夜景とワイン

「ワインは高い。」

一時、ワイン購入のにおける出費が気になり、今後もワインを飲むべきなのか、そんな思いに囚(とら)われてワインの購入を躊躇したことがあります。確かにビールと比べてしまえばワインは高い。だからこそ、ワインにお金を投じることが無駄遣いのように思えてしまったのです。

「あのワインを買わなければ、あれが買える」、「ワインを他のお酒にすれば、貯蓄が増える」

そう考えだしたら、ワインの購入をどんどん躊躇するようになりました。そして、私がワインの購入を躊躇している中、当たり前のようにワインを購入してくる夫の行動も気になるように・・。挙句の果てには、最近飲んだワインを頭で思い浮かべて、合計でいくら使ったかを考えたら、思わず身震い。

ここまで考えが及ぶと、お金への執着が強すぎてしまって出費自体が恐怖に。ついに、「夫に言うしかない」、そう思いこの一言を出しました。

スポンサーリンク
「ワイン、やめようか。」

泡

ついに夫に「ワインをやめないか」と問うまでに至ってしまったのです。

こんな話、きっと私達だけではないはず。多くの人が、「ワイン」と「お金」の間で揺れ動いています。なぜなら、ワインの世界は底なし。世界中でワインが造られているし、飲みたいワインは尽きない。それに、1本○万、○十万、○百万するものだってあります。

だからこそ、ワインにハマってしまうことで、出費がかさみ、出費への不安や恐怖が出てきます。それはワインを飲む本人ではなく、ワインを飲む人を近くで見ている身内や家族の方(ほう)が不安を抱く可能性も大いにあるんですよね。

そんな出費への不安や恐怖が出てくると、「ワイン」か「お金」どちらか一方を選ばないといけないという思考にどっぷりハマってしまいがち。でもよく考えてみると、実は選択肢を1つ忘れているこどに気づきます。

それは、「時間」という選択肢があるということ。「ワイン」を飲んでいることで人と共有している”時間”も、選択肢の1つなのです。

スポンサーリンク
ワインが人間関係を深める”時間”を生み出していたことに気づく。

アンティーク

私達でいえば、ワインを飲んでいる間は唯一の夫婦の時間だったのです。一緒にワインを共有することで、コミュニケーションを生み、良好な夫婦関係を維持することが出来ていました。

だから、私たちにとってワインをやめるということは、単純に言えば夫婦の時間をなくすということに繋がります。これは、私たち夫婦にとっては大きな大きなデメリット。

私達の理想の未来を思い描くと、老後も夫婦で楽しく生活している姿が浮かびます。それにはもちろんお金だって必要です。でも、いくらお金があっても夫婦の関係が崩れていたら、本末転倒なのです。だからこそ、ワインをやめる決断はそんなに簡単なことではない、夫婦で話し合っている内に、ふと気づきました。

結局、我々夫婦は、「時間」を選択し、今もワインを飲み続けています。もちろん、制限付きだけれどね。でも制約があるからこそ美しく有意義な時間を過ごせている気がします。

「時は金なり」、ことわざの偉大さを知った出来事でした。

今日の1本:”テタンジェ プレリュード・グラン・クリュ”

【価格】7千円程度*価格は変動します。

歴史のある家族経営で、有名なシャンパンブランド”テタンジェ”。この、”プレリュード”は「前奏曲」という意味で、『時(瞬間)- L'Instant Taittinger』というコンセプトのもと造られた辛口シャンパン。

”ワイン”が私たち夫婦の時間を生み出してくれた背景に相応しい、時の”始まり”を感じさせるシャンパン。

>>”テタンジェ プレリュード・グラン・クリュ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事