クーラーバッグ

シャンパンやスパークリングワインは冷やして飲むもの。そして、赤・白ワインと違って、ガス圧に耐えられるようボトルはガラスが厚くなっているため、フルボトル1本でもかなりの重さ(約2kg)あります。そうなると、気になるのがシャンパンやスパークリングワインの持ち運び方法。

少し持ち歩いただけでビニール袋などは持ち手が伸びてしまう上に、重くて長く持ち歩くのは腕や手に負担がかかりキツイのです。さらに、夏場、気温が高い中での長時間の持ち歩きは劣化のリスクが出てきます。>>シャンパンやスパークリングワイン、夏の配送はなぜクール便じゃなきゃいけないの?

では、シャンパンやスパークリングワインの持ち運びはどうすれば良いのでしょうか。まとめていきましょう!

スポンサーリンク

シャンパンやスパークリングワインの持ち運びには、ワインバッグやクーラーバッグが便利でオススメ!

シャンパンやスパークリングワインの持ち運びには、ビニール袋から紙袋、専用バッグなど色々と種類があるのですが、持ち運びやすさや強度、劣化リスクなどを踏まえると、持ち運びしやすいのは「ワインバッグ」→「クーラーバッグ」→「紙袋」→「ビニール袋」の順になります。一押しはワインバッグ、そして次にクーラーバッグですね。

これまで、外出先で欲しいシャンパンやスパークリングワインを見つけて咄嗟に購入するのですが、やはり一番ネックなのは持ち運び。すぐに車に乗って移動なら良いのですが、持ち歩きとなるとキツイ。特にビニール袋は一番しんどいですね。紙袋が有料というショップだとつい、「ビニール袋でがんばるか」となり、そのまま持ち運びながら帰路につくのですが、ボトルの重さにビニール袋が耐えかねて持ち手がどんどん伸びてしまい、もう底を持たなければいつ切れるかハラハラドキドキなんてこともしょっちゅう。そして、持ち運び時間が長ければ長くなるほど腕や手も痛くなります。

そして紙袋だと、ビニール袋よりは丈夫なのですが、心配なのは雨と長時間によって出来るしわやよれ。そしてビニール袋でも一緒なのですが、夏場の長時間の持ち運びは高温に晒(さら)されることになり、劣化リスクも心配になってくるのです。

そんなわけで、オススメしたいのがワインバッグやクーラーバッグなのです。でも、ワインバッグとクーラーバッグ、何が違うのでしょうか!?

ワインバッグとクーラーバッグの違いとは!?

はてな

ワインを運ぶという意味では、クーラーバッグもワインバッグの一部と考えられ、実際に販売されているものには明確なすみ分けはありませんが、分かりやすく違いを言えば、冷やすことが出来るか出来ないかの違いがあります。

つまり、ワインバッグは、ワインを持ち運ぶことが目的で、シャンパンやスパークリングワインでいえば持ち運んだ先ですぐに飲むということには不向き。なぜなら、シャンパンやスパークリングワインは冷やして飲む必要があるからです。

逆に、クーラーバッグは、持ち運び+すぐに飲めるというシーンに活躍できるバッグであり、真夏の高温多湿下での持ち運びにおいては劣化防止の目的も期待できます。

価格についてはどちらもリーズナブルなものがあるので、一概には言えませんがクーラーバッグ機能がついているバッグで機能性が優れているものは高価になる傾向があります。また、機能性が優れたクーラーバッグの方が見た目にも重厚感があり、気軽さというい面では劣るかと思います。

では、そんなワインバッグとクーラーバッグ、それぞれどんなタイプ(種類)があるのでしょうか。

ワインバッグってどんなものがある!?ワインバッグの種類!

ワインバッグの特徴は、持ち運びが主目的であり、冷やす機能はないこと。そして、人にプレゼントする際にバッグごとプレゼントすることも可能なこと。そんなワインバッグの種類は簡単に分けると次の通り。

  • 機能性が優れたタイプ
  • 見た目が優れたタイプ

機能性が優れたタイプとは、断熱や防水が期待できる生地を利用しているなど、ワインを持ち運ぶことに特化したバッグのこと。例を出すと、下記のワインバッグは機能性に優れたタイプのもの。

【価格】一千円台後半~(2個セット)*価格は変動します。

断熱や耐水性のある素材を使って作られているバッグだそうで、衝突防止にもなるバッグ。ブラックでシックなデザインも服などに合わせやすく、とてもリーズルなお値段。低価格なので保ちは分かりませんが、個人的には価格からも数回利用できれば満足感が得られそうです。断熱とありますが、密閉されるわけではないので、保冷目的では難しいと捉えています。

逆に見た目が優れたタイプのワインバッグの例を挙げると下記のようなもの。

【価格】5千円程度~(10枚セット)*価格は変動します。 

麻素材のワインバッグで、デザインもオシャレ。こういったオシャレなワインバッグも多数販売されています。ワインをプレゼントする際にバッグも一緒にお渡しするのもアリ。そういった目的でも使えるのがワインバッグです。>>ワインバッグを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

クーラーバッグってどんなものがある!?クーラーバッグの種類!

