プレゼント画像

今回は、『上司』や、『先輩』、『目上の人』、『お世話になった人』に、シャンパンやスパークリングワインを贈りたいという方のための”選び方”&オススメについてまとめておこうと思います!

”結婚式で、スピーチをお願いした上司へのお礼”、”上司や目上の人へのお中元やお歳暮”、”お世話になった方への贈り物”など、贈り先様がワインを飲まれるという情報を聞いて、シャンパンやスパークリングワインを贈りたいと考えている方、結構多いんですよね。実際にデパートのお中元やお歳暮コーナーでも、高級シャンパンを目にします。

『上司』や、『先輩』、『目上の人』、『お世話になった人』へのギフトであれば、贈り物で『失敗したくない』という気持ちが強いはず。そして、相手を敬う意味でも、”フォーマル感”や、”上品さ”も大事にしたいところです。

そんな、『失敗したくない贈り物』、『フォーマル感』、『上品さ』、そんな視点を踏まえた上で、シャンパンやスパークリングワインを選んでいきましょう!

スポンサーリンク

上司や目上の人、お世話になった人への、シャンパンやスパークリングワインの選び方&手順!

”選び方”&”手順”まとめ!

ペリエジュエベルエポック

ワインの贈り物って難しさや迷いが生じてしまい、ストレスを抱えてしまいがち!もっと簡単に楽しく、選ぶためにも、下記の手順や選び方、オススメしています!

1.予算を決める!

電球アイコン

すでに予算を決めている方も多いはず!

予算を決めると、おのずと”シャンパン”と”スパークリングワイン”、どちらが選べるかが決まってきます!目安としては、『4000円』。『4000円』程度あれば、”シャンパン”も購入できます。ただ、それを下回ると、”スパークリングワイン”が妥当な気がします。

そして、知名度が高いため価値を感じやすいという意味で”シャンパン”の方がオススメ!”シャンパン”の方が、”スパークリングワイン”よりも、『高級』、『フォーマル』といったイメージを共有しやすいくギフトの価値が分かりやすいです。

でも、”スパークリングワイン”でもとても美味しく、品のあるものも多々あるので、スパークリングワインだからといって気後れする必要はありません。ただ、知名度という側面で馴染みがなく、価値を共有しづらいというだけ。なので、予算に応じて選べばOKです!

スポンサーリンク

2.”シャンパン”か”スパークリングワイン”、どちらにするかを決める!

シャンパン

上記1.で、予算を決めたところで、”シャンパン”にするのか、”スパークリングワイン”にするのかを決めましょう!

予算が『4000円以上』あるようであれば、”シャンパン”でも”スパークリングワイン”どちらでも選ぶことが出来ます!フルボトル(750ml)1本であれば、”シャンパン”がオススメ!スパークリングワインであれば2本にするという選択肢もあります!

>>オススメ”シャンパン”&”スパークリングワイン”は!?

>>手っ取り早く、分かりやすいシャンパンを探す!(シャン・スパギフト!)

スポンサーリンク

3.『美味しい』ではなく、『分かりやすい』シャンパンやスパークリングワインを選ぶ!

シャンパングラスに注がれたロゼ

”シャンパン”か”スパークリングワイン”かを決めたところで、次は実際に選んで行きましょう!選ぶコツは、『美味しさ』よりも、『分かりやすさ』で選ぶこと!

なぜなら、美味しい”シャンパン”や”スパークリングワイン”を選ぼうとすると、迷ってしまうから。というのも、『美味しさ』は、自分が体験していないとどこかで不安がつきまとって、判断力が鈍るんですよね。なので、『もっと美味しいものがあるんじゃないか』と色々見て回ることになります。クチコミや評価をみたり・・。でも、同じような評価やクチコミのシャンパン、スパークリングワインってたっくさんあります。そうなると、なかなか決められず、迷いの渦に巻き込まれて大きなストレスを抱えます。

だからこそ、『分かりやすい』シャンパンやスパークリングワインを選びましょう!

