シャンパングラスと海気温が高い季節に、シャンパンやスパークリングワインを配送しようとすると、『クール便』での配送をオススメされます。でも、クール便だと通常配送よりも費用がかかるので、そんなにデメリットがないのであれば、通常配送にしたいところですよね。

でも、暑い季節は、「クール便」が断然オススメなのです。なぜなら、劣化リスクを抑えるため。プレゼントやギフト、贈り物であればなおさらです。では、具体的にクール便で配送しないことで起こるデメリットは何なのか。おさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

シャンパンやスパークリングワイン、なぜクール便なの!?クール便にしないと何が起こるの!?

泡

気温の高い季節、夏などにクール便で配送しないことで起こるデメリットは次の通り。どれも、シャンパンやスパークリングワインを楽しむことが出来なくなるという致命的なデメリットです。

クール便にしないことで、起こるデメリット!
  • 瓶内が高温になることで、コルクが変化し、ワインが瓶口から漏れる可能性がある(液漏れ)
  • 液漏れすると、量が減り、空気に触れることで酸化が進む
  • 酸化すると、ガスが抜けてしまったり、異臭がしたり、変色したり、本来の美味しさが損なわれる

 

これらのデメリット、実は配送に限らずに、高温の場所にシャンパンやスパークリングワインを置いてしまったり(車中など)、高温の中での持ち運びという状況下でも起きる可能性を秘めています。そしてこれは、シャンパンやスパクリングワインだけではなく、普通の赤・白ワインでも同じこと。ただ、ガスが抜けてしまうということはシャンパンやスパークリングワインだけのデメリットになります。

ワインは空気に触れてしまえば、酸化していきます。ある程度の酸化は、ワインをまろやかにするなど良い面もあるのですが、過度に酸化してしまうと、異臭(まるでお酢のような)を含めとても楽しめる状況ではなくなってしまいます。

そもそも、ワインは酸化リスクを抑えるよう配慮されているんですよね。自然派ワインなどの一部を除いて、ワイン全般には、酸化防止剤が入れられています。下記画像は我が家で開けたシャンパンですが、ボトル裏に「酸化防止剤」の記載があるのが分かります。(水色で下線を引いた部分)

 

シャンパン裏ラベル

この酸化防止剤が入っているということは、酸化がいかにワインにとってデメリットになるかを表現しているようなもの。

もしも、そんな劣化したシャンパンやスパークリングワインがプレゼントやギフト、贈り物として贈り先様に届いてしまったら・・・。贈り主の、信用を失くしかねません。だからこそ、暑い季節は多少割高であっても『クール便』を選択すべきということなのです。

 

以上が、『シャンパンやスパークリングワイン、夏の配送は、なぜクール便じゃなきゃいけないの?』でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事