シャンパングラスに注がれたロゼ

スパークリングワインやシャンパンは、”お祝い”や”乾杯”というイメージが強いのでパーティでのお酒や贈り物として思い浮かぶ方多いはず。

でも、普段お酒が飲めない方や、事情があってお酒が飲めない方もいらっしゃって、楽しめないのはなんだか申し訳ないし、残念ですよね!

そんな時に活躍してくれる、本格派の”ノン・アルコールスパークリングワイン”をまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

ただ炭酸を入れただけじゃない!本格派の”ノン・アルコールスパークリングワイン”!

スパークリングワイン

ノン・アルコールスパークリングワインというと、ぶどうジュースに炭酸を入れたようなもの思い浮かべる方も多いはず。でも今回の2本は、本格派のノンアルコール・スパークリングワイン!通常のワインからアルコール分のみを除いて造られています。

パーティ時にお酒が飲めない方やドライバーさん(運転手さん)に!妊婦さんや、産後のママさんへの贈り物にも!

ノンアルコールとは、アルコール1%未満の飲み物を指します。自然果汁でも0.1%以下程度のアルコールが含まれるので本来は問題ないとは思いますが、アルコールに極度に敏感という方は、アルコール成分について十分確認されることオススメします。

>>”ノンアルコール”って、アルコール0%じゃないの!?”ノンアルコール”とは!?

スポンサーリンク

デュク・ドゥ・モンターニュ

ベルギーのノンアルコールスパークリングワイン!

ワインと同じ造り方で造られていて、ブドウ果汁からワインを造りアルコール分だけを抜くという方法を採用している本格派。

フランスでも年間100万本を売り上げるというノンアルコールスパークリングワインとのこと!ほんのり甘さは感じられるけれど、食事の邪魔をしないすっきりとした飲み口。

そして下記の通り、ロゼもあるのも魅力です♡

ヴァンドーム・クラシック

ドイツのノンアルコールスパークリングワイン!

国際味覚審査機構(ITQI)認定の「優秀味覚賞」を受賞した、ノンアルコールスパークリングワイン。

こちらも本格派、ワインを造ってからアルコールだけを抜くという方法で造られているもの。味わいも辛口ですっきり!

 

以上が、”お酒が飲めない人も楽しめる、本格派ノンアルコール・スパークリングワイン!”でした。

アルコールが飲めない方もスパークリングワインを楽しめますように♡

それでは、また!

>>”ノンアルコール”って、アルコール0%じゃないの!?”ノンアルコール”とは!?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事