泡

「もっとお金があれば、楽しめるのに」、ワイン好きさんであれば1度は感じたことがある方も多いのではないでしょうか。かくいう我が家は、ごくごく一般的な家庭。だからこそ、ワイン購入においては金銭的な制限があるんですよね。

そもそも、ワインは、”ワイン”=”高価”というイメージが世の中に浸透しているけれど、それはあながち間違いではありません。現に、1本750mlのワインが○万円、〇百万円、〇千万円なんていうものだって存在します。下記の有名な”ロマネコンティ”がまさに、高価なワインの例ですよね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[1998]DRCロマネコンティ DRC Romanee Conti 19091...
価格:1998000円(税込、送料別) (2019/9/30時点)

楽天で購入

 

 

でも決して、価格に比例して高価であればあるほど、美味しさが増すわけではありません。ここまで高価になると特に。

ただ、これまでワインを飲んできた、私たち夫婦の経験から言えば、赤ワインで有名なブルゴーニュやボルドーのワインの場合、価格がデイリーワインの価格ではなく、ある程度高価である方が旨いと感じるものに出会えてきました。高価なものは、有名畑のブドウが使われていたり、熟成期間が長かったりで、より満足しやすいということ。また、発泡性ワイン(スパークリングワイン)で有名なシャンパンだって、高価なものは複雑で心動かされるものが多かったのです。

そう考えたときに、ふと口から出た言葉があります。それが、

「もっとお金があれば楽しめるのに」

なのです。でも、そこで1つの疑問が生まれます。「本当にお金があればもっとワインを楽しむことが出来るのだろうか・・」と。何かが引っかかるのです。

スポンサーリンク

お金があれば、ワインを楽しむことが出来るのか!?

ドンペリ

確かに無限にお金があれば、何も気にせず高いワインをどんどん買って飲むことが出来ますよね。もちろん、その過程で美味しいワインにもたくさん出会えるはずです。でも、それが「楽しい」のだろうか。どうも何かが引っかかる。

「負け惜しみ」という捉え方をされるかもしれませんが、そもそも、この世の中、制約があることで美しさを表現できているのではないか、ふとそう感じてしまう自分がいるのです。

”制約”があるからこそ、喜びや感動がある。それはワインも同じ。

マネキネコ

これはワインに限ったことではありません。洋服だってそう。例えばTシャツのデザインでいえば、デザインできる布の範囲に制限があるからこそ、デザインが有効で魅力的に仕上がります。これは、ファッションに限らず、広告や、ワインのラベル(エチケット)だって同じこと。「枠(制限)」があるからこそ、人の感性を刺激する美しさや満足を得られるのではないだろうか。そう感じるのです。

そう考えると、ワインにおいても、制限があった方が喜びや感動がある可能性は十分にあるはず。実際よく考えてみると、私たちの場合、3000円程度のワインを買って、「値段以上の価値がある!得をした!」というワインに出会った時の喜びは相当なもの、感動、楽しさ、驚きが一気に押し寄せます。それは、決して私たち夫婦だけじゃないはず。

逆に、高価なワインは、「美味しい」と感じたり感動を覚えたとしても、「高価なのだから当然」という思いが大きく、ギャップから得られる喜びや興奮は見出せません。それどころか、価格相応の価値を感じられない場合は、「怒り」といった負の感情だって抱きかねない。

そうなると、やはり制約や制限があった方が、ワインを楽しめる気がするのです。だからこそ、安旨、コスパが良いというワインは売れる。宝探しやサプライズのような感覚で、楽しさや、思わぬ感動があるからなのです。

スポンサーリンク

結局のところ、「安いのに美味しい」、ワインにおいてもギャップがたまらない。

スパークリングワイン

人付き合い、特に人が魅力的、好意的に見える1つの特徴として、”ギャップ”がありますよね。でもそれって、人だけじゃない。結局のところ、「安いのに美味しい」、ワインにおいてもギャップがたまらないということなのです。

お金があれば美味しいワインをたくさん飲めますが、喜びや楽しさが増すとは限りません。

意外にも、高価なワインより、"3000円以内のワインを探す”、”ワインに費やすのは1ヶ月1万円以内”など制約ありきのワインライフ方が、実は楽しく、喜びや感動が大きい、ふとそんなことを感じてしまいました。

さあ、今月のワイン費で、何を買おうか。ああでもない、こうでもないと、ワインを頭に浮かべながら苦悩する日々が実は楽しいのです。

今日の1本:”グラハム・ベック ブラン・ド・ブラン

【価格】2千円台後半~※価格は変動します。

まさに3千円程度スパークリングワインで、それ以上の価値を感じて「得をした!」と思えた南アフリカのスパークリングワイン。

”グラハム・ベック”というブランドは、歴史的瞬間に立ち会ってきたスパークリングワインと言われています。米国のオバマ元大統領や、南アフリカのマンデラ元大統領の大統領就任の際に祝杯として飲まれたとということで有名ですね。

>>”グラハム・ベック ブランドブラン”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

オススメ記事