ワインで乾杯

ワイン好きさんへのプレゼントやギフトにワインを贈りたいと考える方は多いはず。相手が喜ぶものを贈りたいからこそですが、ワインを贈る場合は大きな壁が立ちはだかります。その大きな壁とは「迷い」なんですよね。「ワイン」と一言でいっても、国産から海外のものまで種類は膨大。赤・白・発泡性など制限をつけないと選ぶ対象が多すぎて、やみくもに探すと迷いの渦に入り込んでしまい時間を消耗するだけになってしまいます。

そこで、ワイン好きさへのプレゼントやギフトにオススメしたいのが、ワインの中でもフランスのシャンパーニュ地方で造られている「シャンパン」。なぜ、ワイン好きさんへのプレゼントやギフトにシャンパンがオススメなのか、今回はその理由や贈るコツ、注意点、そしてオススメシャンパンをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

ワイン好きさんへのプレゼントやギフトには、「シャンパン」がオススメ!その理由とは!?

シャンパンとグラス

ワイン好きさんへのプレゼントやギフトにワインを贈る場合にはシャンパンが断然オススメです。その理由は、一言で表すと、シャンパンは、ワインの中で最も「特別感」を演出するシャンパンであり、選ぶのが簡単、そして好みに左右されないからです。

シャンパンはワインの中で最も「特別感」を演出できる

ランソン

すでに「シャンパン」と聞くと、「高級」、「高価」、「特別」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。実際、赤・白・スパークリングワイン(シャンパン以外)の場合はワンコインから見つけることができますが、シャンパンはワンコインでは見つかりません。

シャンパンの場合は、最も安くてもフルボトル1本(750ml)3千円台後半から。そう考えると、ワインの中でも特別感があり、格上というようイメージが世の中に定着しています。

そして、結婚披露宴や祝賀会などのお祝いの席には必ずといって良いほど「シャンパンで乾杯」という言葉が聞かれます。赤・白ワインではないんですよね。こういった習慣的なシーンや言葉においても、「シャンパンは特別な時に飲むお酒」、「お祝いにはシャンパン」といったイメージが根強く、「シャンパンはデイリー(日常)には飲めない特別なお酒」という認識があるため、シャンパンはワインの中で最も特別感を演出しやすくプレゼントやギフトとして相手に喜ばれるのです。

シャンパンはワイン中で選ぶのが最も簡単で楽!

ワインとシャンパンの関係図

上記の図を見てもお分かりいただける通り、シャンパンはワインの中で最も限定的なお酒と捉えることができます。ということは、他のワインに比べて選ぶ対象が狭まるということ。つまりは、ワインの中で選ぶのが最も楽ということに繋がります。

実際、赤・白ワインは、国産・海外のものを含め膨大の種類があるため、ある程度の目星をつけておかないと探すのは大変。「美味しいワイン」を探そうとすると、クチコミ評価の高いものを選ぼうとするはずですが、同じような評価をされているワインがこれまた膨大にあり、何を選べば良いのか分からなくなるのです。そうなれば、時間と神経をする減らすばかりに・・。

一方で「シャンパン」であれば、産地はフランスのシャンパーニュ地方で造られている、「Champagne(シャンパーニュ)」と記載のあるワインに限定されるため、選ぶ範囲が格段と狭くなる。つまり、選ぶ対象が絞られるため、ワインの中では最も選ぶのが簡単と言えるのです。

「シャンパン」はワインの中で好みに左右されづらく、最も万人ウケする!

泡

シャンパンは特別感を演出できる発泡性ワイン(スパークリングワイン)。シュワシュワとした泡と共に五感で楽しめるため、ワイン中で最も飲みやすいと言われています。よって、もともとアルコールや炭酸が苦手という方以外で苦手な人はほとんどいないのです。

逆にワインの中で最も好みが分かれるのが「赤ワイン」。ブドウ品種によって好みの差が激しく、苦手なものは飲めない、楽しめないといったことが起きてきます。つまり、赤ワインは贈り先様の好みを詳しく知らないと選ぶのが難しく、選ぶ側もある程度の知識がないと厳しいということになります。次に難しいのが、赤ワインほどではないけれど、白ワイン。産地やブドウ品種によって個性が出ます。

こんなことから、「シャンパン」はプレゼントやギフトとしてワインの中で最も失敗がないということになります。

スポンサーリンク

ワイン好きさんに喜ばれるシャンパンを贈るコツ!

