シャンパンとグラス
お祝いやプレゼントにスパークリングワインを贈りたい。スパークリングワインは、「お祝い」というイメージが定着していることから、お祝いの気持ちを表現しやすいギフト。黄金色や淡いピンク色に、泡がパチパチと立ち昇る様子は華やかさを演出し、その日を特別なものにしてくれます。お祝いやプレゼントの定番シーンとしては、誕生日や記念日、結婚祝いなどが多いものの、全ての慶事に適しています。

ということで、今回はお祝いにオススメのスパークリングワインについて、役立つ情報をまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

お祝いやプレゼントにスパークリングワイン、価格相場は!?

はてな

そもそもスパークリグワインとは、発泡性ワインの総称。つまり、世界各国の発泡性ワインが、スパークリングワインというカテゴリーに該当します。よって販売価格も幅広く、500円程度のワインコイン~見つかりますが、お祝いやプレゼントのスパークリグワインにワンコインのスパークリングワインは不向き。

お祝いやギフトシーンは、普段とは違う「特別感」を演出したいもの。テーブルワインのような日常を連想させる価格帯は避けるのが無難。なので、お祝いやプレゼントのスパークリングワイン相場は、2~3千円台が人気で、少なくとも1千円台~としましょう。

ところで、上記の価格相場ですが、スパークリングワインの中でも「シャンパン」は対象外にしています。というのも、スパークリングワインは発泡性ワインの総称のため、シャンパンも本来含まれているのですが、日本の場合、「スパークリングワイン」と「シャンパン」は別ものと考えている風潮があります。よって、ここでいうスパークリングワインの相場はあくまでもシャンパン以外の「スパークリングワイン」のこと。次に詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

スパークリングワインってシャンパンと違うの!?

ワインとシャンパンの関係図

本来、上記図の通り、「シャンパン」は「スパークリングワイン」の一種になります。ただ、日本では、「シャンパン」は「シャンパン」と呼び、「シャンパン」以外のスパークリングワインを「スパークリングワイン」と呼ぶ風潮があります。

では、日本でいう「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違いは何なのでしょうか。詳しくは、「簡単、シャンパンとスパークリングワインの違い」にまとめていますが、さらりとお伝えすると違いは下記の通り。

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で生産される発泡性ワインで、ブドウ品種や栽培、醸造方法など、フランスのワイン法で定められている条件をクリアしたもののみが「シャンパン」であり、それ以外の発泡性ワインを「シャンパン」と呼ぶことは不可。価格もフルボトル1本、安くても3千円台後半~と高め。

一方、「スパークリングワイン」は、「シャンパン」以外の世界各国の発泡性ワインのことで、価格も幅広く、ワインコイン程度からとリーズナブルなものが多々あります。

では、シャンパンではなく、スパークリングワインをお祝いやプレゼントに選ぶメリットとは何なのでしょうか!?デメリットと合わせて次に見ていきましょう。

スポンサーリンク

スパークリングワインをお祝いやプレゼントに選ぶメリット!

シャンパングラスと海

スパークリングワインをお祝いやプレゼントに選ぶ最大のメリットは、リーズナブルな価格で購入できるということ。ワインコインから見つかるので、他のギフトとセットで贈りたいとか、予算が3千円程度という方にはピッタリなのです。

ここで気になるのが、スパークリングワインを選ぶデメリットですよね。デメリットは、各国の発泡性ワイン全てがスパークリングワインに該当するため種類が多く、選ぶ上で迷いが生じがちということ。この迷うストレス、実はかなり精神的な負担となるため、ある程度絞るか、オススメされるものから選んだ方がストレスが少なくなります。逆にNGな選び方は、クチコミ評価から探すこと。同じような評価のものが膨大にあり、その中から探すのは至難の業。迷いの渦にハマります。

ということで、次はお祝いやプレゼントにオススメのスパークリングワインを紹介しておこうと思います。

スポンサーリンク

お祝いやプレゼントにオススメのスパークリングワイン!誕生日や結婚祝いのオススメは!?

誕生日や記念日などお祝いにオススメのスパークリングワイン!

まず紹介するのは、下記の「フィオーレ・デル・アモーレ」

【価格】1500円程度~ *価格は変動します。

さすがイタリアのスパークリングワイン、逆さにするとまるで赤いバラの花束になるという、なんともロマンチックなボトルデザインです。とても目を惹くので、女性への誕生日や記念日などのお祝いギフトにオススメです。>>”フィオーレ・デル・アモーレ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

次は、恋人や夫婦間で贈る誕生日や記念日ギフトにオススメのスパークリングワイン「プルミエール ビュル・ナンバーワン」

【価格】2千円程度 *価格は変動します。

フランスのスパークリングワインで、「1」という数字がとても印象的。「1」は、1番、特別というようなイメージを連想するため、相手に好印象を与えることが出来ます。恋人や夫婦間など、大切な方へのギフトにオススメ。

実際、この「1」の由来は、このスパークリングワインの生産地であるリムーという地域が初めてスパークリングワインを造ったという背景から。(スパークリングワインの発祥は様々な説があります)>>”プルミエール ビュル ナンバーワン”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

あとは、芳醇感がありまろやかで温かい雰囲気を演出してくれる、下記の「フェッラーリ ロゼ」。

【価格】3千円程度 *価格は変動します。

イタリアのロゼスパークリングワインなのですが、ほんわかした和やかな雰囲気を演出できるロゼスパークリングワインなので、誕生日や記念日の夜を盛り上げてくれるスパークリングワインギフト。話も盛り上がることでしょう。>>”フェッラーリ ロゼ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

結婚祝いにオススメのスパークリングワイン!

結婚祝いといえば人生で数少ない特別なギフトシーンですよね。そんなギフトシーンにふさわしいのは、豪華さのあるスパークリングワイン。そんなスパークリングワインでオススメなのが、下記の「セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード」

【価格】3千円台~ *価格は変動します。

スペインのスパークリングワインで、ボトルデザインが美しく、第一印象を制してくれるスパークリングワインギフト。そこにあるだけで、豪華さや特別な時を演出してくれます。飲んだ後も、装飾品として飾る方がいるほど。生産者の”セグラヴューダス”は、スペイン王室御用達ワイナリーで、その生産者が造る最高級品に該当します。>>”セグラビューダス エレダード”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

次に紹介するのは、「ウェディング」という名が付いた、米国のスパークリングワイン「アイアン・ホース ウェディング キュヴェ」

【価格】6千円程度~ *価格は変動します。

スパークリングワインの中では高価ですが、”ウェディング”という名が付いている分、結婚というタイミングにふさわしく、サプライズ効果が期待できます。このスパークリングワインは、米国の5代政権に渡ってホワイトハウス公式スパークリングワインとなり、歴史的な場面で数多く振舞われたとされています。>>”ウェディング キュヴェ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

他には、下記のような「幸福」という名が付いた、「フェリスタス」。見た目にもゴージャスな金箔入りスパークリングワインです。

【価格】1700円程度~ *価格は変動します。

金箔入りスパークリングワインは、様々なものが販売されているのですが、このスパークリングワインは”フェリスタス”といって、ラテン語で幸福を意味する名が付けられています。結婚は幸福感溢れる時、そういった意味では、結婚祝いにオススメのスパークリングワインです。>>”フェリスタス”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

以上が、「お祝いやプレゼントにオススメのスパークリングワイン!」でした。華やかなスパークリングワインのギフトは、ギフトシーンにはぴったり。大切な人へのギフトで、日常とは違った「特別」を演出しましょう。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事