コントドシャンパーニュ

『あの人はワインが好きだから、そうだ!シャンパンを贈ろう!』

シャンパンはワインの1つ、そして慶事の印象が強いので、贈り物にシャンパンを選ぼうと考えるのは自然な流れですよね!

でも、シャンパンを贈ろうとして、最も難しいのが『ワイン好きの方』や、『ワインの玄人(くろうと)』に贈る場合なんですよね。贈る側がワインを普段飲まない場合は特に難しく感じます。

ということで、今回は、『ワインが好きな方』にシャンパンを贈る場合のコツや注意点をまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

"ワイン好きな方"、"ワイン玄人"に贈るシャンパン選び!コツと注意点!

1. "ワイン好きな方"へシャンパンを贈るコツ!

プレゼント画像

ズバリ、普段は飲めないちょっと贅沢なシャンパンを贈ることがオススメ

ワイン好きな方は、普段からワインを飲んでおられる方ですよね!普段ワインを飲むということは、カジュアルに、そしてフランクにたくさんのワインを普段飲まれています。なので通常は、普段飲みできる安くて美味しいワインを探し、飲まれていることが多いはず。

だからこそ、普段飲みできないようなちょっと贅沢なシャンパンや、有名ブランドのシャンパンであれば喜ばれます♡

そもそも”シャンパン”って、最低でもフルボトル1本3000円後半~という印象なので、決して普段飲みじゃないんですよね。なので、高価なものでなくても、喜ばれると思います。

スポンサーリンク

2."ワイン好きな方"へシャンパンを贈る場合の注意点3つ!

チェックリスト
先に結論から言ってしまえば、下記3つのことに注意しましょう!

注意点!
  • ラッピング対応をしてもらうこと!
  • ギフトに”正式感”を出したい場合は、”箱付き”を選びましょう!
  • 夏場も配送や、冬に凍結する地域への配送はクール便を利用すること!

さきほどもお伝えした通り、ワイン好きの方は、普段からたくさんワインを飲まれているんですよね。つまり、”ワイン” との生活が日常ということ。

なので、贈り物としてプレゼントする場合は、日常とは違う、”特別感” を出す必要があります。その特別感を演出してくれるのが、"箱付シャンパン" や "ラッピング" !箱付でも、そのブランドの正規の箱の場合は、デザインもシャンパンボトルと統一されていることが多く、高級感が出ます。

次に、配送について!せっかくのシャンパン、劣化したものが相手先様に届くのは絶対に避けたいですよね。高温や湿気に弱いとされるシャンパン、高温の季節はクール便が常識になります。そして、冬も実は大事。凍結のある地域に贈る場合は、通常便で凍結の可能性が!そんな地域への配送は、クール便を利用しましょう!

スポンサーリンク

3.”ワイン好きさん”へのオススメ”シャンパン”ギフト!

下記の通り、オススメを3本選んでみました!

”テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ”

有名シャンパンブランド”テタンジェ”の”プレスティ―ジュ(最高級)”シャンパン!

白ブドウ100%(ブラン・ド・ブラン)で造られたもので、品がありながらも陽気さを感じる、まるで舞踊会のようなシャンパン!香りも魅力的でメープルシロップやモカの甘い香りで思わずスイーツが目の前にあるかのような気分にさせてくれます。

あまりの美味しさと甘い一時に記憶に残り、忘れられない高級シャンパン!何度でも飲みたくなるので、飲んだことがある方に贈ったとしても喜ばれるはず!

【価格】14000円程度~*価格は変動します。

”コント・ド・シャンパーニュ”を探す!

”エグリ・ウーリエ ブリュット ロゼ グラン・クリュ”

『ピノ・ノワール(黒ブドウ)の魔術師』と呼ばれ、小規模生産者の巨匠と呼ばれる”エグリ・ウーリエ”が造るロゼシャンパン!

そもそも”ロゼ”シャンパンは、スタンダードな白シャンパンよりも価格が高いため、日常となると”白”より飲む頻度は低くなります。それに加えてこの”エグリ・ウーリエ”はワイン好きさんの中では有名な小規模生産者。

1度は飲んでみたいという気持ちから、日常では先に手が出ない”ロゼ”シャンパンを選んでみました。

【価格】9000円代~*価格は変動します。

”エグリ・ウーリエ ロゼ”を探す!

”ポル ロジェ ブリュット レゼルヴ”

英国王室御用達として有名のシャンパンブランド、”ポル ロジェ”!

ウィリアム王子やヘンリー王子の結婚式で振る舞われたということでも有名な、シャンパン。そんなエピソードもあって、とにかく上品で格式高い印象が強いのがこの”ポル・ロジェ”。

贈り物として”正式感”や”クラシカル”な印象を与えてくれます。

【価格】4000円代後半~*価格は変動します。

”ポル・ロジェ”を探す!

以上が、『"ワイン好きの方"にシャンパンを贈るコツと注意点3つ!オススメシャンパン!』でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事