ハーフ2本

シャンパンには様々なサイズのボトルがあります。>>シャンパンボトルの種類と大きさや重さ、まとめ! その中でも、フルボトル(750ml)の次によく耳にするのが、「ハーフボトル」。「ミニボトル」と言う方もいらっしゃいますね。ということで、今回はそんなシャンパンの「ハーフボトル」についてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

シャンパン、ハーフボトルとは!?

ハーフセット

「ハーフボトル」とは、シャンパンボトルの1種で、フルボトル(750ml)の半分の容量、375mlのものを指しています。ハーフボトルの特徴を挙げると下記の通り。

  • フルボトルより、ボトルが小さい
  • 容量は、通常ボトルの半分(375ml)
  • フルボトルよりも軽い
  • フルボトルよりも安い
  • 途中保存の心配が減る

当然ながら、ハーフボトルの容量は、フルボトルの半分。ボトルも小さいので持ち運びは楽。1本空にするのもフルボトルに比べればあっという間です。

スポンサーリンク

ハーフボトルって何杯分!?何人分!?

はてな

シャンパンのハーフボトル、何杯分なのか、何人分になるのか気になりますよね。使用するグラスの容量によって杯数や人数に差は出ますが、下記のような細長いシャンパングラス(フルート型)の場合、約2杯半程度になります。(下記の容量は140ml)なので、一人1杯としても2人分までになりますね。

フルートグラス

もう少し小さめのグラスを使えば、杯数は上がります。下記は小さめのチューリップ型のシャンパングラスですが、下記の量だと1杯100ml。そうなると、3~4杯分になります。一人1杯であれば3人分、一人2杯と考えると2人分まで。

チューリップ型グラス

シャンパンの場合、各自の体質や1杯あたりの容量にもよりますが、一般的には2杯目からほろ酔い期になるため、ハーフボトルを1~2人で飲む場合でも酔いが回る可能性はあります。>>シャンパン、どれくらい飲むと酔うの!?

スポンサーリンク

ドンペリのハーフボトルってあるの!?

ドンペリ
この質問、よく耳にするのですが、ドンペリのハーフボトルはありません。

気づけば、高級シャンパンのハーフボトルってそもそもあまり見かけないですね。というのも、高級シャンパンの醍醐味は、高級シャンパンならではの”こだわり”を吟味すること。ゆっくり飲み進める間に変化を感じたり、湧いてくる感情を楽しんだりすること。

特に、「ドンペリ」の場合は、抜栓してすぐ飲むというよりは、魅力を感じるためにゆっくり飲み進める必要があります。なので、ハーフボトルだと、楽しめない感覚がありますね。>>ドンペリの飲み方と注意点!(ドンペリ豆知識)

現にハーフボトルで多いのは、シャンパンランクでいう最もスタンダードなノン・ヴィンテージシャンパンが多いです。例えば、ドンペリの生産者である”モエ・エ・シャンドン”のノン・ヴィンテージシャンパンは、下記のよく見かける、「モエ・エ・シャンドン」というシャンパン。この「モエ」にはハーフボトルが出ています。

ノン・ヴィンテージシャンパンは、万人受けに造られているものが多く、美味しさが分かりやすくすぐに楽しめるので、ハーフボトルに向いているのです。

スポンサーリンク

ハーフボトル、ギフトにあり!?オススメしない理由とは!?

ハーフセット
シャンパンのハーフボトル、コンパクトで見た目も可愛いのですが、ギフトとして注意が必要。特に予算に合せるためにハーフボトルを検討している場合は、オススメしません。それであれば、スパークリングワインの方がオススメなのです。>>予算オーバーな時に選びたい!高級シャンパン生産者が手がける、スパークリングワイン一覧!

ハーフボトル、ギフトとしてオススメしない3つの理由とは!?

シャンパンのハーフボトル、ギフトとしていオススメしない理由は下記の通り。ハーフボトルのデメリットとも言えます。

小さくてギフトとして貧相に見えかねない

箱の中

シャンパンのハーフボトル、実際に見えると分かるのですが、想像以上に小さいのです。ハーフボトルでも、正規箱があって見栄えは申し分ないのですが、コンパクト感は否(いな)めない。良く言えば可愛らしいのですが、悪く言えば貧相な印象に・・。

なので、目上の方へのギフトや、正式感を出したいギフトシーンでハーフボトルを贈る場合は、飲み比べをかねて2本セットにするのがオススメ。2本セットにすると予算オーバーの場合は、思い切ってスパークリングワインを選ぶのもオススメです。>>予算オーバーな時に選びたい!高級シャンパン生産者が手がける、スパークリングワイン一覧!

物足りなさを感じる場合がある!

シャンパン

さきほど、ハーフボトル、何杯分?何人分?でお伝えしましたが、ハーフボトルの場合は細長いシャンパングラス(フルート型)で2杯半程度。2人で飲むことを考えると、1人1杯ちょっとずつなんですよね。この量だと、すぐ飲み終わってしまい、ワイン好きさんだと、物足りないと感じる可能性があります。

私自身、ハーフボトルは何度も飲んだことがあるのですが、物足りなさを感じて終わるのです。自分でハーフボトルを購入した場合は、物足りなさも魅力のような気もしますが、ギフトとなると「物足りなさ」はあまり良い印象だとは思えません。

なので、単身者の方や、お一人用として贈るのであればハーフボトルの良さが生きると思いますが、複数人で飲む、ご夫婦で飲むことを前提に贈るのであれば、注意しましょう。予算を調整するか、予算内で収まるフルボトル(750ml)のスパークリングワインを選ぶことをオススメします。>>予算オーバーな時に選びたい!高級シャンパン生産者が手がける、スパークリングワイン一覧!

コストパフォーマンスが悪い!割高!

ハーフセット

ハーフボトルのシャンパンはフルボトルのシャンパンよりも安いのですが、よーく価格を比べてみてください。フルボトルに比べると、『容量の割には、"高い"』ことが分かります。そう、フルボトルと比べてしまうと、ハーフボトルはコストパフォーマンスが悪いのです。シャンパンによっては、「あれ?フルボトルと値段がそんなに変わらない!?」なんて感じることもあるはずです。

以上の3点が、ギフト面での”ハーフボトル”のデメリット。

でも、ハーフボトルだって活躍できる時や場はあって、魅力的な贈り物になることができます。そんな場面とはどんな場面か、次に見ていきましょう。

スポンサーリンク

ハーフボトルがギフトにオススメの場面とは!?

ヴーヴクリコ箱付

ハーフボトルがギフトとして向いているのは、下記のような場合。

  • 飲み比べが目的で、2本や複数本セットで贈る場合
  • 単身者やお一人様へのプチギフトとして贈る場合
  • 友人や親しい方と2人でちょこっと飲むための手土産

これらの場面では、ハーフボトルが魅力的な贈り物になる可能性大。シャンパンは、決して安くないため、ワイン好きさんであってもデイリーに飲めるものではなく、特別なワイン。そうなると、2種類のシャンパンを楽しめる、ハーフボトルの2本セットはとても喜ばれます。

また、単身者はお一人の方にとっては、ハーフボトルで丁度良い量なんですよね。フルボトルだと多すぎて残ってしまいがち。そうなると途中保存の心配もあるので、丁度良いハーフボトルが喜ばれるのです。

>>”シャンパン ハーフボトル”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

以上が、"シャンパンのハーフボトルについて”でした。

予算に限りがある場合は、スパークリングワインも視野に入れて探すのがオススメ。有名シャンパンブランドが国外で手掛けるスパークリングワインも多数あって、お値段もとてもリーズナブルになります。>>予算オーバーな時に選びたい!高級シャンパン生産者が手がける、スパークリングワイン一覧!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事