シャンドン

上記画像のスパークリングワイン「CHANDON(シャンドン)」のボトルを見たことがある方も多いのではないでしょうか。このシャンドンという文字を見ると、

あの有名なシャンパン、「モエ・エ・シャンドン」と関係があるの!?
と疑問に思う方もいるはず。ということで、今回はそんな「シャンドン」という発泡性ワインについてまとめておこうと思います。
スポンサーリンク

「シャンドン」って何!?シャンパンじゃないの!?


「CHANDON(シャンドン)」は、ドンペリの生産者である「モエ・エ・シャンドン社」がフランス国外で造り展開するスパークリングワインブランド。つまり、シャンパンではありません。

ではどこの国のスパークリングワインなのかというと、これが少々複雑です。実は、シャンドンはブラジル、カリフォルニア(米国)、オーストラリア、中国、インドなどにワイナリーがあり、各国で造られているため各生産国のシャンドンがあるということなのです。よって、各国によって「シャンドン」の種類が異なり、日本ではなかなか目にかかれないものもあるというのが現状です。

ただ、日本で販売されている「シャンドン」はオーストラリアやブラジルのシャンドンが多いはず。というのもシャンドンの正規輸入販売元は、ドンペリやモエ・エ・シャンドンなどのシャンパンと同じく、MHD(モエヘネシーディアジオ)。つまり、そのMHDを通して輸入されているのが正規品の「シャンドン」となり、シャンドン オーストラリア、シャンドン ブラジルで造られたものが販売されています。

ただ、並行輸入品として、カリフォルニアなど他国のシャンドンで造られているものが販売されていて、希少性も相まって好奇心を駆り立てられるのがリアルな気持ちです。>>ワインやシャンパン、並行輸入品と正規品の違いとは!?どちらが良いの!?

また、2015年にはシャンドンとマクラーレン ホンダF1チームが長期的協力関係を締結しています。

シャンドン、ドンペリ系列のスパークリングワイン!?

ドンペリ

シャンドンがなぜドンペリ系列というとらえ方が出来るのかというと、スパークリングワイン「シャンドン」の母体がモエ・エ・シャンドン社だからということ。実際にモエ・エ・シャンドン社が造るシャンパンの「モエ・エ・シャンドン」とブドウ品種は使われている比率は一緒などモエ・エ・シャンドン社が造るシャンパンにシャンドンは類似している点があります。

そして、モエ・エ・シャンドン社が造る、最高級シャンパンが「ドンペリ」。そう考えると、ドンペリ系列のスパークリングワインという捉え方も一般消費者としては分かりやすく、あながち間違いではないように思います。ただ、これはあくまで非公式な話です。

「シャンドン」、「モエ・エ・シャンドン」との違いとは!?

モエエシャンドン

大きな違いは「シャンドン」はスパークリングワインであり、「モエ・エ・シャンドン」はシャンパンであることと価格です。

「シャンドン」と「モエシャン」の違い!
  • シャンドンはスパークリングワイン、モエ・エ・シャンドンはシャンパン。
  • シャンドンの生産国はオーストラリア・ブラジル・米国(カリフォルニア)など世界6か国にワイナリーがある。モエ・エ・シャンドンの生産国はフランスのシャンパーニュ地方。
  • シャンドンの方がモエ・エ・シャンドンよりも価格が断然安い。

では、同じところはどこかというと次の通り。

「シャンドン」と「モエシャン」の共通点!
  • 「シャンドン」も「シャンパン」も発泡性ワイン。
  • 両者ともシャンパン製法で造られており、オーストラリアで造られ日本で販売されているシャンドンに関しては使われているブドウ品種や比率が同じとされる。
スポンサーリンク

スパークリングワイン「シャンドン」の種類と価格や値段!

まず日本で販売されている正規品の「シャンドン」の種類と価格や値段を紹介し、後に並行輸入品の珍しいシャンドンを紹介しておこうと思います。

シャンドンの種類一覧!

シャンドン ブリュット

【価格】2千円程度~*価格は変動します。

シャンドンのスタンダードな辛口・白スパークリングワイン。ブランド公式サイトの説明は次の通り。

明るい黄金色の色調と、長く続く細やかな泡が特長です。
リンゴのシャーベット、果樹の花、しぼりたてのレモンの新鮮なアロマに、ほのかなブリオッシュやサワードウ(酸味のあるパン生地)が伴います。口に含むとクラシックなシャルドネらしい洋梨のような風味がします。穏やかでクリーミーな口当たりとキリッとした酸味、ヌガーのような複雑な風味がドライでキレのある長い余韻へと続きます。
18ヶ月間の熟成による複雑で豊かな風味とともに、フレッシュでエレガントな味わいを楽しめます。

 

なお、このシャンドンブリュットにはデザイナーさんなどのデザインによる限定デザインボトルが定期的に出ています。売り切れてしまえばなくなってしまうため、時期によっては探してもないことがありますが、例えば2020に出た限定モデルは下記の通り。

