シャンドンとイルミネーション

ドンペリにまつわるスパークリングワインがあるのをご存知でしょうか。ドンペリの購入を検討したけれど予算オーバーの時や、安くても話題性のあるスパークリングワインをプレゼントしたい時などは、こういったドンペリにまつわるスパークリングワイン、オススメです。

そんな”ドンペリにまつわる安旨スパークリングワイン3本”、紹介していきましょう。

スポンサーリンク

シャンドン

【価格】2千円程度~※価格は変動します。

ドンペリの生産者である、モエ・エ・シャンドン社がフランス国外で造るスパークリングワインがあります。それが上記の「シャンドン」。価格は安いのに、美味しい。コスト的にも迷いなく購入出来て、カジュアルに飲める、そして日本で抜群の知名度を誇るドンペリの生産者が展開しているスパークリングワインということで話題性もあることから、人気のスパークリングワインです。

ちなみに、モエ・エ・シャンドン社がフランス国外で展開している製造会社は、下記4つ。(参考URL:ヤラバレーのモエのワイナリー、ドメイン・シャンドン

シャンドンブランド、一覧!
  • ボデガ・シャンドン(アルゼンチン)
  • シャンドン・ブラジル(ブラジル)
  • ドメイン・シャンドン・カリフォルニア(アメリカ)
  • ドメイン・シャンドン・オーストラリア(オーストラリア)

この内、日本に正規輸入されているのは、オーストラリアで造られている『シャンドン(CHANDON)』。実際、正規輸入元であるMHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社の『CHANDON(シャンドン)』公式ぺ―ジに掲載されているのはオーストラリアで造られているシャンドンのみです。

でも、実際はオーストラリアのみではなく、米国ブラジルアルゼンチンで製造された『CHANDON(シャンドン)』が存在しています。(英語のみの公式ページをそれぞれの国名にリンクを貼ってあります)ただ、日本での入手は困難。その中でも米国カリフォルニアで造られたシャンドン(下記商品画像)は、並行輸入品のものが少なからず販売されています。価格もさほど変わりません。

カリフォルニアのシャンドンもレアですが、ブラジルやアルゼンチンのシャンドンはほとんど見当たらず、見つけられたらかなりのレア品です。>>”シャンドン”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ラングロワ キュベ カドリーユ

【価格】3千円台~※価格は変動します。

「リーマンのドンペリ」と称される、フランスのスパークリングワイン。有名なワイン漫画の『神の雫』のコラムで、「リーマンのドンペリ」と紹介されたことで有名に。この「リーマンのドンペリ」、興味をそそる言葉でつい飲んでみたくなるんですよね。実際私は、パートナーにプレゼントし、一緒に美味しい一時を過ごしましたよ!

ちなみに生産者である、”ラングロワ”は、映画007にも出てくる高級シャンパンで有名な”ボランジェ”グループの一員。もちろん価格もドンペリよりもはるかにリーズナブルです。>>”ラングロワ カドリーユ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ロジャーグラート カヴァ ロゼ

【価格】1千円台~※価格は変動します。

ドンペリロゼと間違われたと有名な、スペインのスパークリングワイン。とあるTV番組でワイン通の有名人が、「ドンペリロゼ」と間違えたということがきっかけで一躍話題に。その価格差はその時のドンペリロゼの価格によって異なりますが、ドンペリロゼの約1/20ということも・・。

とてもリーズナブルな価格なので、気負いなく気軽にカジュアルに楽しめるロゼスパークリングワインです。>>”ロジャーグラート カヴァ ロゼ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

以上が、『ドンペリ系列の”安旨”スパークリングワインオススメ3本!?』でした。

「ドンペリ」は誰もが知る高級シャンパンブランド。ドンペリ=高級、高価というイメージが普及しているため、ドンペリにまつわるスパークリングワインは話題性もあることから付加価値が付きます。リーズナブルなスパークリングワインギフトとしても活躍してくれますよ!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事