パイパー シュブリーム

これまでシャンパンやスパークリングワインを飲んできて気づくのは、気軽に一緒に飲んでいる相手と熱く語れたり、深い話ができたりするシャンパンやスパークリングワインはごく僅かということ。

要は会話が盛り上がるということなのですが、ここでいう会話が盛り上がるというのは、「ウェーイ!」というようなパーティライクな表面的な盛り上がではなく、じっくり相手と向き合う時間が生まれ、深い話が出来てしまう、ついつい熱く語り饒舌(じょうぜつ)になってしまうというような会話が弾む状態を意味しています。

こういった気軽に会話が盛り上がるシャンパンやスパークリングワイン、あまり出会えません。逆に出会うのは稀(まれ)なこと。しかも、ワインの経験値や飲み手を選ばずに、気軽に会話が盛り上がるものとなると、なかなか見つからないのです。大勢で飲むのに適したパーティライクの発泡性ワインは多々あるのですが・・。

ということで、今回は、これまでの経験上、難しさなく熱く語らせ、会話を盛り上げてくれたシャンパンやスパークリングワインをリストにしてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

熱く語れる、深い話が出来る!気難しさのない、会話が盛り上がる「シャンパン」「スパークリングワイン」リスト!

泡

会話が盛り上がる、”スパークリングワイン”リスト

※下記リストのシャンパン名をクリックすると、価格の目安が分かるよう、楽天さんの該当シャンパン一覧が表示されるようになっています。販売されていものは、リンクなしです。

スパークリングワインリスト

会話が盛り上がる、辛口スパークリングワイン

スパークリングワインは、安旨という側面に惹かれていたため、熱く語れたり、深く話ができるようなスパークリングワインに出会えていなかったのですが、上記の国産スパークリングワイン「アルガブランカ ブリリャンテ」は唯一別格。真面目な話を受け止めてくれる器があり、素直に深い話に入りやすい。

そしてなにより、国産のスパークリングワインで見つかったのが、とても嬉しいですね。

>>”アルガブランカ ブリリャンテ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

会話が弾む、ロゼスパークリングワイン

会話が弾んだロゼスパークリングワインは、どちらもイタリアのスパークリングワインで、上記の「フェッラーリ ブリュット ロゼ」、下記の「ドゥブル ロゼ」。

ドゥブル

両方とも辛口のロゼスパークリングワインなのですが、どちらもどちらかと言えば女性が饒舌に。「フェッラーリ ブリュット ロゼ」は、まさに気軽に陽気に会話が弾むので、男女間、女子同士向き。一方で過去「ドゥブル ロゼ」は、まったりと心酔感をかんじながら深い話が出来る感覚なので、男性も雄弁になっていました。ただ、この「ドゥブル ロゼ」なかなか見つからないことが多いので、見つけたらラッキーです。

>>フェッラーリ ブリュット ロゼ(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

スポンサーリンク

会話が盛り上がる、”シャンパン”リスト

※下記リストのシャンパン名をクリックすると、価格の目安が分かるよう、楽天さんの該当シャンパン一覧が表示されるようになっています。

会話が弾む、高級シャンパン

価格をご覧いたくと分かるのすが、上記のリストの中で1万円以上の高級シャンパンは、上記の「クリュッグ グランド キュヴェ ブリュット」と下記の「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン」のみ。

これまで高級シャンパンを多々飲んできたのですが、気軽に会話が盛り上がれたと記憶に残るのはこの2本でした。

というのも、高級シャンパンの場合、生産者が造る最高級品という位置づけもあるのか、気軽さがないものがほとんど。高級シャンパンなのですから当たり前ともいえますが、ワインの経験値がないと「気難しい」「美味しくない」と感じてしまうものも少なくありません。そうなると、会話が進まず、暗い雰囲気になりがち。

でも、そんな高級シャンパンの中でも、高級シャンパンらしさは失くさずに、飲み手を選ばず歓待してくれた高級シャンパンが上記リストの「クリュッグ グランド キュヴェ ブリュット」、「コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン」でした。どちらも、高級シャンパンらしい、堂々たる威厳さや気品さは感じつつも、陽気で明るく、とにかく前向きな会話が弾み、深い話もさらりと出来てしまいます。

>>”クリュッグ グランド キュヴェ ブリュット”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

>>”コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

会話が盛り上がる、シャンパン

シャンパンには、ランクやグレードというものがあるのですが、その中で最もスタンダードなノン・ヴィンテージに該当するシャンパンが上記の「パイパー・エドシック ブリュット」と下記の「バロン・ド・ロスチャイルド ブリュット」、次の「ブルーノ・パイヤール ブリュット ロゼ」です。>>シャンパンランクとは!?

両方とも辛口シャンパンなのですが、「パイパー・エドシック ブリュット」は、あの有名なマリリン・モンローが愛したシャンパンブランドのスタンダードシャンパンで、カンヌ国際映画祭の公式シャンパンとして有名。男女問わず気軽に会話が弾むシャンパンです。>>パイパー・エドシック ブリュットを見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

一方で、「バロン・ド・ロスチャイルド ブリュット」の場合は女性ももちろん会話が盛り上がるのですが、どちらかというと男性の会話が進みます。不思議なのですが、男性がどんどん喋りましたね。男性同士、男女同士で会話が進むシャンパンです。>>バロン・ド・ロスチャイルド ブリュットを見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

そして、ロゼシャンパンでは上記の「ブルーノ・パイヤール ブリュット ロゼ」が圧巻でした。華やかで楽しく、男女で会話が弾みましたね。ロゼというと、やはり女性が饒舌になる傾向があります。>>ブルーノ・パイヤール ブリュット ロゼを見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

会話が膨らむ、甘口シャンパン

現在、シャンパンの主流は辛口ですが、辛口の前は甘口が主流でした。そんな甘口シャンパン、後味に甘さが残らないこともあって、甘いお酒が苦手という男性陣をも唸(うな)らせてくれます。そんな甘口シャンパンの中でも会話を盛り上げてくれたのは、上記の「モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル」と下記の「パイパー・エドシック シュブリーム」。

モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル」は、ドンペリの生産者が展開する「モエ・エ・シャンドン」というブランドの甘口タイプ。普通のワイングラスに氷を入れて楽しめる新しいタイプの甘口シャンパン。男性ももちろん楽しめますが、女性ウケが抜群に良く、あまりの美味しさに女性が饒舌になります。男女同士、女性同士で会話が弾む甘口シャンパンです。>>”モエ・エ・シャンドン アイス アンペリアル”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

パイパー・エドシック シュブリーム」は、マリリン・モンローが愛し、カンヌ国際映画祭の公式シャンパブランドとしても有名な「パイパー・エドシック」の甘口シャンパン。この甘口シャンパンは、豊満さが感じられる甘口シャンパンで、男女問わず深い話へと自然に流れていくシャンパンでした。和やかで、心地よい一時が流れましたね。>>パイパー・エドシック シュブリームを見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

以上、”熱く語れる、会話が盛り上がる、「シャンパン」「スパークリングワイン」リスト!”でした。これからも経験値を積んでいくので、会話が盛り上がるシャンパンやスパークリングワインに出会い次第、追記していこうと思います。

それでは、また!

スポンサーリンク

オススメ記事

Twitterでフォローしよう

オススメ記事