シャンパングラス

『”シャンパン” を飲むと、何が良いのか!?』

”シャンパン”は、1晩で1本(750ml)を開けるとなると、お財布には厳しい。シャンパンに限らず、『ワイン』を想定すると『価格が高い』!そんなイメージがあります。

シャンパンならば、1本750mlで安くても3000円代くらい・・。確かにビールや発泡酒、酎ハイなどに比べれば高い・・。その価格の部分については、シャンパンを飲まずとも、かなり周知されている気がします。

でも、"シャンパン"には、先の人生にプラスになる、得する側面ももちろんあって、今回はそんな"シャンパン"を飲んで"得したこと"について焦点を当ててまとめています。

感覚的には、"シャンパン含むワイン"と"ゴルフ"って似ているのでは!?

それでは、行きましょう、『シャンパンを飲んで得した、あんなことや、そんなこと!』

スポンサーリンク

シャンパンを飲んで、良かったこと、得したこと、5つ!

1. 五感刺激によるリラックス、ストレス発散の方法が1つ増えた

"シャンパン"は、五感(味覚、聴覚、臭覚、視覚、触覚)を刺激するお酒。具体的に言うと・・

(味覚)

その通り美味しい味というだけでなく、シャンパンによって味も異なり時間と共に変化を感じるものもあります。

(聴覚)

シャンパンは発泡性ワインなので、"泡のはじける音、シュワシュワ、パチパチ"という爽快な音が響きます。

(臭覚)

香りということ。もちろん、シャンパンによって香りの種類は異なりますが、冷えた状態から温度が上がるにつれて、臭覚が変化し心地よく優雅な良い香りに包まれます。

(視覚)

黄金色で、泡が連なって、下から上に立ち上っていく様は、なぜかグラスを傾けて見てしまう美しさです。ロゼになればそれは、淡いピンク色に・・。

(触覚)

口に含むと冷えた発泡性のシュワシュワ感、味覚も含めた感覚を体全体で感じます。それは、シャンパンによって異なり、素人でも感覚的に「この間飲んでシャンパンと違うな・・なんて」捉えることができます。また、"シャンパン"を含め、ワインはワイングラスで飲むことが大半で、冷えているのでグラス側面に水滴が付き、ついその冷えた感覚をグラスを通して触ってしまいます。

最近は、シャンパンを思い浮かべるだけで、リラックス感やストレス発散を妄想できるまでになりました。笑 あの、色と音、そして香り、シャンパンによって、記憶にずっと残るものもあり、思い浮かべるだけでなんだかホッとし、嫌なことも色あせていきます。

 

2. 手間要らず、そして終わりのない、趣味が1つ増えた

シャンパングラスと夕焼けの海

「趣味はなんですか?」と問われると、困ることってありませんか!?そんな方は必見!笑

シャンパンを含む「ワイン」を楽しむことは、趣味の1つになります。しかも、手間要らずで終わりのない趣味になります。なぜなら・・

  • ”シャンパン”は、フランスのシャンパーニュ地方の発泡性ワインなので、範囲が狭く、入門しやすく探しやすい
  • シャンパンは熟成がピークを迎えた段階で出荷されるので、『熟成しないと飲めない』というものはなく、手間要らずで楽!

範囲が狭いといっても、フランスでのシャンパンの生産者は大手メゾンと小規模生産者を含めて5000軒はあるらしい・・。その中から、日本に輸入されるものはごく僅か、資料で見た限りでは450軒程度の生産者が造るものが出回っているそうで。勿論、現地のフランスに行けば輸入されてないシャンパンがたくさんあるわけです。

>>生産者のタイプから知る、シャンパン!

そして、原料の"ブドウ"の出来は毎年のように出来栄えも変わるので当然、各年のシャンパンは、同じものはなく、絶えず生産されていく・・・。

シャンパンの全てを飲みきることは、おのずと不可能。まさに、終わりなく楽しめる趣味の1つなんです。

3. 手土産やお祝いのプレゼント選びに困らなくなった

プレゼント画像

フォーマルな場や目上の人が来られる場での手土産やお祝いとして贈ることのできる"シャンパン"。世の中では、"シャンパン" というと、「特別」「極上」「お祝い」「高級」というイメージが定着しているので、お酒を少しでも飲まれる方であれば、躊躇なく、"手土産"や"お祝い"として贈ることが出来るので、贈り物選びが楽になりました。

>>お祝いのシャンパン、”白”と”ロゼ”どちらが良いの?

>>結婚祝いに喜ばれる、シャンパンを選ぶ3つのコツと注意したいこと!

>>【退職・還暦祝いのドンペリ】第二の人生を連想させる、ドンペリ!2016年5月14日

4. 過去の話しより、未来に向けた、前向きな話しが増えた

気球を飛ばす場面

なぜか、"シャンパン"を飲んでいると、前向きな話が増えました。 おそらく、オレンジのような黄色のような黄金のような色から感じる視覚的な刺激に加えて、上昇を続ける泡、変化してゆく香りなどで複合的な要因が、そうさせるように感じます。

なので、飲んでいる間は、過去の愚痴や嫌な事というよりは、今後の展望や夢だったり、望むことに対する前向きな話しに焦点が定まる傾向にあります。抱えている問題の話しになっても、良い面を見た話しや、どうやって解決していくかといった話に発展していきます。

なんだか不思議なのですが、これってシャンパンマジック!?

 

5. 人とのコミュニケーションが円滑になったり、仲が深まった

ハート

飲んでいる相手との会話が弾むことで、互いの理解が増し、仲が深まりました。夫婦であれば夫婦仲、恋人であれば恋人との関係、友人間、仲間との関係、仕事関係など・・。

これは良く言われるゴルフと同じ感覚かも!?営業職であれば、ゴルフをすればゴルフを通して情報収集や顧客も増える・・なーんて事を聞いたことのある方も多いのでは!?

シャンパンもワインの1種で、ハマる方も多く、そんな方との会話が弾みます。あのワインはこうだった、こんなワインもいいらしい・・、とワインを手元に、大いに盛り上がります。


 

以上が、シャンパンを飲んで得すること、5つ!でした。

 

今回改めてまとめてみて、「ゴルフ」と、「シャンパン」って似ているな・・と感じます。

ゴルフは道具を揃えるところから、練習、コースに出てプレイする上で、出費が大きい。しかも、”お金持ちがゴルフをする"というイメージまで広まっている気がします。実際のところ、ゴルフは、ハマるし、ビジネス上でのメリットも多いとよく聞きます。なので、意外に出費が多くても、それを上回る利点が舞い込んでくれば、それは割安な”投資”ということなんでしょうね。

シャンパンも、出費は割と高い。。けど、上記にまとめたようなメリットが上回り、何らかの望む状態(リラックスできる、仲が良くなった、楽しい、ビジネス上で得をした・・など)を手に入れられるのであれば、やっぱり有意義な”投資"になります。

 

さて、どのシャンパンを飲もうか・・!

 

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事