ブドウ畑

今回の専門用語は、”ブラン・ド・ノワール(Blanc de Noirs)”

これも、シャンパンやスパークリングワインのボトルに記載されていたり、ネットショップなどの商品説明に明記されていたりします。

ということで、”ブラン・ド・ノワール(Blanc de Noirs)”について簡単にまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

”ブラン・ド・ノワール”って何!?

先に結論から言うと・・

”ブラン・ド・ノワール”とは、黒ブドウのみで造ったワインのこと!

もう少し情報を足すと、"シャンパン"や"スパークリングワイン"の両方で共通して使われている専門用語。ただ、”シャンパン”の場合は、使われる黒ブドウの品種や割合が決められていて、下記の3つのいずれかに該当するものが、”ブラン・ド・ノワール”という表記が出来るのだそうです。

”ブランド・ノワール”と呼ばれる、シャンパン!
  • "ピノ・ノワール(ブドウ品種)100%"で造られるもの
  • "ピノ・ムニエ(ブドウ品種)100%"で造られるもの
  • "ピノ・ノワール、ピノム・ニエを合わせて100%"で造られるもの

要は、黒ブドウの良さや強みを売りにしているのが、この”ブラン・ド・ノワール”。ブドウは品種によって味や印象に特徴があると言われていますが、一般的に黒ブドウで造られる発泡性ワインは、「コクがある、深い、重め」という印象があって、造り手の技術によって様々だそう。

>>【シャンパンとブドウ】ブドウの品種から知る、シャンパンの正体、そして味!

ちなみに、”ブラン・ド・ノワール”の反対に当たるのが、白ブドウのみで造られる”ブラン・ド・ブラン”です。

>>【専門用語】”ブラン・ド・ブラン”って何!?

以上が、「”ブラン・ド・ノワール”について」でした!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事