モエ・エ・シャンドン アンペリアル

飲みやすいシャンパンやスパークリングワインをお探しですか!?そんな時は「甘口」シャンパンがオススメ。

シャンパンやスパークリングワイン、主流は辛口ですが、アルコール度数がビールよりも遥かに高い12%程度のものが多く、アルコール感が強いことから「辛口のシャンパンは苦手」という方が実はたくさんいらっしゃいます。特にサワーや甘いお酒が好きだった方は、苦手意識を抱きやすいですね。

なので、飲みやすさ重視するのであれば、「甘口」が断然オススメ。ワイン初心者さんにもオススメなのです。「シャンパンやスパークリングワインって美味しい!」と感じることで、シャンパンやスパークリングワインの道が広がるので、「辛口」にこだわる必要はありません。そもそも、現在の主流は辛口ですが、辛口ブームの前は、「甘口」が主流でした。なので、「甘口」がタブーという意識はないですね。

ということで、今回は、飲みやすい「甘口」シャンパン&スパークリングワインのオススメを紹介しておこうと思います。選んだ基準は、スーパーではあまりお目にかかれない甘口シャンパンです。

スポンサーリンク

モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル

【価格】5千円台~※価格は変動します。

甘口シャンパンの中で、最もオススメしたいのがこの「モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル」。あまりの美味しさに、感動を覚える方もいるはず。飲みやすさは抜群です。

純白な白いボトルが印象的なシャンパンですが、ドンペリの生産者が造る、「モエ・エ・シャンドン」というブランドの甘口シャンパン。普通のワイングラスに氷を入れて楽しむというカクテルタイプのシャンパンで、とにかくスイーツのように飲みやすいのに甘さは残らず後味がすっきり。一般の小売店では出回らないシャンパンで、「高級リゾートだけのモエ」というフレーズで有名です。

>>”モエ アイスアンペリアル”を見てみる(楽天市場)

パイパー・エドシック シュブリーム

【価格】5千円台~※価格は変動します。

有名シャンパンブランド、パイパー・エドシックの甘口シャンパン。まろやかでクリーミー、品がありながらもふんわりとした陽気さをまとった女性という印象です。飲んで居る間とても明るい気分になり、会話も進むシャンパンです。

>>”パイパー・エドシック シュブリーム”を見てみる(楽天市場)

ヴーヴ・クリコ ドゥミ セック

【価格】6千円程度~※価格は変動します。

「品質はただひとつ、最高級だけ」という理念をずっと引き継ぐ、有名シャンパンブランド「ヴーヴ・クリコ」の甘口シャンパン。このブランドを飛躍させたのは、女性実業家でもある、マダム・クリコという女性。現在もシャンパン造りに欠かせない工程である「動瓶」を考案した人物でもあります。

チーズケーキや、カスタードパイ(お菓子)などのデザートとも相性がよく、女性の知性を感じる飲みやすいシャンパンです。

>>”ヴーヴ・クリコ ドゥミセック”を見てみる(楽天市場)

ロジャーグラート カヴァ プラチナ ドゥミ・セック

【価格】1千円台~※価格は変動します。

スペインのスパークリングワインでは有名なブランド、「ロジャーグラート」。日本では、ドンペリ ロゼ に勝ったスパークリングワインとして、このロジャーグラート ロゼが有名ですよね。そんな、”ロジャーグラート”ブランドの甘口スパークリングワインがこの「プラチナ ドゥミ セック」。

この3本の中では最もコストが低く、1000円代で購入出来てしまうのに、美味しいです。スパークリングワインの甘口というと、中には、後味に甘さが残ってしまうものもあるのですが、このロジャーグラートの甘口は、後味がすっきり。気軽に飲めて、楽しい一時を過ごせる甘口スパークリングワインです。

>>”ロジャーグラート カヴァ ドゥミ セック” を探す(楽天市場)

 

 

以上が、『飲みやすい甘口シャンパン&スパークリングワイン、オススメ3本!』でした。それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事