開いたスパークリングワイン

スパークリングワインの開栓は、赤ワインや白ワインと違って発泡性の関係でポンッと音がしてしまうことも多く、男性のみならず、女性は苦手な方が多いんですよね!

しかも、ワインの本などに記載されている、”正しい開栓方法”は、なかなかその通りに行かないことが多い!我が家も初めてスパークリングワインを開けた時は、アタフタ、王道の通りうまく行きませんでした。

なので今回は、”素人でも開けやすい、スパークリングワインの開栓方法”をまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

初めてでも大丈夫!スパークリングワインの開け方!

スパークリングワインの開け方-手順-

1.キャップシールを剥がす

キャップシール

まずは、ボトル上部(黒い部分)のシールを剥がします。

上記画像で、水色で”シール”と書かれている部分が、シール!そのシールには、剥がしやすいように”つまみ”のようなものがついていることが多いので、それを引っ張ると、簡単に剥がすことができます!(上記画像で、”剥がす”と書かれている部分がつまみ)

キャップシールを剥がすと、下記の通り針金のような留め具と共にコルクが見えてきます!

 

コルクと針金

スポンサーリンク

2.針金を緩める

1.でキャップシールをはがすと、コルクの上に黒くて丸いもの(ミュズレ)が乗っていて、針金で固定されているのが分かります。その針金の部分に、下記の画像の赤丸で囲っているような、”わっか”になっている部分を見つけましょう!

針金つまみ

この”わっか”をつまんで、ひねると、針金がどんどんと緩み、下記画像のように針金を外すことが出来ます。(本当はここで、針金は外さないで開けるらしいのですが、これがまぁ難しい!なかなかうまく出来ないので、この王道の方法はスキップします。)

針金を外す

外すと、下記のようにコルクのみに!

コルク

この時点で、ガス圧が強く、コルク飛んでしまう可能性があると聞きますが、我が家では今のところ一度もないです。ただ、心配であれば、少し押さえておくと無難!

スポンサーリンク

3.コルクを抜く

コルクに布巾を被せて抜く

これで最後!コルクが急に開いて飛んでしまわないように念のため、上記のように上に布巾(ふきん)を被せます!そして、ボトルをテーブルに置いて斜めにします。上記画像だと直立気味に見えますが、実際は右側を浮かせています。

利き手とは反対の手(上記画像では左手)で布巾の上からコルクを押さえ、利き手(上記画像では右手)でボトルネックを持って、ボトルを回してコルクを緩めていきます!コツは、コルクではなく、ボトルを回すこと!

この部分が、王道の開け方とは違うところ!本来は、ボトルの底を持って回すとあるのですが、これが素人にはなんとも不安定で難しい!ボトルの底はテーブルにつけて、ボトルネックを持って回した方が安定感があります。

ボトルを回すにつれて、瓶内の圧力でコルクが上に押し出されていくような感覚を感じるはず。そこで圧力にまかせて、コルクを押さえる手を緩めてしまうと、ポンッと大きい音と共に一気に開栓します!

でもね、本来は、シュッとため息のような音と共に開けるのが王道であり、理想的!

開いたスパークリングワイン

どうするかというと、圧力に負けずにコルクを押さえながらゆっくりボトルを回すことを意識をすると、その内にシュッと静かに開けられるようになります。コツは、圧力にまかせずに、押さえながら少しずつ回し続けること!


 

以上が、”素人でも出来る!、スパークリングワインの開け方!”でした!

ワインを飲まない頃、発泡性ワインは、ポンッと大きな音をたてて開けるのが良いのだと勘違いしていましたが、実は静かにシュッと開けるのが良いのだと、いろいろと調べるようになってから知りました!

でも、プロの方のように開けるのは、なかなか難しくて、開けるのを諦めていた時期があります。その内に、王道にとらわれずに開けやすいやり方で開けることを意識したら、今のやり方に辿りつきました!

王道からは少し外れますが、素人でも、女性でも開栓しやすい方法なはず。是非お試しください!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事