シャンパングラスと夕焼けの海

前回、”記憶に残るシャンパンリスト”をまとめてみましたが、シャンパン以外のスパークリングワインにも「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思える記憶に残るものがあります

でもシャンパンに比べると、ごくごく僅か。最近どちらかというとシャンパンの経験値を増やすことに重点を置いてしまっているのもあるけれど、スパークリングワインというと世界中の発泡性ワインとなり広範囲になるので、胸を打たれるようなスパークリングワインに出会う確率も少ない気がします。

ということで、個人的に記憶に残り、「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思えるスパークリングワインをリストにしてまとめておこうと思います!→そんなスパークリングワインに出会う度にどんどん追記していきます♡

当然ながら人によって好みが異なるので、”記憶に残る”シャンパン、”飲んで良かった”と思えるスパークリングワインは違うと思いますが、有意義なスパークリングワインタイムを計画する上で、少しでも参考になればと思います!

それでは始めましょう!

スポンサーリンク

「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思える。記憶に残るスパークリングワインリスト!

何がきっかけで記憶に残る!?記憶に残る”スパークリングワイン”の条件!

シャンパングラスに注がれたロゼ

私の場合、記憶ずっと残るスパークリングワインの条件は下記の通り複数あって、下記いずれかに該当しています。

  • 感情が揺さぶられる
  • 圧倒的な視覚的優位さがある
  • 「楽しい」、「美味しい」という感情が刻まれている

記憶に残るシャンパンリスト”でもお伝えしましたが、”記憶に残る”基準って、個人差があると思います。視覚的優位さも、人によって好みが分かれるだろうし、感情面における捉え方はその人の人生によっても異なるはず!

なので、次に掲載する”記憶に残るスパークリングワイン”は、それぞれのスパークリングワインがどう私の記憶に残っているか記載しておこう思います!

スポンサーリンク

「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」記憶に残るスパークリングワインリスト!

”勝沼醸造 アルガブランカ ブリリャンテ”

【価格】5千円台~*価格は変動します。

国産のスパークリングワイン!このスパークリングワインは、有名なワインの漫画『神の雫』にも登場するものですが、飲んでいる間不思議な感覚に陥って遠い山を見ているような懐かしいような感覚が湧いたスパークリングワイン。

感情が揺さぶられて今でも記憶に残って忘れられない初めての国産スパークリングワインです。

”グラハム・ベック ブラン・ド・ブラン”

【価格】2千円台~*価格は変動します。

南アフリカのスパークリングワインなのですが、飲んだ瞬間に「美味しさ」と共に、広大な草原のような映像が浮かび衝撃を受けた記憶がずっと抜けずにいます。

また、米国のオバマ元大統領や、南アフリカのマンデラ元大統領が大統領就任の記念に開けられたのがこの”グラハム・ベック”のスパークリングワインだった(別のスパークリングワインですが!)という背景や、価格が安いことがさらにインパクトを残している気がします。

ギフトとしても活用しているスパークリングワイン!

”セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード"

【価格】3千円台~ *価格は変動します。

スペインのスパークリングワインなのですが、このスパークリングワインは個人的にスパークリングワインの中でダントツの視覚的有意差があります。価格の割に、気品やゴージャス感があるボトルデザインで1度見てからずっと記憶に残っているスパークリングワイン!

”ドゥブル ヴィノ スプマンテ アリアニコ ロゼ"

【価格】3千円台~ *価格は変動します。

イタリアのロゼスパークリングワイン。有名なワインの漫画『神の雫』にも登場しています。

オレンジがかった夕日のような色をしていて視覚的にも記憶に残る上に、飲んだ際に感情を揺さぶられた感覚が抜けません。淡い楽しい思い出を振り返りなんだか切なくなるような、笑顔になるような、なんだか不思議な感覚が残っているスパークリングワインです!

以上が、”「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思える。記憶に残るスパークリングワインリスト”でした。

これからもシャンパン同様、細々とスパークリングワインの経験値を積んでいくので、このリストに追加されるスパークリングワインもあれば、リストから外れるスパークリングワインもあると思います!

記憶に残る、素晴らしい”スパークリングワイン”に出会えますように♡

それでは、また!

>>高いお金を払ってでも「飲んで良かった」、「もう一度飲みたい」と思える。記憶に残るシャンパンリスト!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事