パーティ

ワイン好きさんに喜ばれるシャンパンを選ぶコツは次の通り。下記のいずれかに該当するシャンパンを贈ることがオススメです。

  • 普段は飲めないちょっと贅沢なシャンパン(高級シャンパン)を選ぶ!
  • 普段、自分では選ばないシャンパンを選ぶ!
  • 何度でもリピートしたいと思えるシャンパンを選ぶ!

そもそもシャンパンは、ワイン好きさんの中でもちょっと特別な立ち位置にあるんですよね。最低価格が高めなのでデイリーに飲むということはありません。よって、どんなシャンパンでもプレゼントやギフトとして嬉しいですね。

特に普段飲めないような高級シャンパンは雲の上の存在。デイリーに購入することはないのでとても喜ばれます。>>ワイン好きさんへのオススメ高級シャンパン!

ただ、高級シャンパンだと1本の価格はかなり高価。シャンパンランクでいう、最高級品となるとフルボトル1本(750ml)1万円以上は当たり前の世界です。そうなると予算的に難しいという方も当然いらっしゃるはず。

その場合は、普段自分では気軽に選べない(店頭では見かけない)小規模生産者のシャンパンを選ぶとか、何度でもリピートしたいと思えるシャンパンを選ぶと喜ばれます。シャンパンランクでいうスタンダードなシャンパンを選べば、費用を抑えることが出来ます。>>ワイン好きさんへのオススメシャンパン!

スポンサーリンク

ワイン好きな方へシャンパンを贈る場合の注意点3つ!

3つの注意点!
  • 「箱ありなし」、ラッピング対応は要チェック!
  • 失敗の確率を0に近づけたい場合は、「正規品」を選びましょう!
  • 夏場や冬に凍結する地域への配送はクール便を利用すること!

「箱ありなし」、ラッピング対応は要チェック!

パルムドールの箱

プレゼントやギフトは見た目も大事。せっかく良い品を贈っても、第一印象が悪ければ、プレゼントの印象もガクっと落ちてしまいます。贈り主の信用問題にまで発展しかねません。

そういう意味でも、プレゼントやギフトの場合はシャンパンに箱が付いているのか、付いていない場合は別途付けるのか、そしてラッピング対応の確認は必須。基本的にシャンパンの場合は、各シャンパンに応じて正規箱があることが多く「正規箱」が付いている場合は、付いていないものよりも若干高めに販売されています。

その価格差が物語っているように、「正規箱」付きのシャンパンは、きっちりとした印象を演出し正式感が出ます。この正規箱付きシャンパンの場合は、その上にラッピングをするでも良し、最悪ラッピングなしでも、正規箱がステキにデザインされたものも多いため、そのままで良しとも考えられます。

一方で、箱なしで販売されているシャンパンの選択肢は2つ。ボトルの状態で袋ラッピングをお願いするか、ショップが用意するワイン用の箱を購入してラッピングをしてもらうかです。この場合は、ラッピング次第でプレゼントやギフトの印象がガラリと変わるので、納得のいくラッピング対応があるかを確認する必要があります。

当サイトでは、「ラッピング選手権」と題して、ショップにおけるラッピングの違いを画像で記載しています。好みのラッピングを探すことも可能なので、必要に応じて参考にしてみて下さいね。>>好みのラッピングはどれ!?ラッピング選手権!ラッピングからショップを選ぶ!

失敗の確率を0に近づけたい場合は、「正規品」を選びましょう!

