ロゼシャンパン

若干悲惨なタイトルなんですが、ロゼシャンパンを飲んでいてリアルに感じたことなんですよね。これはロゼシャンパンに限ったことではなく、ロゼスパークリングワインやロゼワインでも同じです。

もう10年以上前に初めて飲んだロゼシャンパンで、飲み終えた後に衝撃を受けたことを思い出します。

スポンサーリンク

特別感や非現実への心酔も早く、現実の世界へ戻すのも早い。それがロゼシャンパン。

バロン・ド・ロスチャイルド ロゼ

ロゼ シャンパンやロゼスパークリングワイン、ワインのロゼの大きな魅力として「色合い」があります。淡いピンクから、サーモンピンク、オレンジがかったピンク、輝くのあるピンク、各ワインやシャンパンによって色合いの傾向は異なるものの、どれも魅惑的。

美しいもの、可愛いものが好きな女性はもちろん、男性にとっても、ロゼの色合いは魅力的なのです。

そんなことから、ロゼシャンパン含むロゼスパークリングワインやロゼワインは、シャンパン(白)や白ワイン、スパークリングワイン(白)よりも特別感や非現実を演出しやすくなります。中でも、最低価格が高いロゼシャンパンは、別格。その存在だけで、いとも簡単に特別な日を演出してくれます。

しかし、特別感や非現実感を演出しやすい一方で、ロゼ系のワインの多くは飲み進めると少しずつ現実を予感し、良い意味でも悪い意味でも、飲み終えると一気に現実の世界へと引き戻してくれます。

その理由はコレ。↓

ロゼシャンパン 空ボトル

ロゼワインの多くはその大きな魅力であるロゼの色合いを魅(み)せるために透明ボトルが使われていることが多いのです。

飲む前は、そんな色合いがボトル前面に生かされ下記画像のように美しく、その場にあるだけで、特別感や非現実さを感じさせてくれます。

 

GHマム ロゼ

でも、上記画像でも分かるように、透明ボトルは、当然ながらグラスに注ぐ度に透明部分が増し、ボトル越しにその場の環境が透けて見えるようになります。その度に、少しずつ寂しさが増していく・・。

私の場合、ボトルを空けた途端に、一気に現実に引き戻されるのです。なんだか、まぼろしでも見た感覚で儚(はかな)さでいっぱいに。

 

ロゼシャンパンのボトル

初めてこの透明ボトルに出会った時はあまりの儚(はかな)さにショックを受けました。まさに悲劇。特別感が強いロゼシャンパンだからこそ、飲む前と飲み終わった後の感情の差は相当なものでした。

でも、この感情はある意味、貴重なんですよね。ロゼシャンパンでも下記画像のように、普通のワインボトルと同じ、濃い緑色ボトルのものもあるのですが、こういった通常のボトルだと感じることができない感情なのです。

 

ランソン ロゼラベル

儚(はかな)さという感情を感じられる、透明ボトルのロゼシャンパン。短時間で非現実な時(とき)から現実に直面する感情の過程を試してみませんか!?

透明ボトルのロゼシャンパン、是非お試しを!それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事