シャンパングラスと海

前回、”記憶に残るシャンパンリスト”をまとめてみましたが、シャンパン以外のスパークリングワインにも「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思える記憶に残るものがあります

でもシャンパンに比べると、ごくごく僅か。最近どちらかというとシャンパンの経験値を増やすことに重点を置いてしまっているのもありますが、スパークリングワインというと世界中の発泡性ワインとなり広範囲になるので、胸を打たれるようなスパークリングワインに出会う確率も少ない気がします。

ということで、個人的に記憶に残り、「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思えるスパークリングワインをリストにしてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思える。記憶に残るスパークリングワインリスト!

何がきっかけで記憶に残る!?記憶に残るスパークリングワインの条件!

私の場合、記憶ずっと残るスパークリングワインの条件は次の通り複数あって、下記いずれかに該当しています。

  • 感情が揺さぶられる
  • 圧倒的な視覚的優位さがある
  • 「楽しい」、「美味しい」という感情が刻まれている

ただ実際のところ、記憶に残る基準は人それぞれ違います。視覚的優位さについては好みが分かれますし、感情面での捉え方はその人の人生によっても異なります。

なので、次に掲載する記憶に残るスパークリングワインは、それぞれのスパークリングワインがどう私の記憶に残っているかも併せて記載していきます。

「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」記憶に残るスパークリングワインリスト!

勝沼醸造 アルガブランカ ブリリャンテ

【価格】5千円台~*価格は変動します。

国産のスパークリングワイン!このスパークリングワインは、有名なワインの漫画『神の雫』にも登場するものですが、飲んでいる間不思議な感覚に陥って遠い山を見ているような懐かしいような感覚が湧いたスパークリングワイン。

感情が揺さぶられて今でも記憶に残って忘れられない初めての国産スパークリングワインです。>>アルガブランカ ブリリャンテを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

キュヴェ クロスケ

【価格】2千円台~*価格は変動します。

フランスで有名な日本人ワイン醸造家が造り、あの有名なスタジオジブリとコラボしたフランスのスパークリングワイン。その名も「キュヴェ クロスケ」。醸造家は仲田晃司さんといって、有名なワイン漫画の「神の雫」にも登場し、フランスで活躍するワイン醸造家ということでテレビ番組でも取り上げられたことある著名人。

このスパークリングワイン、どんなところが記憶に残っているのかというと、まずは、あのスタジオジブリとコラボしたというインパクトですよね。「キュヴェ クロスケ」という名前も、ラベルに押印されている落款(らっかん)も思わずトトロを連想させ、人を惹きつけます。そして、次はワイン。「完熟したフルーツの良い香り」に癒されたこと、一口目から感じる「感動的な美味しさ」、爽やかながらもしっかりとした芯のある(コクのある)味わいが頭から離れず「もう一度飲みたい」と思わせるのです。>>キュヴェ クロスケを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

グラハム・ベック ブラン・ド・ブラン

【価格】2千円台~*価格は変動します。

南アフリカのスパークリングワインなのですが、飲んだ瞬間に「美味しさ」と共に、広大な草原のような映像が浮かび衝撃を受けた記憶がずっと抜けずにいます。

また、米国のオバマ元大統領や、南アフリカのマンデラ元大統領が大統領就任の記念に開けられたのが”グラハム・ベック”のスパークリングワイン。そんな背景や、リーズナブルな価格であることがさらにインパクトを残している気がします。>>グラハム・ベック ブラン・ド・ブランを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード

【価格】3千円台~ *価格は変動します。

スペインのスパークリングワインなのですが、このスパークリングワインは個人的にスパークリングワインの中でダントツの視覚的有意差があります。価格の割に、気品やゴージャス感があるボトルデザインで1度見てからずっと記憶に残っているスパークリングワイン。>>セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダードを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ドゥブル ヴィノ スプマンテ アリアニコ ロゼ

ドゥブル

【価格】3千円台~ *価格は変動します。

イタリアのロゼスパークリングワイン。有名なワインの漫画『神の雫』にも登場しています。

オレンジがかった夕日のような色をしていて視覚的にも記憶に残る上に、飲んだ際に感情を揺さぶられた感覚が抜けません。淡い楽しい思い出を振り返りなんだか切なくなるような、笑顔になるような、なんだか不思議な感覚が残っているスパークリングワイン。

販売されていたらラッキーというくらい、販売されている時期は限定的で希少です。>>ドゥブル ロゼを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

フェッラーリ ロゼ

【価格】3千円台~ *価格は変動します。

イタリアのスプマンテ(スパークリングワイン)では有名なのがこのフェッラーリ。有名な車の名前に似ていることからも覚えやすく、感覚的に親しみを抱きやすいですよね。

このフェッラーリのロゼ、香りも良く、コクがありまろやかで美味しいという印象もさることながら、とにかく会話が盛り上がり楽しい一時を過ごせたという満足感が記憶にずっと残っています。スパークリングワインで、深く話ができるものってあまり出会えない、そう考えるとまたリピートしたいと思える、貴重なロゼスパークリングワインです。>>フェッラーリ ロゼを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

以上が、「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思える。記憶に残るスパークリングワインリストでした。

これからもシャンパン同様、細々とスパークリングワインの経験値を積んでいくので、このリストに追加されるスパークリングワインもあれば、リストから外れるスパークリングワインも出てくるでしょう。この僅かなリストの中に、国産のスパークリングワイン、そして日本人が造るスパークリングワインが入っていることはすごく嬉しいですね。

記憶に残る、素晴らしいスパークリングワインに出会えることを願っています。それでは、また!

オススメ記事

Twitterでフォローしよう

オススメ記事