グラスに入ったスパークリングワイン

シャンパンをネット上で探していると気づく方も多いかもしれませんが、同じシャンパンでも「正規品」と「並行品」の2種類があり、販売価格が若干違います。

そもそも、「正規品」と「並行品」とはどう違うのかというと下記の通り。

正規輸入品(正規品)とは、その名の通り正規のルートで輸入されれたワインやシャンパンということ。例えば、ドンペリでいえば、正規輸入代理店はMHD(モエ ヘネシー ディアジオ)。よって、その販売元を通して輸入されたドンペリは正規品に該当します。

一方で、並行輸入品(並行品)とは、正規ルート以外の個人や団体、組織で輸入されたワインやシャンパンを意味しています。

これらを考えると、正規品の方が品質の上で安心感が増すことが理解できます。そして、万が一何かあったとしても、クレーム等問い合わせ先も明確になり、それ相応の対応も期待できます。

一方で「並行品」となると、「正規品」と品質が変わらないものであればお得なのですが、それはリスクを含んだ上での結果論。どう輸入されたかは不明瞭でそれぞれ異なることから、リスクを受け入れた上での購入になります。よって、品質におけるリスクは「正規品」よりも高いということ。つまり、プレゼントやギフトとしての失敗のリスクもおのずと高くなります。

そう考えると、目上の方や上司へのプレゼントやギフトなど、失敗を限りなく0に近づけたい場合は、「正規品」を選んだ方が無難です。

スポンサーリンク

夏場や冬に凍結する地域への配送はクール便を利用すること!

箱

最後は配送についての注意ですね。せっかくのシャンパン、劣化したものが贈り先様に届くのは絶対に避けたいですよね。直射日光や高温、湿気に弱いとされるシャンパン、劣化リスクを減らすためにも高温の季節はクール便が必須になります

そして、冬も実は大事。凍結のある地域に贈る場合は、通常便で凍結の可能性も考えられるため、そんな地域への配送は、クール便を利用しましょう。

スポンサーリンク

ワイン好きさんへのプレゼントやギフトにオススメのシャンパン!

さきほどの贈るコツの順にいくつか紹介していきます。

ワイン好きさんへオススメの高級シャンパン

正直、一人のワイン好きとして言えば、どんな高級シャンパンでも頂けたら大喜びです。なぜなら、普段自分では購入しないから。それが以前飲んだことがあるものでもとても嬉しいですね。そんな中、まず高級シャンパンでオススメしたいのが下記の「ドンペリニヨン」

【価格】1万円台後半~*価格は変動します。

贈り主と贈り先様どちらも高級さが分かることから思いや気持ちが伝わりやすいシャンパンギフトになります。>>ドンペリを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

次にオススメしたいのが、下記の「テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ」

【価格】1万円台~*価格は変動します。

有名シャンパンブランドのテタンジェが造る最高級ランクのシャンパンで、白ブドウ100%で造られているもの。品がありながらも陽気さを感じる、まるで舞踊会のようなシャンパン。香りも魅力的でメープルシロップやモカの甘い香りで思わずスイーツが目の前にあるかのような気分にさせてくれます。

あまりの美味しさと甘い一時に記憶に残り、忘れられない高級シャンパン。何度でも飲みたくなるので、飲んだことがある方に贈ったとしても喜ばれるはずです。>>コント・ド シャンパーニュを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

高級シャンパンの最後のオススメは、下記の「ペリエ・ジュエ ベル・エポック」

【価格】2万円程度~*価格は変動します。

第一印象のあまりの美しさに目や心を奪われるのがこの高級シャンパン。有名シャンパンブランド、ペリエ・ジュエの最高級品。白いアネモネが描かれているボトルデザインは人を魅了し、飲んだ後も装飾品として利用される方がいます。>>ベル・エポックを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

普段自分では選ばないシャンパン

普段選ばないシャンパンというのは、店頭で気軽に手に入らない、誰もが知る有名ブランドではないシャンパンのこと。ワイン好きさんの場合、王道的なシャンパンはすでに試している方も多いので、逆に自分でなかなか選ばないシャンパンを贈られると喜ばれます。

