が深くなるはずです。

シャンパンを含むワインも同じ。ワイン好きとなれば、どんなワインが好きか、オススメのワインは何か、今度一緒に飲もうというような会話で盛り上がります。そして、飲む時間は、ゴルフと同じように、相手とコミュニケーションを取る機会になり、相手のことをより理解することが出来る。そんな意味でもシャンパンとゴルフは似ていると言えます。

では、投資とシャンパンはどうでしょうか。

投資とシャンパン

スマホをいじるサラリーマン

投資とシャンパンの共通点は何なのかというと、いわゆる宝探しが出来ることなんですよね。投資は、企業データや実際のサービスを通じて応援したい企業を見つけ、成長を期待し利益を還元してもらう。そういった意味では、未来の優良企業(宝)を探すという捉え方が出来ます。

シャンパンの場合も同じ。シャンパン生産者の中にはブドウ栽培家兼醸造家という大手とは別の小規模生産者(RM)が多々存在します。そんなRMのシャンパンはそもそも生産量が少ないので希少性が高く、大手と違って資金力も違いますから大々的に宣伝もされていないため、自分で情報を得て地道に探して試飲していくしかないんですよね。まだ知られていないお宝シャンパンがある可能性があるということ。こういった意味で、シャンパンも宝探しが出来るのです。

これらが、シャンパンとゴルフや投資との共通点ですが、ゴルフ・投資・シャンパン、どれも豊かさをイメージさせるキーワードですよね。これらに溺れてしまっては本末転倒ですが、人生を豊かにさせるツールとして使うことはとても有意義だと感じます。

以上が、シャンパンを飲んで、得すること5つ!若い内から飲んだ方が良い!?シャンパンはゴルフや投資と似てるってホント!?でした。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事