よくテレビ番組などで、”高級シャンパン”と”安旨スパークリングワイン”の両者を出して、どちらが高級シャンパンかを当てるというような企画があります。そしてワイン通と呼ばれる、複数の芸能人が試飲し、必ず何人かが、”安旨スパークリングワインを高級シャンパンと間違える”というような光景を目にします。

『なぜ、安旨スパークリングワインを高級シャンパンと間違えてしまうのか!?』

不思議に思いますよね。その理由がずっと分からなかったのですが、発泡性ワインの経験を少しずつ積んできて、その理由が分かってきました。

スポンサーリンク

「安旨スパークリングワイン」を「高級シャンパン」と間違えてしまう理由、それは目先の美味しさにあった。

泡

先に、理由から言ってしまうと、安旨スパークリングワインの方が高級シャンパンよりも目先の美味しさを感じやすいからです。よって目先の美味しさから判断すると、美味しい方(安旨スパークリングワイン)を高級シャンパンだと勘違いしてしまいます。

その背景には、私を含めた一般消費者の、「高価なワインの方が美味しいはず」という思い込みが影響しています。高級シャンパンはフルボトル1本(750ml)1万円以上と高価なものばかり、そうなるとおのずと価格相応の美味しさを期待することになります。その結果、直感で美味しいと思った「安旨スパークリングワイン」を「高級シャンパンだ」と思い込みんでしまうのです。そう、「安旨スパークリングワイン」を「高級シャンパン」と間違えてしまう理由は、目先の美味しさにあったのです。

では、「高級シャンパン」は、「安旨スパークリングワイン」よりも美味しくないということなのでしょうか。

スポンサーリンク

高級シャンパンは安旨スパークリングワインよりも美味しくないということなの!?

グラスに入ったスパークリングワイン

もちろん高級シャンパンは美味しくないということではありません。実際に、安旨スパークリングワインよりも美味しさに感動した高級シャンパンもありますし、美味しいと感じるものもありますが、個人的な経験からいうと価格相応の美味しさを期待できるものは少数派。どちらかというと高級シャンパンは、簡単に美味しさを感じられるタイプのシャンパンではないと感じます。逆に、美味しさという言葉とは別のところに大きな魅力があるものが多いです。

ここでいう高級シャンパンとは仮にシャンパンランクでいう”プレスティージュ”としましょう。>>シャンパンランクとは!?”プレスティージュ”シャンパンは、各生産者が造る最高級品。そうなると、各生産者がこだわって造った一級品ということになります。そうなれば、万人受けするシャンパンというよりは、各生産者らしさを最大限表現する個性的なシャンパンという位置づけの方がしっくりくるのです。

パルムドール

そんな、個性的なシャンパンである高級シャンパンの場合、目先の簡単な美味しさを表現することに力は注がれていません。極端にいえば、「美味しさが分からない」と感じてしまう高級シャンパンもあるでしょう。でも、そんな「美味しさが分からない」高級シャンパンには、シンプルな美味しさとは別の、なんとも言い難い奥深さがあり、記憶に残って離れない凄い側面があるのです。これぞまさに高級シャンパンの醍醐味。

高級シャンパンの場合は、「目先の美味しさではなく、記憶に残るシャンパンが多い」そう感じますね。ただ、そんな個性的な高級シャンパンの価値を感じたり、美味しいと思えたりするには、時間と飲み手の経験値や技術が必要なものが多いです。なぜなら、個性やその個性に価値を理解するには、ある程度自分の中に標準となるシャンパンの経験値が必要だからです。

そんな気難しさがうかがえる高級シャンパンですが、中には、ある意味気取らない、誰をも受け入れてくれるような高級シャンパンが存在します。それも個性ですよね。そんな高級シャンパンは、ワイン通に限らず、一般消費者からも支持されています。詳しくは>>一般消費者で美味しいと感じやすい、オススメ高級シャンパン2本!をどうぞ。

以上が、「なぜ、安旨スパークリングワイン を 高級シャンパンと勘違いしてしまうのか!?」でした。この理由が分かるまでに、私自身かなりの時間がかかりました。様々な安旨スパークリングワインやシャンパン、高級シャンパンを飲んできた結果、ようやく理解できた気がします。どちらにも魅力がある、どちらを選ぶかはお好み次第です!それでは、また。

オススメ記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事