泡

シャンパンの専門用語で、『ブリュット(Brut)』という言葉があります。特にシャンパンやスパークリングワインに出てくる言葉なのですが、先に伝えてしまうと、

『ブリュット(Brut)』とは、甘辛度を示す言葉で、『辛口』という意味。

シャンパンやスパークリングワインの甘辛度においては、現在は『辛口』が主流なため、『ブリュット(Brut)』という言葉は頻繁に見聞きするはずです。

ということで、そんな”シャンパンの甘辛度”について今回はまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

『ブリュット(Brut)=辛口』、本当に辛いの!?

空に?の文字

”ブリュット”とは、『辛口』のこと。辛口というと、”唐辛子”や”からし”のような辛さが浮かぶ方もいらっしゃると思いますが、決してそういう辛さがあるわけではありません。

甘辛度の捉え方には多少の個人差があるとはいえ、辛口シャンパンを飲んで『辛い』という人はまず居ないです。『ブリュット(Brut)=辛口』のシャンパンを表現としてしっくりくるのは、『甘くない』。辛くはないけれど、甘くない。これが一番しっくりきますね。

シャンパンの甘辛度、種類一覧!

甘辛度表

『ブリュット(Brut)=辛口』について色々と説明してきましたが、シャンパンには『ブリュット(Brut)』以外にも、たくさんの甘辛度を示す用語があります。

ということで、シャンパンの甘辛度を上記画像の通りリスト化してまとめてみました。

ただ、この”甘辛度”について注意したいのが、日本語訳にはバラつきがあるということ。例えば、”Demi Sec(ドゥミ・セック)”の場合、ワインの専門誌や情報源によっては『甘口』と記載のあるところもあれば、”中甘口”と表現されていることもあります。このように日本語での表現方法には若干のバラツキがあるため、あくまで”甘辛度”のニュアンスを捉えるようにしましょう。

スポンサーリンク

この”甘辛度”、実際には何が違うの!?

空に?の文字

さて、この甘辛度ですが、それぞれ何が違うのかというと、具体的には『糖度の量』が異なります。それぞれの甘辛度と糖度の容量は下記の通り。*容量の範囲についても情報源によってバラツキがあるので、いくつか記載しています。

シャンパンの甘辛度と糖度!

超辛口:糖度0~3g or 3g 以下
(甘辛度表記)
・ブリュット、ナチュール(Brut Nature)
・パ・ドゼ(Pas dose)
・ドサージュ・ゼロ(Dosage zero)

極辛口:糖度6g未満 or 0~6g
(甘辛度表記)
・エクストラ・ブリュット(Extra Brut)

辛口:糖度12g未満 or 12g以下 or 15g以内
(甘辛度表記)
・ブリュット(Brut)

やや辛口:糖度12-17g
(甘辛度表記)
・エクストラ ドライ(Etra dry)

やや甘口:糖度17-32g or 17-35g
(甘辛度表記)
・セック(Sec)

甘口:糖度32-50g or 33-50g
(甘辛度表記)
・ドゥミ・セック(Demi Sec)

極甘口:糖度50g以上
(甘辛度表記)
・ドゥー(Doux)

スポンサーリンク

”甘辛度”はどこで分かる!?シャンパンのラベルを読む!

ドンペリのラベル

"甘口"か"辛口"を見分けるのは、甘辛度の表記さえ分かっていれば、とっても簡単。ほとんど全てのシャンパンボトル(ラベル)に甘辛度の表記があります。

例えば、上記はドンペリのラベルですが、黄色枠で囲んでいるところに”Brut(ブリュット)=辛口”と記載があるのが分かります。他にも、下記は”モエ・エ・シャンドンの甘口シャンパン”ですが、ボトル(ラベルの)の黄色枠部分に”Demi-Sec(ドゥミ・セック)=甘口”の表記があるのが分かります。

モエ アンペリアル ラベル

このように、シャンパンの場合は必ずラベルやボトル上に甘辛度の表記があるので、探してみましょう!

スポンサーリンク

ギフトや贈り物の場合、”辛口”、”甘口”どちらがオススメ!?

モエ・エ・シャンドン

シャンパンの主流は現在”辛口”のため、”甘口”は「邪道(じゃどう)」と言う方もごく一部います。でも、シャンパンの歴史の中では”甘口”が主流だった頃もあり、こればかりは個人の好みも影響しますね。

そこで、目安として、”辛口シャンパンがオススメなタイプ”と”甘口シャンパンがオススメのタイプ”を下記まとめてみました。贈り先様がどのどちらのタイプが想像しながらギフトやプレゼント選びの参考にしてみてください。

”辛口”シャンパンがオススメなタイプ!

下記に該当する方へは”辛口”シャンパンがオススメです。

  • スイーツは好まない
  • 王道や伝統が好き
  • カクテルや甘いお酒は飲まない、もしくは飲んだところを見たことがない
  • 他に飲用するアルコール類は、ビール、焼酎、ビールなど

ギフトにオススメの”辛口シャンパン”は!?

ギフトにオススメなのは赤ワインの造り手で有名な”ロスチャイルド家”が手がける”辛口シャンパン”、”バロン・ド・ロスチャイルド ブリュット”。一口目のインパクトが強く、美味しさに圧倒されるシャンパン。何度もリピートしたくなります。

バロン・ド・ロスチャイルド ブリュットを見てみる

”甘口”シャンパンがオススメなタイプ!

下記いずれかに該当する方へは、”甘口”シャンパンがオススメ!

  • 甘党、スイーツが大好き
  • お酒は基本的に、カクテルや甘いお酒を好んで飲んでいる
  • アルコールに弱い
  • 日本酒やビール、焼酎などの甘くないお酒は苦手

ギフトにオススメの”甘口シャンパン”は!?

ギフトにオススメの甘口シャンパンは、上記の”モエ・エ・シャンドン アイス・アンペリアル”。細長いシャンパングラスではなく、普通のワイングラスに氷を入れて楽しむカクテルタイプの甘口シャンパンで、デザートのような美味しさで飲みやすく、驚く方もいるはず。そして、甘いけれど、後味は甘さは残らずすっきりです。

モエ・エ・シャンドン アイス・アンペリアルを見てみる

もし、”辛口”・”甘口”どちらにするか迷ったらどうする!?

はてな

贈り先様の好みが分からず、迷ってしまった場合は、”辛口”を選びましょう。辛口にしておけば、リキュールを足したり、ジュースなどを足してカクテルにするなど、甘くなるようアレンジが可能です。

>>”辛口シャンパン”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

以上が、『”ブリュット”って何!シャンパンの甘辛度と選び方!』でした。

甘辛度は、実際に飲んでみることで理解が深まります。”辛口”、”甘口”シャンパン、1度はチャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事