スパークリングワイン

全国チェーンで、仕事帰りにふと寄れる、駅近の輸入品のショップといえば、”カルディ”こと”KALDI COFFEE FARM”さん。見たことのないパッケージの商品や、普通のスーパーで見られない食品や飲料が多いため、私もついつい立ち寄ってしまう”Kaldi”さんですが、ワインも多数扱っているんですよね。

今回は、そんな”Kaldi”さんで見つかる、オススメのスパークリングワインを紹介しておこうと思います。ただ、Kaldiさんの場合、同じスパークリングワインがずっとあるわけではなく、在庫がなくなると商品を入れ替える傾向があるため、紹介したスパークリングワインが店頭にない可能性もありますがその点はご了承くださいませ。

スポンサーリンク

Kaldiでは、シャンパンではなく、スパークリングワインがオススメ!

モエ・エ・シャンドン ブリュット

そうなんです。Kaldiさんで購入するのであれば、シャンパンよりもスパークリングワインが断然オススメです。なぜなら、Kaldiさんで通年的に扱っているシャンパンは、上記の”モエ・エ・シャンドン”のような、割とありきたりな有名どころのシャンパンが多く、特段お安いわけでもないからです。

Kaldiさんの魅力は、普段あまり見たことのない輸入品が置いてあるところ。その魅力を生かしてくれるのは、シャンパン以外のスパークリングワイン。見たことのない、スーパーでは見かけないスパークリングワインが置いてあるのが魅力なのです。そもそもシャンパン自体、フランスのシャンパーニュ地方で生産される一部のスパークリングワインのみが”シャンパン”と呼ばれるため、限定的でスパークリングワインほど幅広くないのです。>>シャンパン、スパークリングワインの違いとは!?

スポンサーリンク

Kaldiでこれは買い!オススメスパークリングワイン!

start

これまでKaldiで色々とワインを購入してきましたが、記憶に残るものは僅かでした。その中で唯一、美味しく記憶に残っているのが、上記の"Start"という名のスパークリングワイン。ネーミングも素敵ですよね。

Kaldiでオススメのスパークリングワイン"Start"の特徴!

”スタート”の特徴!
  • イタリアの辛口・白スパークリングワイン!
  • 使われているブドウは、サンジョヴェーゼ100%!
  • スパークリングワイン名やラベルには『Start(スタート)』!
  • 生産者は若者の社会復帰を目的に、牧畜事業やワイン事業、革製品など様々な事業を展開する”サンパトリャーノ”!ワイン事業においては、世界的なワイン醸造家の”リカルド コタレッラ氏”が直々に指導や製造面を支援し、高品質ワインが生産されている!
  • イタリア国内に留まらず国外でも高評価や賞を獲得。有名なワインバーやレストランなどでもオンリストされ、日本でも2017年サクラアワードにて受賞!
  • 価格:2000円程度~(*価格は変動の可能性あり。)

実際に飲んでみましたが、すごく陽気で明るさを感じられるスパークリングワイン。レモンのような酸味のある香りも感じつつ、果実味があってまろやかさもあるスパークリングワインで、美味しい一時を過ごせます。

また、このスパークリングワインが造られる背景や”Start”というネーミングも魅力で、より価値を生み出している気がします。新しい門出を祝う際のギフトやプレゼントにも向いていますよね。

先日、Kaldiさんに出向いた際に店頭にまだまだ在庫がありましたが、どうしても欲しいという方は事前の電話確認がオススメです。持ち運びが大変だけど欲しいという方や、ギフトとして直送で贈りたいという方は、ネットでも販売していますので、検討の余地ありです。

>>”スタート ヴィノ スプマンテ”を見てみる(楽天市場)

スポンサーリンク

冷えてないスパークリングワイン、当日飲むにはどうする!?

シャンパンと温度

先日、Kaldiさんで見かけた”Start”、店内に常温で置かれていました。常温で置かれていたとなると、飲む前に冷やす必要があるわけです。でも当日飲みたい時ってありますよね!?仕事帰りにシャンパンやスパークリングワインを買って、その日にグビっとしたい時があるのです!そんな時、どうしたら良いか、ここでまとめておきましょう。

詳しくは、『冷えていない”シャンパン”や”スパークリングワイン”、当日に美味しく飲む方法』にまとめていますが、飲むまで3~4時間あるのであれば冷蔵庫に入れましょう。冷蔵庫の機能によって若干の違いがありますが、大体は10℃以下、6℃程度まで下がるはずです。

「飲むまで3~4時間ない」、「冷蔵庫には入らない」、「冷蔵庫で冷やしてみたけどまだぬるい」という方は、氷水で冷やしましょう。理想は、氷と水1対1の割合。氷がない方や氷が足りない方は、コンビニなどで購入するか、保冷剤でも見栄えは悪いですが代用できます。下記のようなワインクーラーがあれば良いのですが、なければボトルが入るようなボールや容器に入れましょう。氷が十分にあるのと、ボトルがしっかり浸かっていれば、30分もかからず、10℃以下になります。

ちなみに、ワインクーラー(シャンパンクーラー)、1つあるととても便利。2千円程度からあるので、持っていない方はこの機会に購入するのもオススメです。

>>”シャンパンクーラー”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

最後に、冷凍庫で冷やすのはNG、オススメしません。風味を損ねると言われていますし、忘れて凍ってしまう可能性も大きいため、やめましょう。

「Kaldiさんでオススメのスパークリングワイン、他にないの!?」、そんな質問がありそうですが、美味しいと記憶に残るワインのみ紹介したいので、「美味しい」と記憶に残るスパークリングワインに出会えたらまた追記していこうと思います。

節度を持って、スパークリングワイン、楽しみましょう!

それでは、また。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事