ブドウ畑

シャンパンがどんな味なのか、プロの方の表現からシャンパンの味を捉えることはとても難しい!でも、『美味しい』だけの表現や捉え方だとなんだか物足りない。

ということで、今回は、『シャンパン造りで主に使われている3種類のブドウについて!どんな味で、どんな表現をされているのか』、まとめてみました!

スポンサーリンク

『ブドウの品種』から、"シャンパン"を理解する!

シャンパン造りに使われるブドウとは!?

はてな

シャンパン造りに、使えるブドウの品種は限られていて、以下の7つの品種が認められています。

シャンパン造りに使われる、ブドウたち!
  • シャルドネ
  • ピノ・ノワール
  • ピノ・ムニエ
  • ピノ・ブラン
  • ピノ・グリ
  • アルバンヌ
  • プティ・メリエ

これらのブドウの中で、主にシャンパンに使われているのが下記3種のブドウ。

  • 『シャルドネ』
  • 『ピノ・ノワール』
  • 『ピノ・ムニエ』

他のブドウ品種は、病気に弱かったり、熟しにくかったり、特定の地域で栽培が行われているなどで上記の3種類に比べたら使われる頻度は少ないのだそう。

ただ、使われるブドウの品種や使われる量は、各生産者(メゾン)によって全く異なり、その比率の公開・非公開もそれぞれ。各生産者毎に、目指す味が異なり、ブランドイメージに合うようブレンドされて、造られます。

>>オーケストラから知る、シャンパンの強みと魅力!ブレンドとは!?
>>【シャンパンの製造レシピ】もう難しくない!シャンパンの製造手順まとめ!

さらに、ブドウに関しては、栽培地域によって、味や表現も異なります。なので、品種が同じだから、同じ味や表現とはならないのが、難しいところでもあり、面白いところでもあるのですが、今回は、どちらかというと各ブドウ品種毎に大枠で味や表現を捉える目的で、まとめていきます!

スポンサーリンク

主に使われるブドウ3種が表現する味とは!?

はてな

それでは、主に使われるブドウ3種毎に、"味や表現" まとめていきます!個人的に分かりやすい表現1つを抽出して、先に記載しています。

1. ”シャルドネ”

【分かりやすい表現:女王】

(味や香り)

  • 柑橘系
  • ミネラル感
  • 酸が強い

(表現)

  • 繊細
  • 優雅
  • 品格のある
  • 女王
スポンサーリンク

2.  "ピノ・ノワール"

【分かりやすい表現:王様】

(味や香り)

  • 果実味に溢れた(果物の香りに溢れた)
  • コクのある
  • 濃厚

(表現)

  • 豊潤な
  • 力強い
  • 骨格
  • 柔らか
  • しっかりした
  • 肉付き
  • 王様

3.  "ピノ・ムニエ"

【分かりやすい表現:ハーモニー】

(味や香り)

  • 酸が少ない
  • 果実味が豊か(果物の香りが豊か)
  • 複雑な香り

(表現)

  • 繊細
  • 柔らか
  • ハーモニー
  • しなやかさ
スポンサーリンク

ミネラル感って何!?

ブドウ畑

今回、”ブドウ品種”に関して調べていた時にふと疑問に思ったこと。それが、

『ミネラル感って何!?』

でした。この”ミネラル感”という言葉、ものすごーくたくさん目にします!なんとなく分かるような分からないような感覚があると思いますが、捉えるのに難しさを感じていました!

ということで、下記の通り、初心者にでもとても分かりやすいように書かれているものを見つけたので、共有しておこうと思います!

「ミネラル感」とは・・・

フランス産ミネラル・ウォーターを飲んだ時の硬い感触。専門家は、「砕いた小石を口に含んだような」と表現する。

引用:p61 山本昭彦 2008 死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン (講談社+α新書)

 

以上が、"ブドウの品種から知る、シャンパンの”正体”、”味”、”特徴”!"でした!

まとめてみると、ブドウの品種によって、味や表現に役割があることに気づきます。そして、各生産者やブランドが、どんな表現を出したいのか、どんな味を出したいのかによって、ブドウの比率を変えたり、量を調整したりというのがとてもよく理解出来るようになります。

飲む側の立場からも、実際にシャンパンを飲んでみて、「なんだか爽快!フレッシュ!酸が全面に出ているな!」なんて思えば、上記の品種で言えば、”1.シャルドネ”がたくさん使われているのかな・・と想像して、より楽しさが増すはず♡

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事