ブルーノパイヤール ロゼ

クーラーバッグというと、食品などの持ち運び用のものも入ってしまいますが、ここではワイン単体で持ち運べるクーラーバッグのことを意味しています。そんなクーラーバッグですが、簡単に種類分けをすると次の通り。

  • ワインの劣化防止に長けた機能性タイプ
  • カジュアルに冷やすタイプ

ワインのことを考え、劣化防止に長けた機能性タイプだと次の通り。しっかりと重厚感のあるバッグ感が出ます。

【価格】6千円程度~*価格は変動します。

中を開けると下記の通り。

まさに保冷バッグという印象です。他にも、同じようなタイプで少しリーズナブルなものもあります。

【価格】3千円程度~*価格は変動します。

これらのバッグは、数本持ち運びできるタイプですが、1本のみのクーラーバッグもあります。

【価格】4千円台後半~*価格は変動します。

どれも、チャックがありなるべく密閉できるように出来ているバッグで、保冷剤などを入れれば、より保冷機能が期待できるバッグです。>>クーラーバッグを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

では、カジュアルタイプだとどうなのか。カジュアルなクーラーバッグは、次の通り。氷や保冷材を入れて簡易的に冷やせるタイプです。


【価格】5百円程度~*価格は変動します。

上記のクーラーバッグは見た目にもオシャレですが、こういうタイプのクーラーバッグは密閉の期待は出来ないため、短時間の持ち運びか、アウトドアでシャンパンやスパークリングワインを飲む、アウトドアでシャンパンやうスパークリングワインを冷やすということに長けています。>>アイスクーラーバッグを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

以上がワインバッグとクーラーバッグについてですが、では、オススメは一体どれなのでしょうか

スポンサーリンク

シーンによって違う!?シャンパンやスパークリングワインの持ち運びにオススメのバッグはどれ!?

実は、シャンパンやスパークリングワインの持ち運びにオススメのバッグは、シーンによって、そしてワインに対する情熱によってオススメが異なってきます。

まず、アウトドアで冷やして飲むためのオススメバッグは、下記のようなアイスバッグ。


【価格】5百円程度~*価格は変動します。

冷やして飲む必要があるシャンパンやスパークリングワインをアウトドアで楽しむ上で、氷と水があれば冷やせるという簡易さはアウトドアでは魅力的。>>冷えていないシャンパンやスパークリングワイン、当日に冷やす方法とは!?冷やす時間は!?早く冷やす方法! たとえ汚れても気にならない価格なので、気兼ねなく使えます。>>アイスクーラーバッグを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

次に、シャンパンやスパークリングワインをプレゼントとして渡すシーンを考えてみましょう。当日すぐにその場で開ける必要がないことから、夏場でなければさほど保冷を意識しなくても済むため、下記のようなオシャレなワインバッグ、

【価格】5千円程度~(10枚セット)*価格は変動します。 

もしくは、ワイン用の紙袋がオススメ。ただ、長時間の持ち運びや他に大きな荷物をかかえての持ち運びの場合は、紙袋だとヨレてしまうため、上記のようなバッグがオススメです。デザイン性のあるバッグだとバッグごとプレゼントするの素敵です。>>ワインバッグを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

最後に、ワインへの情熱が熱く、とにかく劣化が心配、品質をしっかり保ちたいという方。また、日常的にワインを飲む方で、しょっちゅうワインを持ち運ぶという方は、下記のようなしっかりとしたワインバッグがオススメ。

【価格】6千円程度~*価格は変動します。

こういったしっかりとしたバッグだと、オープナー、布巾なども入れらるスペースがあるものも多く、数本のワインを倒れることなく入れられたり出来るため、品質維持や劣化防止への安心感がよりあります。

また、持ち運びが定期的、もしくは複数回ある場合は、バッグの持ちも気になるところ。ある程度しっかりしたバッグで長持ちしてほしい思いがあります。よって、こういったしっかりめのクーラーバッグがオススメです。>>クーラーバッグを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

最後に、夏場のシャンパンやスパークリングワインの持ち運びの注意点について、お知らせしておきます。

夏場のシャンパンやスパークリングワインの持ち運びは要注意!

シャンパングラスと夕焼けの海

シャンパンやスパークリングワインはとてもデリケートと言われていて、特に高温多湿になる季節の長時間の持ち運びには劣化リスクが高まるので注意が必要です。高温になる車内に放置は絶対NG。>>そもそも『劣化』って何!?

高温多湿の季節といえば夏、そんな時期の長時間の持ち運びはクーラーバッグでの持ち運びをオススメします。温度が上がり過ぎないよう、そして適宜保冷剤などで保冷しながら持ち運びましょう。

以上が、シャンパンやスパークリングワインの持ち運び方法、ワインバッグやクーラーバッグについてでした。

BBQやホームパーティの手土産やアウトドアにシャンパンやスパークリングワインを持っていきたい、そんな方も多いはず。そんな時の持ち運びの参考になれば嬉しいです。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事