まず紹介するのは、「エグリ・ウーリエ ブリュット ロゼ グラン・クリュ」

【価格】9千円台~*価格は変動します。

小規模生産者の巨匠とも呼ばれる生産者で、『ピノ・ノワール(黒ブドウ)の魔術師』と呼ばれています。RMでは有名で一度は試してみたいと思うワイン好きさんも多いはず。

ただ、ロゼを自分で購入する方は少ないですね。そもそも、ロゼシャンパンは、スタンダードな白シャンパンよりも価格が高いからです。このシャンパンを贈られたら嬉しい、素直にそう思います。>>エグリ・ウーリエ ロゼ グランクリュを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

次に紹介するのも、小規模生産者の造るシャンパン、「バロン・ドーヴェルニュ フィーヌ フルール ド ブジー グランクリュ」

【価格】6千円台~*価格は変動します。

「ブラン・ド・ノワール」といって、黒ぶどうのみを使って作られたシャンパン。ボトルデザインも白いマーガレットが描かれて美しく、第一印象でも人を喜ばせるシャンパンです。こちらも流通量は少なく、希少です。>>”バロン・ドーヴェルニュ・フィーヌ・フルール・ド・ブジー”を見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

最後に紹介するのも、見た目で圧倒的な優位さがあるシャンパン、「P.ゲール&フィル キュヴェ コクリコ ブリュット」

【価格】6千円台~*価格は変動します。

赤いコクリコの花が描かれた美ボトルでこちらも小規模生産者が造るシャンパン。こういった、美しいボトルのシャンパンは人には贈りたいけれど、自分用としてはなかなか購入しないんですよね。なので、いただけたら嬉しいシャンパンです。>>”P.ゲール&フィス キュヴェ・コクリコ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

何度でもリピートしたいシャンパン

シャンパンの中には、何度もリピートしたいと思えるようなシャンパンがあります。そういうシャンパンは何度頂いても嬉しいもの。ここでは、そんなシャンパンをいくつか紹介しておきます。全て、シャンパンランクでいうスタンダードシャンパンなので、シャンパンの中ではリーズナブルです。

まず、オススメなのは、「ペリエ・ジュエ グラン ブリュット」。

【価格】4千円台~*価格は変動します。

先ほど高級シャンパンで紹介した、「ペリエ・ジュエ ベルエポック」と同じ生産者が造るスタンダードタイプのシャンパン。上品で優雅さのあるシャンパンで、このシャンパンを例えると、イングリッシュガーデンが趣味の品のある奥様。

飲み終わるまでずっと品の良さが崩れず、個人的に価格以上の美味しさや楽しい一時を過ごせるので、何度でもリピートしたくなる1本です。>>"グラン ブリュット”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

次に紹介するのは、「バロン・ド・ロスチャイルド ブリュット」

【価格】5千円台~*価格は変動します。

思わず「旨い!」と唸ってしまうのがこのシャンパン。赤ワインで超有名な生産者が造るシャンパンで、一口目から力強い美味しさが押し寄せ、感動してしまうかも!?こちらもまた飲みたいと思える1本です。>>バロン・ド・ロスチャイルド ブリュットを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

最後にオススメするのが、「ポル ロジェ ブリュット レゼルヴ」

【価格】4千円台~*価格は変動します。

「ポル・ロジェ」は、英国王室御用達として有名なシャンパンブランド。ウィリアム王子やヘンリー王子の結婚式で振る舞われたということでも有名なのですが、そんなエピソードもあって、とにかく上品で格式高い印象が強いです。

飲んでいる間中、高貴な雰囲気やイメージが楽しめ、背筋がスッと伸びる感覚でしょうか。いつもと違った時間を過ごせるため、何度も飲みたいと思えるシャンパンです。>>ポル ロジェ ブリュット レゼルヴを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

以上が、『ワイン好きさんへのプレゼントにはシャンパンがオススメ!その理由とは!?贈るコツや注意点!』でした。ワイン好きさんへのギフト選びが少しでも楽にストレスなく出来るよう、少しでも参考になれば幸いです。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事