パイパーエドシック

 

”色”を決めてプレゼントやギフトを探す方もいらっしゃるはず!

今回は、『赤』。『赤』というと連想できるのが、”情熱”、”愛情”、”還暦祝い”、”女性”など・・。

そんな情熱的な赤いラベルデザインの”シャンパン”&”スパークリングワイン”3本をまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

『赤』にこだわって探したい!『赤』のラベルが目を惹く”シャンパン”&”スパークリングワイン”3本!

並ぶシャンパングラス

 

選ぶ上で、1つの条件となるのが予算。シャンパンの方が価格は高めで、価格を抑えたい場合はスパークリングワインがオススメ!

それでは行きましょう!下記のように、『赤』ラベルの3本をタイプ別に分けてみました!

1.”パイパー・エドシック”

艶やかで情熱的な赤ラベル!魅惑の女性が愛したシャンパン!

「マリー・アントワネットに献上された」、「マリリン・モンローが大好きだった」と有名なシャンパンが、この”パイパー・エドシック”!そんなフレーズからも、女性的なイメージが湧きますが、ラベルデザインが特に女性的という印象は受けないんですよね。逆にシンプルで上品な印象を受けるので、男性や年配の方への贈り物にも向いています。

そして、カンヌ国際映画祭の公式シャンパンでもあるそう。

>>”パイパー・エドシック”を探す(楽天)、(amazon)

2.”JC.ル・ルー・シャンソ”

ボトルデザインがもうギフト仕様!南アフリカの赤いスパークリングワイン!

南アフリカのスパークリングワイン!しかも、”白”や”ロゼ”ではなくて、”赤”のスパークリングワインなので、グラスに注いでも赤色を楽しめるスパークリングワイン。

南アフリカ航空でサーブされているものらしく、日本のワイン雑誌でも高評価を得たスパークリングワインだそう。

ラベルも、まるでギフト仕様にしたかのようなデザインで、品があって素敵!なのに、お値段は、とーーーってもリーズナブルです。

ただ、販売量がそんなに多くないのか、現状で扱っているショップが少ないのが難点。
>>”JC.ル・ルー・シャンソン”を探す(楽天)、(amazon)

3.”ヴァン ムスー ルージュ カルマン ドライ”

フランスのスパークリングワイン!こちらも、”白”や”ロゼ”ではなく、”赤”のスパークリングワインなので、グラスに注いでも『赤』を楽しむことが出来る発泡性ワイン!

生産者である、”ラングロワ”は、映画"007"にも登場する、有名なシャンパンメーカー、”ボランジェ”と提携していることで有名なんですよね。この”ラングロワ”が造る発泡性ワイン、ワインの漫画である『神の雫』でも低価格なのに驚く美味しさということで取り上げられ、ワイン好きの方にとってはよく耳にする生産者です。

ただ、”赤”のスパークリングワインは、販売数は少ないようで、やはり僅か。

>>ヴァン ムスー ルージュ カルマン ドライ / ラングロワ・シャトー フランス ロワール / 750ml (楽天)


 

以上が、”情熱的な『赤』のラベルが目を惹く、”シャンパン”&”スパークリングワイン”!まとめ”でした。

贈り物は、第一印象や見た目も大事と感じます!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事