”シャンパン”や”スパークリングワイン”を選ぼうとショップで商品を見ていると、『劣化』のリスクについての記載が多く見られます。気温が高い季節は特に。

そして、気温が高い季節は『劣化』防止のため、追加料金のかかるクール便をススメられるのですが、迷ってしまう方って実は多いです。なぜなら、”劣化”についてよく知らないから!だからこそ、そこにお金を費やすべきなのかの判断が難しいのです。

ということで、今回は、”シャンパンやスパークリングワインの『劣化』の正体について”まとめていこうと思います!

"シャンパン"や"スパークリングワイン"、『劣化』の正体とは!?

シャンパングラス

1. 劣化の正体

色々と情報を集めましたが、結論から言えば、シャンパンやスパークリングワインの『劣化』とは、下記のいずれかの状態を指します。

  • ガスが抜ける
  • 異臭がする
  • 変色する
  • 液漏れする
  • コルクが腐敗する

2.『劣化』したら、どんな不都合が生じるの!?

危険の文字

アルコールに”腐る”ということはなので、ワイン自体が腐る心配はないことになりますが、劣化すると下記のような不都合が起こる可能性あり!

スポンサーリンク

異臭がする。美味しくない!

泡

まず、シャンパンやスパークリングワインが劣化すると、コルクを抜いた瞬間から異臭がします。実際、1度だけ劣化したシャンパンにあたってしまいましたが、やはり異臭で気付きます。でね、異臭って、飲む気も失せるし、飲んでみて見ても美味しさが半減します。

さらに、万が一ガスが抜けていれば、発泡性ワインの最大の特徴である泡がなくなり、当然ながら美味しさが感じられません。

さらに、ガスが抜けているということは空気に触れているということ。空気に触れている時間が長くなればなるほど、酸化が進んで異臭に加えお酢のようになることも・・。ごくごく稀だとは思いますが、開けてお酢の臭いがしたら、贈り先様からクレームが出そうです!

スポンサーリンク

瓶口の消毒が必要になるかも!?

開栓した状態!

これは、コルクが腐敗していた場合の話、ワイン自体は腐敗しなくともコルクが腐敗してしまうことで、瓶口の衛生面が心配に!瓶口を通してワインを注ぐので、瓶口の消毒なり念のために策を取った方が良いそうですが・・・。

瓶口に消毒液・・・、想像するだけで飲む気力が失せてしまうのは私だけでしょうか・・。

量が少なくなる!

ミッシェル トリノ

これは、液漏れが原因の場合!

液漏れとは・・

ワインを高温で保存した場合、瓶内の温度も上がることで空気などが膨張し、コルクの形が変形した場合に、瓶との間にすき間ができ、そこからワインが漏れてしまうこと。

もちろん、漏れた分だけワインの量が少なくなります。そして、すき間が出来て漏れたということは、もはや空気と接触していることになるので、ガスは抜け、酸化が進む原因になるのは、容易に理解できます。

スポンサーリンク

3.なぜ、劣化するの!?劣化の原因は!?

空に?の文字

劣化は、”紫外線”、”温度(熱)”を原因として起こることが多く、大まかに言うと適切な保存環境になかったため起こります。これは、購入してから自宅や贈り先様に届くまでの間の環境も含みます。

特に高温・多湿の状況が最も劣化のリスクが高くなります。そして、雪が降る地域で凍結の恐れがある場合は冬も注意が必要!

後は、製造時にコルクにカビが生成されてしまう劣化もありますが、これは消費者側としては防ぎようがありません。

>>シャンパン、自宅での保存方法は?自宅保存の注意点!

>>”シャンパン”や”スパークリングワイン”、夏の配送は、なぜクール便じゃなきゃいけないの?

スポンサーリンク

4.劣化しないようにするには!?

空に?の文字

劣化の原因が保存環境なので、劣化しないようにするには、適切な保存環境(購入から移動環境含む)を保つことが大事!

特に気を付けるのが夏。"シャンパン、自宅での保存方法は?自宅保存の注意点!"という記事でも伝えましたが、保存するにあたっては、下記の通り注意が必要です。

  • 常温保存はNG。ワインセラーか、冷蔵庫で保存すること!
  • 冷蔵庫保存の場合は、ボトルを新聞紙にくるみ、早めに飲むのがオススメ。
  • 冷蔵庫保存の場合は、野菜室保存がベター!

そして、高温・多湿の夏にシャンパンやスパークリングワインを運ぶ場合は、購入してから移動時の環境にも注意を払うこと。配送であればクール便を選びましょう!

>>”シャンパン”や”スパークリングワイン”、夏の配送は、なぜクール便じゃなきゃいけないの?


以上が、”シャンパンやスパークリングワインの『劣化』について”でした!

せっかく購入したシャンパンやスパークリングワイン、劣化して美味しくないなんて、もったいない!美味しさを担保したい、そんな場合は、是非劣化のリスク管理を!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend