ランソン

シャンパンっていくらあれば買えるの!?

贈り物やギフトにシャンパンを考えたときに、シャンパンの価格や値段の相場を手っ取り早く知りたいですよね♡相場が分かれば、ギフトとして選択の余地があるのかが分かります。

ということで、ギフトや贈り物にシャンパンをお考えの方向けに、”シャンパンの価格や値段の相場について”まとめておこうと思います!

また、これまでたくさんのシャンパンを飲んできた中で、ギフトや贈り物にオススメのシャンパンを予算別に紹介していきます!

それでは、始めましょう!レッツゴー!

スポンサーリンク

シャンパン、いくらあれば買えるの!?シャンパン、価格や値段の相場&オススメシャンパン!

シャンパンの購入、4000円以上が相場!?

シャンパンLamiable

シャンパンの価格・値段の相場ですが、贈り物やギフトとしてシャンパンを買う場合は、

4000円以上が目安!

と考えておきましょう。つまり、4000円以上あれば、”シャンパン”をギフトや贈り物の選択肢に入れてOK!それ未満であれば、シャンパンではなく、もっと手頃なスパークリングワインがオススメです。

>>「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思える。記憶に残るスパークリングワインリスト!

スポンサーリンク

シャンパンの相場、なぜ、4000円以上なの!?

はてな

そもそも4000円未満で購入できるシャンパンの種類は限られいてあまり選べませんが、実際のところ、フルボトル1本(750ml)2000円台のものも見つかります。ただ、そういったシャンパンは、知名度もなく予算のなさを印象付けてしまうため、贈り物やギフトにはオススメしません。

特にワイン好きさんにシャンパンを贈る場合は、4000円以上の予算がないのであれば、スパークリングワインをオススメします!シャンパンの相場を知っているワイン好きさんにとって、2000円台~3000円台前半のシャンパンは、価値が認識しづらいんですよね。その価格帯のシャンパンであれば、スパークリングワインの方が楽しさがある、ワインを普段飲む一個人としてはそう感じます。

>>「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思える。記憶に残るスパークリングワインリスト!

ちなみに、3000円台後半程度になると、一部の知名度の高いシャンパンブランドのノン・ヴィンテージ(スタンダード)が選択肢に入ってきますが、送料などを踏まえると4000円以上かかると考えておきましょう!

>>予算5000円以下、相手に喜ばれるオススメシャンパンとは!?

ここまでは、シャンパンの購入における最低限の相場をお伝えしましたが、シャンパンはランク(グレート)によって購入できる相場が異なります。

ということで、次は、”シャンパンのランク別の価格・値段の相場”をまとめていきます!

スポンサーリンク

シャンパンのランク別、価格・値段の相場!

”シャンパン”の”ランク”とは!?簡単、ランクの種類!で詳しくお伝えしていますが、シャンパンは、下記の3つのランク(グレード)に分けることが出来ます。それぞれ価格や値段の相場が異なるので、1つずつ説明していきますね♡

”ノン・ヴィンテージ”シャンパンの相場 & オススメシャンパン!

”ノン・ヴィンテージ”シャンパンの相場は、5000円程度~1万円未満。こう考えておくと良いかなと思います。ちなみに、”ロゼ”は、一般的な”白(黄金色)”よりも製造に手間がかかる分、価格は高くなります。

ただ、実際は”ノン・ヴィンテージシャンパン”の価格幅は広いです!シャンパンって結構複雑で、”ノン・ヴィンテージ(標準)”シャンパンでありながら、”プレスティージュ(最高級)”シャンパンという二足のわらじを履いているシャンパンがあるんですよね。

なので、価格や値段幅で言うと、2千円台~1万越えのものまで存在します。ただ、あくまで標準タイプのシャンパンという捉え方からすると、5000円程度~1万円未満くらいが目安になります。

贈り物やギフトとして、ワイン初心者さんからワイン好きさんまで、幅広く喜ばれるのがこのランクのシャンパンです。

スポンサーリンク

オススメのノン・ヴィンテージシャンパンは!?

”パイパー・エドシック”

【価格】3千円台後半~ *価格は変動します。

赤いラベルが印象的なのが、有名シャンパンブランドの”パイパー・エドシック”。マリリン・モンローが愛飲したシャンパン、カンヌ国際映画祭の公式シャンパンとしても有名なシャンパン。

美味しさが分かりやすく、人を選ばずに陽気にしてくれるシャンパンで何度でも飲みたくなるシャンパンです。

スポンサーリンク

”ヴィンテージ”シャンパンの相場 & オススメシャンパン!


”ヴィンテージ”シャンパンの相場は、7千円程度~。ちなみに、”ロゼ”は、一般的な”白(黄金色)”よりも製造に手間がかかる分、価格は高くなります。

ヴィンテージシャンパンは、単一年のブドウからのみ造られるシャンパンのこと。例えば、ボトルやラベルに”2009”という年号表記があれば、それはヴィンテージシャンパンで、2009年に収穫されたブドウのみを使って造られています。

前述のノン・ヴィンテージ(スタンダード)シャンパンは、様々な年に収穫されたブドウで造られたワインをブレンドして造られるため、品質が安定しやすいのに対し、この”ヴィンテージ”シャンパンは、単一年に収穫されたブドウしか使えないため、製造のハードルが上がります。また、”ヴィンテージ”シャンパンは、収穫年のブドウの個性を表現するため、ノン・ヴィンテージシャンパンよりは、個性派という印象が強いシャンパンですね!

この”ヴィンテージ”タイプも価格や値段の幅は広いです!理由としては、”ヴィンテージシャンパン”でありながら、”プレスティージュ(最高級)”シャンパンという二足のわらじを履いているシャンパンがあるのに加え、同じ銘柄のシャンパンでもヴィンテージ(収穫年)によって価格に違いがあるから。

ギフトや贈り物としては、格が上がったイメージを持つ方が多いので、目上の方へのギフトや、ワイン好きさんへのギフトにオススメです!

スポンサーリンク

オススメのヴィンテージシャンパンは!?

”モエ・エ・シャンドン ヴィンテージ”

【価格】6千円台~ *価格は変動します。

”モエ・エ・シャンドン”は、多くの小売店で販売されているため、見たことがある方も多いはずですが、上記の収穫年が大きく記載された”モエ・エ・シャンドン”のヴィンテージを飲んだことがある方、見たことがある方は多くないはず。

”モエ・エ・シャンドン”は、ドンペリの生産者が展開するブランドなので話題性もあり、ヴィンテージシャンパンの中では親しみやすく、楽しみやすいシャンパンです。

スポンサーリンク

”プレスティージュ”シャンパンの相場 & オススメシャンパン!


”プレスティージュ”シャンパンの相場は、1万円以上~。ちなみに、”ロゼ”は、一般的な”白(黄金色)”よりも製造に手間がかかる分、価格は高くなります。

プレスティージュシャンパンは、各ブランドの”最高級品”という位置づけなので、ランクの中では最も高価!もちろん、価格や値段の幅も広く、実際は7千円程度~底なし!ヴィンテージ(収穫年)が古ければ古いほど、どんどん高価になるシャンパンもあって、フルボトル1本(750ml)○十万というものも多々存在します。

また、各ブランドが総力を挙げて造るシャンパンなので、ブランドらしさを表現するべく、個性派のシャンパンという捉え方が出来ます。

ギフトや贈り物としては、”最高級品”のため、正式感や品のある印象が強く、目上の方やワイン好きの方へのギフト、ここぞという特別な時の贈り物にオススメです!

スポンサーリンク

オススメのプレスティージュシャンパンは!?

”ドンペリニヨン ヴィンテージ”

【価格】1万円台後半~ *価格は変動します。

”ドンペリ”の最大の魅力は、知名度が抜群なので、”高級”、”特別”、”高価”という価値を贈り主と贈り先様とで共有できるので、気持ちを伝えやすく、喜びや感動を感じやすいこと。

>>ドンペリとは!?(ドンペリ豆知識)

他にもプレスティージュシャンパンは多々ありますが、価値を共有できるということにおいては、右に出るものはありません。

>>高いお金を払ってでも「良かった」、「もう一度飲みたい」と思える高級シャンパンリスト!

スポンサーリンク

シャンパンの相場はころころ変わるってホント!?

フィリポナ

シャンパンの相場、ころころとまでは言いませんが、変動します

変動する理由は、シャンパンは、フランスからの輸入品だから!なので、世界の経済状況によって為替が変動し、価格や値段の相場が変わります。

実際の話しですが、2008年に起きた”リーマンショック”という世界的な金融危機の後、セールやキャンペーンではなく、”ドンペリ ヴィンテージ”のフルボトルが1本9千円台で販売されていたことがありました。現在は、年末などのセールやキャンペーンでも1万円を切ることはないですよね!

よって、今現在のシャンパンの相場価格も、経済状況によっては大幅に下がったり上がったりする可能性があるということ、理解しておきましょう!

スポンサーリンク

予算別、相手を喜ばせるオススメのシャンパンは!?

ヴーヴクリコ箱付

予算別にオススメのシャンパンをいくつかピックアップしてみました!内容は、手っ取り早く簡単にシャンパンやスパークリングワインギフトを探せるサイト、”シャン・スパギフト!”と共有しています。スパークリングワインも検討したい方は、”シャン・スパギフト!”にて掲載していますので、どうぞ!

>>シャン・スパギフト!予算別に探す!

>>高いお金を払ってでも「良かった」、「もう一度飲みたい」と思える高級シャンパンリスト!

5000円以下のオススメシャンパン!

”パイパー・エドシック”

【価格】3千円台後半~ *価格は変動します。

赤いラベルが印象的なのが、有名シャンパンブランドの”パイパー・エドシック”。マリリン・モンローが愛飲したシャンパン、カンヌ国際映画祭の公式シャンパンとしても有名です。

美味しさが分かりやすく、人を選ばずに陽気にしてくれるシャンパンで何度でも飲みたくなるシャンパン!

”ランソン”

【価格】3千円台~ *価格は変動します。

英国で開催される有名なテニスの国際大会、”ウィンブルドン テニストーナメント”の公式シャンパンがこの”ランソン”キリリと爽快感やフレッシュ感を感じられるシャンパン。

”ポメリー”

【価格】3千円台~ *価格は変動します。

有名なシャンパンブランドである”ポメリー”、もともとはポメリー夫人という女性が率いて現在の有名なブランドへと発展させた背景があります。現在のシャンパンの主流である”辛口”を初めて発表したのがポメリー。

そんな偉大なポメリー夫人の印象が強いのか、ポメリーのシャンパンはどこか女性的で温かくほんわかした気分にさせてくれます。

5000円以上~10000円以下のオススメシャンパン!

”バロン・ド・ロスチャイルド ブリュット”

【価格】5千円台~*価格は変動します。

ボルドーの赤ワインで名門のロスチャイルド家が造る、シャンパン。

一口目から力強さや大きなインパクトを与えてくれるシャンパンで、飲んだ瞬間に、感動したのを覚えています。力強さゆえに、美味しさが分かりやすいシャンパンです。

”バロン・ドーヴェルニュ フィーヌ・フルール・ド・ブジー グラン・クリュ”

【価格】5千円台~*価格は変動します。

白いマーガレットの花が描かれた美ボトルシャンパン。第一印象から可愛らしさ、清楚、華奢などのイメージを与えてくれます。

小規模生産者が造るシャンパンで、流通量が少ないため、希少性があります。じっくり、ゆっくり、語らいながら飲めるシャンパンです。

”モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル”

【価格】5千円台~ *価格は変動します。

「ドンペリ」の生産者、”モエ・エ・シャンドン社” から出される、甘口シャンパン。小売店への一般流通はせず、高級リゾート向けがコンセプト、「高級リゾートだけのモエ」と言われる1本です。

さらに、このシャンパンは、カクテルのように”氷を入れて楽しむ甘口シャンパン”!とても飲みやすいので、後味は甘さが残らずさっぱりです。

10000円以上のオススメシャンパン!

”ドンペリニヨン ヴィンテージ”

【価格】1万円台後半~ *価格は変動します。

”ドンペリ”の最大の魅力は、知名度が抜群なので、”高級”、”特別”、”高価”という価値を贈り主と贈り先様とで共有でき、気持ちを伝えやすく、喜びや感動を感じやすいこと。

>>ドンペリとは!?(ドンペリ豆知識)

他にもプレスティージュシャンパンは多々ありますが、価値を共有できるということにおいては、右に出るものはありません。

”ペリエ・ジュエ ベルエポック”

【価格】2万円程度~ *価格は変動します。

圧倒的な美ボトルデザインで、人を魅了する高級シャンパン。それもそのはず、このボトルデザインは、エミール・ガレという芸術家によってデザインされたもの。

贈り物は、第一印象も大事。この高級シャンパンは第一印象を制し、サプライズ効果も高まります。

また、”ベル・エポック”とは、「美しき良き時代」という意味。贈るタイミングがこの魅力的な名前とマッチし、価値を高めてくれるはずです。

”クリュッグ”

【価格】2万円程度~ *価格は変動します。

このクリュッグは、”ノン・ヴィンテージ”でありながら、最高級ランクの”プレスティージュ”に該当するシャンパン。高級シャンパンならではの気難しさはなく、誰でも歓待してくれる懐の大きい高級シャンパン。

飲んだ人を陽気な気分にし、美味しく、楽しい一時を演出してくれます。忘れられないシャンパンになる可能性あり。

以上が、『シャンパン、価格や値段の相場は!?いくらあれば買える!?贈って喜ばれる、予算別オススメシャンパン!』でした。

シャンパンの相場を知ることで、シャンパン選びが楽になりますように!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事