ポルロジェ

有名どころのシャンパンブランドを一般消費者さん目線で解説していくシリーズ第10弾。今回のシャンブランドは、英国王室御用達で有名、ウィリアム王子やヘンリー王子の結婚式でも振舞われたとされる「ポルロジェ(POR ROGER)」についてまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

「ポルロジェ」の特徴とイメージ

シャンパン「ポルロジェ」の特徴は次の通り。

  • 家族経営のシャンパンメーカー
  • 発酵は木樽ではなく、ステンレスタンクを使用
  • 製造工程の”動瓶(ルミアージュ)”→澱を瓶口に集める作業を手作業で行っている
  • 英国王室御用達シャンパンメーカー。ウィリアム王子やヘンリー王子の結婚式で振る舞われたと有名
  • 元イギリス首相のチャーチル氏が愛したシャンパン

シャンパン「ポル・ロジェ」のイメージは下記の通り。英国王室御用達というのもイメージ確立の要因となり、クラシカルなイメージが強く、ちょっと着飾ったパーティや、品のある時間を過ごしたい時に飲みたいシャンパンです。

  • 上質なジャケットをパリっと着こなす紳士
  • 上品・気品
  • クラッシック
  • 厳か、格式高い
  • 落ち着いた
  • コクがある
  • 上質な絨毯、アンティーク家具、ピアノのある環境
スポンサーリンク

シャンパン「ポルロジェ」の種類と価格

ポル・ロジェの種類は、下記の通り。下記の”ピュア エクストラ ブリュット””ブラン・ド・ブランヴィンテージ”から下の種類は、ワイン好きの方や、玄人さん向きだと感じます。

ポル・ロジェ レゼルヴ ブリュット

【価格】4千円台後半~※価格は変動します。

一貫したポル・ロジェらしさを追求する、最も一般的でスタンダードなタイプ。4年間の熟成を経て、出荷されます。>>”ポル・ロジェ レゼルヴ ブリュット”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポル・ロジェ ピュア エクストラ ブリュット

【価格】7千円程度~※価格は変動します。

”愛好家さんに新しい感動を”という目的で造られたのが、このシャンパン。繊細さ、巧妙さが特徴。また、なるべく自然のままのワイン造りをめざし、製造工程の”ドザージュ”をせずに造られたもの。ワイン好きさん向きのシャンパン。>>”ピュア エクストラ ブリュット”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポル・ロジェ リッチ ドゥミ セック

【価格】5千円台~※価格は変動します。

ポル・ロジェの甘口(やや甘口とも言う)シャンパン。ポル・ロジェの公式ページでは、”Seduction & gourmandise”と表現されていて、日本語訳にすると、誘惑と食道楽です。想像が膨らみますね。>>”リッチ ドゥミ セック”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポル・ロジェ  ブリュット ヴィンテージ

【価格】9千円程度~※価格は変動します。

ポル・ロジェのヴィンテージシャンパン。ヴィンテージシャンパンとは、単一年に収穫されたブドウのみを使って造られるシャンパンのことで、その年のブドウの個性が出ると言われています。古い年号ほど価格が上がります。>>”ブリュット ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポル・ロジェ ブラン・ド・ブラン ヴィンテージ

【価格】1万円以上~※価格は変動します。

ブラン・ド・ブランといって、白ブドウ(シャルドネ)のみで造られるタイプのシャンパン。さらに、ヴィンテージシャンパンということで、使われているブドウは単一年に収穫されたもの。ラベルに記載のある年号が収穫年を意味しています。古い年号ほど、価格が上がります。公式ページでは、”優雅”、”喜び”という表現がされているシャンパン!>>”ブラン・ド・ブラン ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポル・ロジェ ロゼ ヴィンテージ

【価格】9千円台~※価格は変動します。

ポル・ロジェのロゼタイプのヴィンテージシャンパン。ヴィンテージシャンパンとは、単一年に収穫されたブドウのみを使って造られるシャンパンのことで、その年のブドウの個性が出ると言われています。ラベル記載の年号が使われているブドウの収穫年を意味しています。公式ページでは、”官能”、”優美”という表現がされているロゼシャンパン。>>”ロゼ ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィストン・チャーチル

【価格】2万円台~※価格は変動します。

ポル・ロジェの最高級ランクのシャンパン。このシャンパンは、ポル・ロジェのシャンパンを愛していた、元イギリス首相チャーチル氏への尊敬の念を捧げるために造られたもの。チャーチル元首相については、下記の映画があります。

この映画にも、”ポルロジェ”が登場します。このシャンパンと共に合わせて観るのもオススメです。>>”キュヴェ・サー・ウィストン・チャーチル”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

シャンパン「ポルロジェ」、プレゼントやギフトとしてどう!?オススメは!?

ポルロジェは、”英国王室御用達”という印象がとても強く、箱やボトル(ラベル)デザインもとてもクラシック。”上品さ”や”気品さ”を印象付けることが出来るシャンパンのため、そういったシーンに合うギフトシーンがオススメ。例えば、目上の方や上司へのギフトや、結婚祝いなどここぞという特別なお祝いのプレゼントなど。また、パーティシーンでも、ワイワイといったカジュアルなシーンよりも、大人の落ち着いた雰囲気を感じられるパーティシーンで活躍できるでしょう。

なお、ワイン初心者さん向けへのギフトであれば、最も一般的な”レゼルヴ ブリュット”がオススメ。ワイン好きさんやワイン愛好家さへの贈り物で予算が許すようであれば、普段はあまり飲めない”ピュア エクストラ ブリュット”や、”ブラン・ド・ブランヴィンテージ”から下の種類がオススメです。ポルロジェは何度でも飲みたいシャンパンなので、ワイン好きさんの場合はどのタイプでも喜ばれます。>>「ポル・ロジェ」の種類と価格

ポルロジェの歴史

ポルロジェ

ポルロジェは、1849年に設立された、家族経営のシャンパンメーカー。シャンパン造りの哲学は、"distinction & elegance”、”refinement & pleasure”、日本語では、「気品と優美」という表現がされています。2004年に英国王室御用達となり、イギリスの元首相、チャーチル氏が愛してやまなかったシャンパンブランドとして、名を馳せています。

スポンサーリンク

ポルロジェ、実際に飲んでどうだった!?

ポルロジェ

 

実際に飲んだのは、最も一般的な「レゼルヴ ブリュット」と下記の「ヴィンテージ ロゼ」。

 

ポルロジェロゼ

美味しいのは当たり前なのですが、どちらも一貫して魅力として感じるのは、飲んでいる間中、クラシカルな品の良さを感じられ、お落ち着いた時間が流れること。まさに大人の時間ですね。

特に最もスタンダードの「レゼルヴ ブリュット」は、飲んでいる最中、パリっとした素敵な紳士が思い浮かぶんですよね。女性は憧れを抱き、男性は「こんな紳士になれたら」と感じなんだか高貴な感覚に陥ります。たかがシャンパンでそんな気分になる?と不思議なのも分かるのですが、一緒に飲んだパートナーも同じように感じたというリアルな感想なのです。

そして、「ヴィンテージ ロゼ」はプレゼントとして頂いたもので、プレゼントやギフトとしてはとても嬉しい贈りものでした。ワイン好きさんでも、シャンパンはデイリーには購入できないため、頂けるととても嬉しいのです。ただ、自分ではあえて購入しません。自分で購入するとしたら、「レゼルヴ ブリュット」の方が美味しさも分かりやすくリピートしたいと思えます。

以上が、有名シャンパンブランド「ポルロジェ」についてでした。それでは、また!

>>他のシャンパンブランド一覧!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事