ボランジェ

有名どころの”シャンパンブランド”を素人目線で解説していくシリーズ、第11弾!

今回は、英国王室御用達であり、あの有名な映画”007”に登場し、ジェームスボンドが愛飲するシャンパンとして有名な、『BOLLINGER(ボランジェ)』について、まとめておこうと思います!

>>他のシャンパンブランド一覧!

スポンサーリンク

『BOLLINGER(ボランジェ)』とは!?どんなシャンパン!?

---ボランジェとは!? 目次 ---

  1. ボランジェ、単語で表現するなら!?
  2. 贈り物としてはどう!?
  3. ボランジェの種類
  4. ボランジェの歴史
  5. ボランジェの特徴
  6. ボランジェのブランドイメージは!?
  7. 実際に飲んでどうだった!?

-----

ボランジェ、単語で表現するなら!?

”ボランジェ スペシャル キュヴェ”(最も一般的なタイプ)を飲んで、単語で表現するのなら、下記の通り!

-----

  • 分かりやすい
  • 男性的
  • 陽性
  • エネルギッシュ
  • やんちゃ
  • セクシーさ
  • 品のある
  • ワイワイ
  • コクのある

-----

贈り物としてはどう!?

ボランジェは、映画”007”、そしてジェームスボンドのイメージがとても強いので、贈り物としては分かりやすく、ワイン初心者さんへの贈り物としても活躍できるはず!

品がありながらも陽気で、気軽にワイワイと楽しめる雰囲気があるので、若い方から年配の方まで、幅広く贈れるシャンパン。

>>”ボランジェ”を探す(楽天)、(amazon)

ボランジェの種類

ボランジェの種類は下記の通り!下記の”R.D.”からは、ワイン好きさんや、ワイン玄人さん向きかなと感じます!

--種類 目次--

-----

スペシャル キュヴェ

ボランジェのもっともスタンダード(一般的)な辛口シャンパン!ブランドの公式ページでは、”濃密さ”と”繊細さ”という言葉で表現されています。

マグナムボトルで5~15年間熟成したワインをブレンドして造られる、シャンパン。

>>”スペシャル キュヴェ”を探す(楽天)、(amazon)

ロゼ

上記のロゼタイプシャンパン!

>>”ロゼ”を探す(楽天)、(amazon)

ラ・グランダネ

ボランジェのヴィンテージシャンパン!

ヴィンテージシャンパンとは、単一年に収穫されたブドウのみを使って造られるシャンパンのこと。

このボランジェの、ラ・グランダネは、ブドウの出来が良いとされる当たり年にのみ造られるシャンパン!

>>”ラ・グランダネ”を探す(楽天)、(amazon)

ラ・グランダネ ロゼ

上記のヴィンテージシャンパンのロゼタイプ!

>>”ラ・グランダネ ロゼ”を探す(楽天)、(amazon)

R.D.

ボランジェの最高級ランク(プレスティージュ)のシャンパン!

このR.D.とは、”Recenmment Degorge(レサマン・デゴルジュ)”の省略した言葉で、製造工程の1つである澱抜きを出荷直前に行うとういことを意味しています。これは、ボランジェの特徴的な作業。そして、澱抜きされた日付がボトル裏に記載されているそうです!

>>”R.D.”を探す(楽天)、(amazon)

ヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズ

上記の最高級ランクの上を行く、とても希少なボランジェ!

ブラン・ド・ノワールといって、黒ブドウのみで造られたシャンパンですが、この黒ブドウがとても希少な古木から収穫されたもの。その古木は、接ぎ木をしていない純粋な古木で、フランスでもごく僅か。

ミステリアスで他のシャンパンとは比較できないほど個性のあるシャンパンだそうです!お値段も、グンと上がります!

>>”ヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズ”を探す(楽天)、(amazon)

ボランジェの歴史

ブドウ畑

創業は1829年、ジャック・ボランジェによって出来たブランド。途中、第二次世界大戦の間は、ジャック・ボランジェの死後、夫人であったリリー・ボランジェが跡を継ぎ、発展を遂げることに。

戦後、彼女は今のボランジェのシャンパン造りの基礎となる、ブドウ畑を購入。現在では、シャンパン造りに必要な約70%を主にグランクリュ(特級畑)、プルミエクリュ(一級畑)に該当する自社畑から収穫可能なのだそう。

ボランジェの特徴

 

  • 創業一族が今もなお、伝統を引き継ぐブランド
  • 英国王室御用達シャンパン
  • 映画007に多々登場!ジェームスボンド愛飲のシャンパンとして有名
  • ステンレスタンク、樽発酵の両者を取り入れている生産者
  • シャンパン造りに必要な70%のブドウは、主にグランクリュ(特級畑)、プルミエクリュ(一級畑)に該当する自社畑のもの

ボランジェのブランドイメージ、印象

ボランジェ

英国王室御用達というのと、”007”、ジェームスボンドというイメージがとても強いので、品がありながらも気軽さ、やんちゃでエネルギッシュな印象があります!

だからか、陽気で少年の心を忘れていない男性のイメージが強かったですね!

品があると、どちらかというと落ち着いた大人の雰囲気を感じがちですが、ボランジェは、ワイワイとした陽気さも感じるシャンパン。

実際に素人として飲んで、どうだった!?

シャンパングラスと夕焼けの海

一口目でガツンとエネルギッシュな印象を与えくれました!とにかく一口目から、美味しさが分かりやすい!

品はあるものの、しっぽり落ち着いた時間は流れずに、陽気で気軽に飲むことが出来ました!

ただ、冷蔵庫で保管していたものを飲む場合、冷えすぎていているので、早飲みせず、ゆっくり温度が上昇していくの待って飲むのがオススメ。冷えた状態よりも、温度が上がってきてからの方が、香りや濃厚さが初心者でも実感できます。

----

以上が、”有名シャンパンブランド『BOLLINGER(ボランジェ)』の簡単まとめ”でした!

それでは、また!

>>”ボランジェ”を探す(楽天)、(amazon)

>>他のシャンパンブランド一覧!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事