ドンペリ

よくテレビ番組などで、”高級シャンパン”と”安旨スパークリングワイン”の両者を出して、どちらが高級シャンパンかを当てるというような企画がありますよね!

そしてワイン通と呼ばれる、複数の芸能人が試飲し、必ず何人かが、”安旨スパークリングワインを高級シャンパンと間違える”というような光景を目にします。

『なぜ、安旨スパークリングワインを高級シャンパンと間違えてしまうのか!?』

発泡性ワインの経験を少しずつ積んできて、その理由が分かってきました!

スポンサーリンク

”安旨スパークリングワイン”を”高級シャンパン”と間違えてしまうのはなぜ!?

はてな

先に、理由から言ってしまうと、

”高級シャンパン”は、無条件に美味しいはずと思い込んでいるから!そして、”安旨スパークリングワインは、万人向けに造られていて、無条件に美味しさが分かりやすいから!”

なんですよね!

なので、よっぽどのワイン玄人さんか、プロの方でないと、間違える可能性が多いにあるはずなんです!いくらたくさんのワインを飲んでいたとしても、間違えかねない!

一方で、ではなぜ、”高級シャンパン”は、”高級シャンパン”であることが分からないのか!?

 

それは、”美味しさ”や”価値”を理解するのに、飲み手の技術を要するものがあるから!”なんです。簡単に美味しさや価値が分からないということ!

そもそも、シャンパンもそうですが、最も一般的なスタンダードタイプのシャンパン(ノン・ヴィンテージ)はシャンパンの中でも価格が手ごろで素人さんでも手に取りやすい。なので、素人さんでも美味しさが分かりやすいように造られている気がします。

>>どれが一般的(スタンダード)なシャンパンなの!?スタンダードタイプのシャンパンの見分け方!

ドンペリを例に出して説明すると、下記は、”モエ・エ・シャンドン”といって、ドンペリの生産者が造る、”ノン・ヴィンテージ”のシャンパン。シャンパンの中で、最も一般的なスタンダードタイプというところでしょうか!

 

このモエ・エ・シャンドンは、素人さんでも”美味しさ”が分かりやすいはず!気軽に美味しくシャンパンを楽しむため、そして、たくさんの人に手に取ってもらうことを前提に造られています。

一方で、下記”ドンペリ”の場合は、生産者である、モエ・エ・シャンドン社が造るシャンパンの中で、最高級シャンパンとして造られます。

生産者が造る最高級シャンパンともなれば、万人受けというよりは、生産者の個性や強みを最大限に生かし、細かい点まで気を配る。つまり、生産者が精一杯の力を注いでこだわりを持って造られます。そうなると、高級シャンパンの中には、高級であるが故に、繊細さや、奥深さが持つものが出てきます。

素人さんが、その繊細さや奥深さを理解し、その高級シャンパンの素晴らしさを感じ取る、汲み取るというのは、なかなか難しい場合があるんですよね!

実際に、高級シャンパンの中には、開栓してすぐには、払った対価に見合った”美味しさ”をすぐに感じられないものが複数存在します。正直、「あれ、この値段で、こんなもの!?」とがっかりしてしまったことも!

そんな、素人さんにとって気難しさを感じられる高級シャンパンの場合だと、断然安旨スパークリングワインの方がすぐに、そして簡単に美味しさが感じられるはず!

そして、私たちは、”支払った分だけ美味しいはず”、”高級シャンパンだからとても美味しいはず”と思い込んでしまいがち!→少なくとも私はそうでしたが!笑 だからこそ、美味しさで比較をしてしまうと、「安旨スパークリングワインの方が美味しい!」と感じ、高級シャンパンだと勘違いしてしまうということが簡単に起きてしまいます!

実は、以前も下記記事でお伝えしましたが、ドンペリも時間をかけて飲まないと、その価値に気づけずに、飲み終わってしまう可能性大!

 

実際のところ、以前テレビ番組でも、”ドンペリ ロゼ”を下記スペインのロゼスパークリングワインだと勘違いした芸能人が複数居た、その中にはワイン通も居た、ということはとても有名な話しです。

>>”ロジャーグラート カヴァ ロゼ”を探す(楽天)、(amazon)

『高級シャンパン』かどうかは、必ずしも『美味しさ』で把握できるものではない!これを理解していると、ギフト選びにも役立つかなと思います。

我が家の場合、皆で気軽にワイワイ楽しみたい、美味しさを共有したい場合は、皆で美味しさが共有しやすい、スパークリングワインや、スタンダードなシャンパン(ノン・ヴィンテージ)を選ぶことが多いです。

以上が、『なぜ、”安旨スパークリングワイン”を”高級シャンパン”と勘違いしてしまうのか!?』でした!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事