シャンパングラスと海

『シャンパングラス、洗いづらいな・・、皆どう洗ってるんだろう・・。』シャンパンやスパークリングワインを飲む機会が増えるにつれて、ふと疑問に思っていたのがこのシャンパングラスの洗い方についてでした。

ということで、今回は一般消費者さん向けの”シャンパングラスの洗い方”について、まとめておこうと思います。

スポンサーリンク

シャンパングラスのおさらい!高いグラスと安いグラスの違い!

マネキネコ

シャンパングラスも色々なお値段のものが販売されていますが、高価なシャンパングラスほど、厚みも薄く繊細で割れやすいです。逆に安価のシャンパングラスの方が割れにくい。私自身、せっかくだからと高価なシャンパングラスを揃えたものの、何度割ってしまったことか。しかも割れてしまったときの9割は洗っている最中でした。なので、高価なシャンパングラスほど洗い方に注意が必要です。

では、実際のところ高価格なグラスと低価格のグラスでは何が違うのでしょうか。大きな違いはというと、ガラスの種類。高価なシャンパングラスは、クリスタルガラス、安価のシャンパングラスは、ソーダガラスと呼ばれるもの。そしてさらに、クリスタルガラスの中でもハンドメイドなのか、マシンメイド(機械での製造)かなどによって、価格差が生じてきます。

100円ショップや数百円で購入できるものは、ソーダガラスと考えると分かりやすい!

では、丈夫さの違いはどうなのかというと。ソーダガラスの方が、割れづらいです。我が家には、クリスタガラスとソーダガラスのシャンパングラスを両方持っているのですが、ソーダガラスの方は、少々雑に扱っても、なかなか割れません。逆に薄いクリスタルガラスのシャンパングラスはちょっと衝撃を与えただけで割れてしまったりします。

いずれにせよ、大事なシャンパングラス、破損せずに綺麗にしておきたいですよね。次は洗い方の基本について説明していきます。

スポンサーリンク

シャンパングラスの洗い方ー基本編ー

シャンパンとグラス

シャンパングラス、洗い方の基本はズバリ、『ぬるま湯で洗う!』はい、これだけ。洗剤を使わなくても良いとされていて、とても簡単です。

「冷水じゃだめなの!?」と驚いた方もいらっしゃるかもしれませんが、特に高価なシャンパングラスである、クリスタルガラスは、急激な温度変化に弱く破損の原因となります。ソーダガラスだと、経験上、全然大丈夫な印象がありますが、念には念をということで、ぬるま湯で洗いましょう!

ただ、我が家の場合は、

ぬるま湯だけで洗うのは、なんだか気になる。 洗い足りない気がする。

飲み口の汚れが気になるのです!なので、気になるようであれば、普通に食器用洗剤で洗ってOK。

ということで次は、洗剤をつけて洗う方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シャンパングラス、洗剤をつけて洗う方法!

洗剤をつけて洗う場合、使うスポンジは、研磨剤入りのものではなく、柔らかいスポンジで洗います。そこで問題になってくるのは、シャンパングラス(フルート型)は”細長いグラス”ということ。

普通のスポンジじゃ洗えない!!

ということで、細長いタイプのスポンジが必要になりますよね。高価なシャンパングラス(クリスタルガラス)の場合は、上記のようにワイイングラス専用のスポンジの利用が断然おススメ。我が家の場合、そんな500円程度のスポンジをケチったがためにペアで1万円近くするシャンパングラスを割ってしまい、大損した経験があります。>>”ワイングラス 専用スポンジ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

そして洗う時ですが、グラスの脚を持たないこと。グラスの脚を持つのではなくて、下記の画像のようにグラス底を片手で包み込むようにして持って、洗います。(下記画像は普通のワイングラスですが、細長いシャンパングラスの場合はスポンジも細長い方を使います)でないと力が加わって破損のきっかけに。丁寧に優しく洗いましょう。

「いやいや、高いスポンジはイヤ!」という方は、コップなどを洗うための取っ手のついた下記のようなスポンジが販売されているので(100円ショップにもあります!)、こういうタイプを利用して洗うことも可能ですが・・・、グラス底にスポンジを押し込めるようになるため、グラスに負荷がかかり破損の危険性があることだけは念頭においておきましょう。


スポンサーリンク

洗剤をつけて洗った後は!?どうやって乾燥させる!?

洗剤をつけて洗った後は、水を切って、自然乾燥・・でも良いのですが、水滴の後が気になったり、自然乾燥でガラスに白い水垢がついていたり、汚く見えてしまうことがあります。

そういう場合は、シャンパングラスの外側は”ワイングラス専用のクロス”を使うと綺麗に拭けます。普通の布巾で拭くと、繊維がワイングラスにつきますが、ワイングラスメーカーの”リーデル”などで販売されている下記のようなマイクロファイバー製の布巾(1千円台後半)だと繊維もつかずに綺麗に仕上げることができます。

>>”リーデル マイクロファイバークロス”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

拭くのは面倒くさいという方!自然乾燥だってもちろんOKなのですが水滴の跡がつきますね。私自身はというと、自分が飲む分には気にならないので自然乾燥させますが、お客さんに出すとなると、気になります。

 

以上、”シャンパングラスの洗い方について”でした。シャンパングラス、一体いくつ割ったことか。高価のものから順に割れていった気がします。みなさまの大事なシャンパングラスは、長く愛用できますように!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事