シャンパングラスと海

春から夏、秋にかけて、アウトドアシーズンですよね。お花見、BBQなどの外でのパーティ、海や山へのピクニックやアウトドア!そんな際に、シャンパンやスパークリングワインを楽しみたいと考える方も多いはず。

ということで、アウトドアでシャンパンやスパークリングワインなどの発泡性ワインを楽しむ場合の準備や持ち物について、まとめておこうと思います。

スポンサーリンク

アウトドアのシャンパンやスパークリングワイン、準備や必要な物とは!?持ち運び、持ち歩き方!

パーティイメージ

アウトドアで、シャンパンやスパークリングワインを楽しむ際に、準備をして持って行きたいのが下記のもの。

持ち歩き、持ち運び方!保冷バッグやワインバッグがオススメ!

気温が高くなる時期は、発泡性ワインの劣化を防ぐためにも保冷バッグでの持ち運びがオススメ。特に、気温の高い季節に長時間の車移動を想定している場合は、保冷バッグにシャンパンやスパークリングワインを保冷バッグでの持ち運びをましょう。

気温が高くなると、気になるのが長時間の移動。真夏でなくとも、エアコンのない車内は高温になる場合があります。高温は、シャンパンやスパークリングワインを含むワインの劣化の原因となるため、劣化のリスクを最大限に抑えるために持参したいアイテムが保冷バッグなのです。>>シャンパンやスパークリングワインの『劣化』とは!?『劣化』って何!?

ただ、車移動じゃない場合は、大き目の保冷バッグだと持ち運びが大変。そんな場合は、下記のような、ワインボトル1本のみが入る保冷バッグもあるので、参考にしてみてくださいね。

>>ワイン用の保冷バッグを見てみる(楽天市場)、(Amazon)

ワインクーラー&氷

シャンパンやスパークリングワインは、冷やして飲みますよね。アウトドアで冷やすために必要なグッズといえば、ワインクーラーや氷!

まず、本来オススメなのは、冷えたシャンパンやスパークリングワインを保冷バッグなどに入れて、冷えたまま持ってきて楽しむこと。冷やす時間を省略でき、すぐに楽しめるためオススメです。ただこの場合でも、ワインクーラーがあると便利。冷えたシャンパンやスパークリングワインを常温に出していると、温度が高い季節であればあるほど、温度が上昇し、ぬるくなっていきます。そんな温度の上昇を抑えてくれるのがワインクーラー。アウトドアの場合は下記のような簡単で持ち運びが楽なワインクーラーがオススメ。

上記のようなワインクーラーだと、コンビニなどで氷を買って入れれば良いので、簡単ですよね。もちろん、保冷剤でも大丈夫です。上記のバッグは水漏れしない構造になっていて、倒れづらいように出来ています。見栄えも良し。使い終わったら、くるっと丸められるのも、アウトドアに向いています。氷や保冷剤を中に入れて温度の上昇を抑制すれば、冷えた状態で長くシャンパンやスパークリングワインを楽しむことが出来ますよ!

他にもボトルデザインが見えるよう、アウトドアで気軽に使えるクリアなクーラーバッグもあります。氷や水を入れて簡単に冷やすことが可能です。

>>”ワイン用 アイスクーラーバッグ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

もし、冷えていないシャンパンやスパークリングワインを持参した場合はどうすれば良い!?

シャンパンやスパークリングワインがあまり冷えてない場合は、もちろん冷やす必要がありますよね。そういう場合は、氷水で冷やすのが最も手っ取り早く冷やせる方法です。下記のような氷水を入れられるクーラーバッグに氷と水を入れて冷やしましょう。氷がなければ、保冷剤でもOK。理想は氷と水の割合が1対1ですが、多少氷が少なくても、冷えます。時間は氷の割合にもよりますが、30分程度浸しておけば、十分冷えますよ!

>>”ワイン用 アイスクーラーバッグ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

プラスチック製のグラス

次に必要なのが、グラスですよね。アウトドアでのグラスは、やはりプラスチック製が便利です!プラスチック製のグラスは軽量で、割れにくくアウトドア向き。

そんなプラスチック製のシャンパングラスですが、種類が色々とあります。ちなみに、上記の商品画像のタイプは、重なって収納できるタイプで持ち運びも便利。色分けがされているので、大人数で、誰がどのグラスを使っているのか分かる点も魅力です。

他にも下記のようにグラスが通常のシャンパングラスのようにクリアなタイプも!持ち運びが楽に出来るようにケースが付いています。

>>プラスチック製のシャンパングラスを見てみる(楽天市場)、(Amazon)

布巾(ふきん)など

シャンパンやスパークリングワインのコルクを抜く際、コルクが飛ばないように被せたり、冷えたシャンパンやスパークリングワインボトルについた水滴を拭くのに便利なのが布巾(ふきん)。布巾でなくともハンカチでも、タオルでも何でもOKですが、1枚あると便利です!

スポンサーリンク

持ち運びが楽!缶のスパークリングワイン知ってる!?

スパークリングワイン缶があるのをご存知でしょうか!?上記の商品画像がそんなワイン缶、バロークス。スパークリングワインのみならず、赤ワインや白ワイン缶もあるのですが、缶なので1本が軽く、少人数であれば人数分の缶を持ち運べば良いので、アウトドア向きなのです。缶のまま飲むことが出来る点も荷物が減るので魅力的ですよね。

ただ、缶のスパークリングワインは何となく味気ないという意見も多々あります。やはり瓶ボトルが良い、グラスに注いだ方が美味しいそんな意見ですよね。でも、アウトドアでのスパークリングワインと考えると、手軽さはピカイチです!

>>”バロークスのスパークリングワイン”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

海でシャンパン、スパークリングワインを楽しむ際の注意点!

シャンパングラスと海

海でシャンパンやスパークリングワイン、想像するだけでステキですよね。ただ、注意したいのが海風による転倒と飛砂。

海風は思った以上に強く、プラスチックグラスが飛ばされたり転倒したりしがち。そして、飛砂にも注意が必要です。ボトルが水滴などで濡れていると飛砂でボトルの周りに砂が付いてしまったり、ボトル下に貯まった水滴の水たまりに砂がついてしまう可能性も。海でシャンパンやスパークリングワインを楽しむには、そういった事情も含めて、楽しめる余裕さが必要です。

スポンサーリンク

BBQでシャンパン、スパークリングワインを楽しむ際の注意点!

アウトドア

BBQについて詳しくは、「バーベキューに気軽に持参したい、手土産にしたい、オススメのスパークリングワイン3本!」でお伝えしていますが、BBQの場合は、炭の匂いやお肉などを焼く匂いがするため、シャンパンなどの香りを楽しむということは難しい可能性があります。

そうなると、手軽なスパークリングワインの方が気軽でオススメです。>>バーベキューに気軽に持参したい、手土産にしたい、オススメのスパークリングワイン3本!

以上が、『アウトドアで、シャンパンやスパークリングワインを楽しむ際に準備した物!まとめ』でした。

せっかくだから、アウトドアでも”シャンパン”や”スパークリングワイン”を楽しみたい!そんな気持ちから、まとめてみました。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事