コントドシャンパーニュ

”シャンパン”や”スパークリングワイン”を探す時に”ブラン・ド・ブラン(Blanc de Blancs)”という専門用語を目にすることがあります。そして、シャンパンやスパークリングワインのボトルにも、"ブランドブラン(Blanc de Blancs)"と表記があるものを多数見かけます。上記画像の「コント・ド・シャンパーニュ」というシャンパンもその1つ。ラベルに「BLANC DE BLANCS」の記載があることが分かります。

今回はこの、”ブラン・ド・ブラン”について、どういう意味なのか簡単にまとめておこうかと思います。

スポンサーリンク

「ブラン・ド・ブラン」とは!?「ブランドブラン」の意味は!?

グラハム・ベック

先に結論から言うと、”ブラン・ド・ブラン”とは、シャンパンやスパークリングワインで使われている専門用語で、白ブドウのみで造ったワインのことを意味しています。具体的には、シャルドネという白ブドウの品種100%で造られたシャンパンやスパークリングワインのこと。

シャンパンやスパークリングワインは、一般的に複数のブドウ品種をブレンドすることで、品質を安定させつつ、各生産者の個性を出します。音楽で言えば、まさにオーケストラのイメージ!色々な楽器の音が混ざり合って素晴らしい音を生み出すように、発泡性ワインも複数のブドウ品種を混ぜて素晴らしいワインを造り出します。>>【シャンパンと哲学】オーケストラから知る、シャンパンの強みと魅力

そんな品種を混ぜることを一般的としている中、”ブラン・ド・ブラン”は白ブドウのみで勝負をしている発泡性ワイン。白ブドウの個性や強みを生かした、シャンパンやスパークリングワインになります。

そのため、”ブラン・ド・ブラン”の場合は、他の一般的なシャンパンやスパークリングワインと区別がつきやすいよう、ボトルやラベルに”ブラン・ド・ブラン(Blanc de Blancs)”という記載が必ずあり、一般消費者にとってはとても分かりやすくなっています。

ブドウ畑

ちなみに、ブドウの品種によって味や感じ取れるイメージの特徴があって、「ブランドブラン」で使われている”シャルドネ”は一般的に爽やかさや酸味があって、キリリと品のある印象を生み出すと言われています。詳しくは下記にまとめてあるので、どうぞ。>>【シャンパンとブドウ】ブドウの品種から知る、シャンパンの正体、そして味!

以上が、「”ブラン・ド・ブラン”について」でした。>>”ブラン・ド・ブラン”のシャンパンやスパークリングワインを見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事