結婚式

結婚式の後に行われることの多い披露宴やパーティー、「乾杯のお酒をどうするか、シャンパンにするのか、他のお酒にするのか」、主催者側(新郎、新婦)が悩むことがあります。

なぜ悩むかというと、シャンパンは価格が高めだからなんですよね!

かといって、シャンパンにしないと、そこだけ力を抜いたように思われて恥ずかしい、招待客に失礼なのでは・・と不安になります。

ということで、今回は、新郎新婦側の立場にたって、披露宴やパーティーの乾杯にシャンパンを選ぶことのメリットとデメリット、整理していきたいと思います。

スポンサーリンク

披露宴や結婚パーティ、乾杯は"シャンパン"じゃないと、招待客に失礼なの!?白ワインじゃダメ?

シャンパンで乾杯

1. まずは、披露宴やパーティー開催の目的を整理!

ハート

まずは、披露宴やパーティーを開催する目的を整理することで、目先の予算の問題から一度離れ、本当に”シャンパン”が必要なのか知りましょう!結婚披露宴やパーティの目的って、主に下記2つがあります。

  • 結婚したことを、報告し、お披露目する!
  • 世話になっている方々にご挨拶し、今後のご縁を育む!

つまり、披露宴やパーティ(二次会など)は、結婚をする当事者が報告や挨拶をする場を設け、お世話になっていた、もしくはお世話になっている方々に足を運んでいただく場。今までの感謝を表す場でもあり、これからのお付き合いに向けて縁を繋ぐ場でもあります。

つまり、披露宴や結婚パーティについては、新郎・新婦がこの”目的”を達成すれば良い!この目的を達成するのが実は一番大事。結婚式や披露宴、パーティの計画が進むにつれて、予算との攻防戦が始まるんですよね!もうね、キリがなくて、考えるのに疲れ果ててしまいがち。そうなると費用で物事を決めようとし始めます。

でも、予算だけで決めると、後悔が残る可能性があって、オススメしません!予算と同時に、上記の目的を達成することが大事です!”乾杯のお酒を何にするのか”についても同じ、上記の目的を達成するために、「シャンパンが必要なのかどうか」を考えればOkです!新郎・新婦が後悔しない選択をしましょう!ということで、

「乾杯にシャンパンは必要ですか!?」

この記事を読み終える頃には、おのずと答えは出てくると思います!

ではでは、次は乾杯にシャンパンを使うメリットとデメリットを見ていきます。

スポンサーリンク

2. 乾杯をシャンパンにするメリット!

シャンパングラス

”シャンパン”のメリット!
  • 『特別感』、『フォーマル感』を瞬時に演出でき、場が引き締まる!
  • 黄金色、立ち上る泡が華やかさを放ち、慶事を連想させる!
  • ザ・王道”のため、心の負担や負い目がない!

『シャンパン』は、日本中で「特別」、「フォーマル」、「格式高い」、「高級」、「お祝い」と言ったイメージが浸透しています。そんなイメージが周りの人々と瞬時に共有できるのが、『シャンパン』の最大の魅力。

イメージが共有できることで、シャンパンで乾杯となれば、一瞬にして「特別な日」を演出することができます。それに加え、グラスに注げば黄金色で香りが広がり、立ち上る泡は上昇気流のようで、見ているだけで心癒され華やかさが増します。

また、シャンパンを選べば、慶事の乾杯において”王道”という印象があるため、気負いやストレスがかかることはまずありません。

スポンサーリンク

3. 乾杯をシャンパンにするデメリット

”シャンパン”のデメリット!
  • ズバリ、料金が高い!

誰もが分かるデメリットが価格!新郎新婦にとっては大きなデメリットなはずです!

シャンパンの場合、小売店で買うことを考えると、安くともフルボトル1本(750ml)3000円代~。これが披露宴ともなると、サービス料も加算されるはず!招待客の人数が多ければ多少の割引はあったとしても、高価になります!

ただ、シャンパンではなく、スパークリングワインにすれば、値段が大分下がるはず。シャンパン以外のスパークリングワインも、発泡性ワインであることから、「特別」、「フォーマル」、「お祝い」といったイメージを抱きます。また、シャンパンと同じように、黄金色や立ち昇る泡もあります。予算に制限があるけれど、発泡性ワインを希望している場合は、スパークリングワイン確認してみましょう!

>>10の特徴で簡単解説!シャンパンとスパークリングワイン、ここが違う!

4. 乾杯、白ワインやスパークリングワインじゃダメ?招待客に失礼?

並ぶシャンパングラス

”招待客に失礼なのでは?”と不安になること、結婚式や披露宴の準備でたくさんありますよね。費用との兼ね合いもあり、思いのほか、クタクタになります。結論から言えば、

『白ワインかスパークリングワインなら、スパークリングワインがオススメ!』

なぜなら、”スパークリングワイン”は、シャンパンよと同じようなメリットが得られるからです!黄金色で立ち昇る泡が「特別感」、「お祝い」といった印象を与えてくれます。一方で、白ワインだと、特別感はどうしても薄まり、なんとなく場が引き締まらない印象があります。

スポンサーリンク

5. まとめ!

シャンパングラスと夕焼けの海

結局のところ、予算によって、シャンパンかスパークリングワインを決めるのがオススメ!

好きなシャンパンやスパークリングワインがあり、それを振る舞いたい!そんな気持ちがあれば、銘柄にこだわっても良いのですが、特にないのであれば、予算に応じて選択すれば良いと思います。

披露宴に招待された立場から考えると、結婚披露宴やパーティって、お酒を飲むことが目的ではなく、新郎・新婦の晴れ姿を見てお祝いするのが目的なので、シャンパンやスパークリングワインの銘柄で不快になることはないと考えてOK。

そして、白ワインよりは、断然、その場を華やかにしてくれるスパークリングワインがオススメです!

 

以上が、『結婚式や披露宴、乾杯は "シャンパン" じゃなきゃダメ?シャンパンを選ぶメリット、デメリット!!』でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事