見た目からも楽しめるシャンドン、こういったデザインボトルはプレゼントやギフトとしての印象が良くなり、見た目でも楽しむことが出来るシャンドンです。>>シャンドン ブリュットを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

シャンドン ロゼ


【価格】2千円台~*価格は変動します。

シャンドンのスタンダードな辛口・ロゼスパークリングワイン。公式サイトの説明は次の通り。

色合いは鮮やかな美しいピンクのバラの花びらの色調。長く続く細やかな泡が特長です。
新鮮なイチゴ、ざくろ、チェリーデニッシュのようなアロマと、18ヶ月の熟成期間に由来する焼きたてのパイ皮の香ばしい香りが重なります。ほのかにワイルドマッシュルームなどの旨味の特長が背後に感じられます。口に含むと、赤スグリ、チェリーシャーベット、ピンクグレープフルーツのフレッシュな風味に、ヘーゼルナッツやビスケットの風味が重なります。クリーミーな口当たりに伸びやかな酸味があり、バランスの良い豊かな風味と、エレガントで爽やかな味わいが楽しめます。

このシャンドンロゼは、下記の2020限定デザインボトルがまだ販売されていました。

>>シャンドン ロゼを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

シャンドン パッション

【価格】2千円台~*価格は変動します。

シャンドン ブラジルが造る、オレンジがかったやや甘口のスパークリングワイン。トロピカルな雰囲気満載です。普通のワイングラスに氷を入れて楽しめるカクテルタイプとしても楽しめるそうです。公式サイトの説明は次の通り。

オレンジがかったピンクの美しい色調、夕陽のような輝きで、イキイキとした豊富な泡が立ち上がります。
パッションフルーツや桃、ライチの鮮烈なフルーツのアロマに加え、オレンジの花やバラのフローラルな甘い香りが特長です。
口に含むと、さわやかな酸を感じ、次第にやわらかな口当たりと調和の取れた果実の風味が広がり、凝縮感のあるトロピカルフルーツの余韻へと続きます。
氷を浮かべたり、フルーツやジュースなどを加えてカクテルにしたり、いろいろな飲み方でお楽しみいただけます。

>>シャンドン パッションを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

並行品のシャンドン


【価格】2千円台~*価格は変動します。

日本で販売されている正規品のシャンドンといえば、「シャンドン オーストラリア」と「シャンドン ブラジルのシャンドン」だが、最初にお伝えした通りシャンドンは6ヵ国にワイナリーがある。となると気になるのがオーストラリアやブラジル以外のシャンドン。

ワイン好きにとっては「希少さ」が魅力に映ります。ということで、いくつか他国のシャンドンが並行輸入品として販売されているので紹介しておきたかったのですが、現在は、米国のシャンドンカリフォルニアのシャンドンしか見当たりません。上記の商品は「シャンドン カリフォルニア」のシャンドン ブリュット。以前はもっと販売されていたのが、今はほとんど販売されていません。>>シャンドン カリフォルニアを見てみる(amazon)(楽天市場)

シャンドンロゼ

実は我が家もこのカリフォルニアのシャンドンが気になり上記の通り購入。よく見ると、オーストラリアのシャンドンとラベル(エチケット)が若干異なり、CALIFORNIAと記載があります。

「シャンドン」プレゼントやギフトとしてはどう!?オススメは!?

 

ブランド価値や実際に飲んだ経験、価格帯なども踏まえると、シャンドンはプレゼントやギフトにもオススメ。ただ、価格的にも手頃感があるため、ここぞという勝負のプレゼントやギフトとしての利用は、せめて複数本セットで贈りたいというのが個人的な意見です。

スタンダードなシャンドンブリュットやロゼの場合は、例えば、カジュアルなホームパーティの手土産にはもってこい。バーべーキューパーティの手土産のシャンドン ロゼも良いですね。

逆に、きっちりとしたプレゼントやギフトとして利用したい場合は、デザインボトルのシャンドンを利用したり>>限定品シャンドンを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)、複数本セットがオススメです。>>シャンドンのセットを見てみる(amazon)(楽天市場)

「シャンドン」実際に飲んで味はどう!?美味しいの!?

シャンドンと食卓

シャンドンブリュットとシャンドンロゼを飲みましたが、どちらも万人受けしやすい分かりやすい美味しさがあります。気軽に美味しいスパークリングワインを飲みたいのならオススメ。

そしてやはり、お得感があります。というのも、さすがモエ・エ・シャンドン社が展開するスパークリングワイン、どことなくシャンパンを飲む際に感じるような香りや味わいがあって、このお値段でシャンパンを味わっているような感覚を覚えるので、お得感を感じることが出来ましたね。

シャンパンを買うほどの予算はないけれど、気軽に美味しいスパークリングワインを飲みたい方にはオススメです!

 

以上が、スパークリングワイン「シャンドン」についてでした。それでは、また!

 

Twitterでフォローしよう

オススメ記事