ghマム

”シャンパン”とは、フランスのシャンパーニュ地方で造られる一部の発泡性ワインのこと!普段ワインを飲まない方でも、”シャンパン”という言葉を聞いたことがある方は多いはず。

>>シャンパンとは!?スパークリングワインとの違いとは!?

でも、”シャンパン”以外にも、”シャンペン”、”シャンパーニュ”という似たような言葉が聞かれます。一体何が違うのか!?

ということで、”シャンパン”、”シャンペン”、”シャンパーニュ”の違いについて、簡単にまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

”シャンパン”、”シャンペン”、”シャンパーニュ”、何が違うの!?違いとは!?

ランソン

ズバリ結論から言ってしまうと、

”シャンパン”、”シャンペン”、”シャンパーニュ”は全部同じで、フランスのシャンパーニュ地方で造られる一部の発泡性ワイン(スパークリングワイン)のことを指しています。ボトルやラベルに必ず”champagne”の記載があるので、分かりやすいはず!

それぞれの違いと言えば、”呼名”が違うということ。これらの呼名の大元は、フランス語の”champagne”。この”champagne”の呼び方が国や地域によって異なってきます。それぞれについて、説明していきましょう!

”シャンパン”、”シャンペン”、”シャンパーニュ”の違い!
スポンサーリンク

”シャンパン”

ポルロジェ

これは、日本人特有の呼び方と捉えられます。”champagne”を日本語にしたのが、”シャンパン”ということ。

”シャンペン”

パイパーエドシック

英語の辞書を調べても分かりますが、英語の場合は”champagne”を”シャンペイン”、”シャンペン”と発音します。たまに、省略して”シャンプ”、複数形で”シャンプス”なんて呼んでいる方もいました!→公式ではないと思いますが!

なので、英語風だと”シャンペン”。

スポンサーリンク

”シャンパーニュ”

これは、大元(おおもと)のフランス語”champagne”の呼び方なので、日本ではフランス語風の呼名。

ただ、本来フランス語の場合は、”シャンパーニュ”は名詞のため、その前に冠詞が付きます。冠詞には女性冠詞(la)と男性冠詞(le)があり、その冠詞によっては”champagne(シャンパーニュ)の意味が変わってきます。

女性冠詞が付いた”la champagne(ラ シャンパーニュ)”と言えば、シャンパンの産地である、地名のことを意味していて、男性冠詞が付いた”le champagne(ル シャンパーニュ)”と言えば、飲む”シャンパン”のことを意味しています。

以上が、『”シャンパン”、”シャンペン”、”シャンパーニュ”、違いとは!?』でした。

”シャンパン”、”シャンペン”、”シャンパーニュ”、3つとも意味は同じですが、日本の場合は”シャンパン”と呼ぶ方が圧倒的に多いですね!逆に、”シャンペン”、”シャンパーニュ”と聞くと個性派という印象を抱きやすいので、あえて”シャンペン”、”シャンパーニュ”という言葉を使ってみるももありかもしれません♡

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事