シャンパングラスと夕焼けの海

暑くなると、冷えたシャンパンが飲みたい!夏気温が高くなると、ついつい冷えた発泡性ワインを探してしまいます。

でも、実は、"夏のシャンパン購入には、注意が必要"!

購入する目的が、贈り物ならなおさらなんです。なぜなら、

『シャンパンは日本の夏に弱く、劣化を招きやすいから!』

なんです。シャンパンは、決して安くない!だからこそ、費用を出して買ったシャンパンが美味しくないなんてもったいない!まして、それがお祝いの贈り物であるのなら、せっかくのお祝いの気持ちが台無しになってしまいます。

ということで、”夏場のシャンパン購入における注意点について”、今回はまとめたいと思います。

スポンサーリンク

夏のシャンパン購入、ネットショップがオススメ!理由とは!?

はてな

夏のシャンパン購入で気を付けたいのは、"シャンパンをどこで買うか?"、ということ!届ける場所に応じて買う場所に注意が必要!なぜなら、長時間の持ち運びになると、シャンパンの劣化を進めてしまう大きな要因の、"紫外線(日光)"、"高温"に晒(さら)されてしまうから!

持ち運びに時間がかかり、その間に車内に置きっぱなしにしてしまったり、高温の場所に長時間置かれていたりすると、シャンパンの劣化リスクが一気にアップします!

>>そもそも『劣化』って何!?

しかも、シャンパンボトルは普通のワインボトルよりも空気圧に耐えられるように瓶が厚く思いため、重く、時間が経てばたつほど負担が大きくなります。

贈り先や届け先(シャンパンを必要とする目的地)の目の前にワインショップがあり、購入後すぐに目的地に到着し、保存できる場所があるのであれば、ネットショップを利用する必要はないけれど、そうでなければ夏場は特に、直接届け先にクール便で配送してくれるネットショップをオススメしています。

ワインショップなど、ワインを取り扱うネットショップであれば、適切な環境に保存してある場所からシャンパンを梱包し、クール便で宅配してくれますし、優良なネットショップであれば、梱包においても劣化要因の”振動”を最小限に抑えるように、緩衝材が入れられ、固定されて届きます。外で持ち運ぶよりも、気温変化や紫外線を浴びる時間が断然に少ないんですよね。おのずと劣化リスクも低くなります。

段ボール箱の中

ただし、シャンパンは保存状態が鍵を握るので、優良ショップを選ぶこと。クチコミの良いショップを利用することをオススメします。ショップによって梱包の仕方や、ラッピング対応も差が出ます!当サイトでは、"ギフト購入レポ"と題して、梱包状態などの画像を含めて購入レポートも掲載しているので、ショップ選びの参考に宜しければどうぞ!

ネットショップは顔が見えないから不安という意見もありますが、逆に直接見られないからこそ、クチコミが命。保存状態が悪かったり劣化したワインばかりであれば、ワイン通やワイン好きの方からの評価はおのずと下がり、注文が減ります。つまり、ネットショップでの販売自体が成り立たなくなるはず。なので、劣化や持ち運ぶ負担を考えると、我が家は割と安心してネットショップを利用しています。

 

以上が、”夏場にシャンパンを購入する時の注意点”でした!

それでは、また!

>>シャンパン、自宅での保存方法は?自宅保存の注意点!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事