『分かりやすい』とは、なぜその”シャンパン”や”スパークリングワイン”を選んだか、自分自身が贈り先様に説明ができる”シャンパン”や”スパークリングワイン”ということ。例えば、有名人の披露宴で振る舞われた有名シャンパン、とか国際線のファーストクラスでサーブされているとか、ボトルデザインがあまりに素敵だったから、など!『お!』と自分に驚きや感動とか、なんとなくビビビと来たものをべば良いと思います!

”分かりやすい”シャンパンやスパークリングワインの例として、下記姉妹サイトにそれぞれカテゴリーごとにまとめてあるので、ご興味に応じて参考にしてみて下さいね♡

>>手っ取り早く、分かりやすいシャンパンを探す!(シャン・スパギフト!)

スポンサーリンク

4.納得のいく、”ラッピング対応”のあるショップを選ぶ!

ドゥブル

シャンパンやスパークリングワインを選んだら、必ずチェックしたいのが、『ラッピング対応』について!

”シャンパン”や”スパークリングワイン”のギフトって、”ラッピング”によって見栄えに大分差が出ます!→経験済み。ショップによっては、安いけれどラッピング対応不可のところもあるし、ラッピング対応のあるショップでも、種類が選べないとか、どうも納得できないところもあります。

せっかく、自分で選んだ”シャンパン”や”スパークリングワイン”、最後に納得できないなんてもったいないし、いくら良いシャンパンやスパークリングワインを選んでも終わりが悪ければ印象が台無し!だからこそ、自分が納得できるラッピング対応をしてくれるショップを選びましょう!

>>わざわざリピートしちゃう!シャンパン、スパークリングワインギフト、ラッピング対応が素敵な、ショップ3選!

スポンサーリンク

シャンパンとスパークリングワイン、オススメ1本!

ラッピング

『分かりやすい、シャンパンやスパークリングワインってどんなものがあるの!?』 『誰もがイメージを共有しやすいワインって!?』

そんな”シャンパン”、”スパークリングワイン”、それぞれでオススメの1本を選んでみました!

”P ゲール キュヴェ コクリコ”

このシャンパン、何が分かりやすいかというと、第一印象が良い美ボトルシャンパンということと、ボトルに描かれているお花、赤いコクリコの花の花言葉の1つに『感謝』があること!これらが”分かりやすいさ”に該当します。

つまり、贈り先様に、選んだ理由『あまりにボトルがキレイだったので』とか『赤いコクリコの花言葉が”感謝”だそうで・・』と説明できるということ!

自社の畑でブドウを栽培し、そこで取れたブドウのみを使って造られた、小規模生産者が造るシャンパン!生産量が大手生産者のように多くないため、希少性のあるシャンパンです!

"グラハム ベック ブリュット ブラン・ド・ブラン”

グラハム・ベック

このスパークリングワインの分かりやすさは、この”グラハム・ベック”ブランドのスパークリングワインが歴史的瞬間に飲まれてきたものだということ!南アフリカのマンデラ大統領が就任した際や、オバマ大統領の就任演説前の祝杯に使われたスパークリングワインがこの”グラハム・ベック”。

その中でもこの『グラハム・ベック ブリュット ブラン・ド・ブラン』は、2016年6月の日経新聞『NIKKEIプラス1』の何でもランキング、「夏を潤すスパークリングワイン」において、1位に選ばれてたもの!個人的にもすっきりとして美味しさがわかりやすく、贈ると『美味しい』と評判のスパークリングワイン♡

製造方法は、シャンパンと同じ製法が使われていて、使われているブドウは白ブドウ100%です!

>>【スパークリングワイン&ギフト購入レポ】歴史的瞬間に立ち会ってきた、南アフリカのスパークリングワイン!”グラハム ベック”!

以上が、『上司や、目上の人、お世話になった人に贈る、”シャンパン”や”スパークリングワイン”の選び方まとめ!』でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事