空に?の文字

シャンパンやスパークリングワインを探していると、商品や生産者の説明のところに、”樽発酵”とか”樽香”、”ステンレスタンク使用”なんていう単語が出てきます。

そもそも、”樽”とは”木樽”のことなんですが、各生産者によってワイン醸造における発酵や貯蔵の過程で”木樽”を使うか、”ステンレスタンク”を使用するのか違いが出てくるのですが、素人としてふとこんな疑問が湧いてきます。

じゃぁ、その”木樽”と”ステンレスタンク”で何が違うの!?ワインに与える影響って何!?

ということで、”木樽”と”ステンレスタンク”について簡単にまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

発酵や貯蔵における”樽”や”ステンレスタンク”の違いって何!?シャンパンやスパークリングワインに与える影響とは!?

ズバリ、”木樽”と”ステンレスタンク”の違いとは!?

ワイン蔵

分かりやすく簡単に言うと、下記の通り。

  • シャンパンやスパークリングワインを醸造する過程において、”ステンレスタンク”を使用するより、”樽”を使用する方が手間がかかり、管理や扱いにおいても専門性の高い人材が必要になる。また、良質なブドウが必要。
  • 生産においては、”ステンレスタンク”の方が大量生産が可能で、経済的。

”樽”と”ステンレスタンク”、ワインに与える影響とは!?

ステンレスタンク

”木樽”を使って造られたワインの場合、コクのある、まろやか、重厚というような特徴を持ち、香りも複雑化する傾向がある。いわゆる、”樽香”というような樽由来の香りも付く。

”ステンレスタンク”を使って造られたワインの場合、爽やかさや新鮮さ(フレッシュさ)といった特徴を持つ傾向にある。

スポンサーリンク

発酵・貯蔵面における”樽”と”ステンレスタンク”の特徴!

”ステンレスタンク”の特徴!

  • 洗浄可能なため衛生面での手入れが楽(らく)!
    温度管理が楽!
  • タンク内は気密性が高いため、ワインが酸化しづらい。
  • 耐久性が高い。
  • ワインの大量生産が可能で、品質を一定に保ちやすい。
  • 経済的。

”木樽”の特徴!

  • 手入れや洗浄においては、専門性のある人員が必要!
  • 温度管理や温度の把握については、専門性を要する人員が必要。
  • ”ステンレスタンク”に比べると、通気性が高いため、ワインが適度に酸化し、まろやかさを与えることが出来る(良質なブドウ使用が前提)。
  • ”ステンレスタンク”に比べると耐久性は低く、適度に樽の交換や取り換えが必要になる。また、使用する”木樽”によって、品質が変化する可能性がある。

スポンサーリンク

”木樽”使用のシャンパン例!

手間と”木樽”に詳しい熟練の職人が必要である”樽”の使用は、シャンパン醸造において”こだわり”の1つとして捉えることが出来ます。そんな、”木樽”使用のシャンパン例をいくつか挙げておきます。

”クリュッグ”

ベースとなるワインの第一次発酵が”木樽”で行われることで有名なのが、この”クリュッグ”!

高級シャンパンですが、気難しさがなく、だれでも受け入れてくれるような陽気なシャンパン!

”ジャック・セロス”

自然派シャンパン造りにおいて超有名な小規模生産者でカリスマ的存在の”ジャック・セロス”。一次発酵に”木樽”を用い”樽熟成”も行う。使用する樽にもこだわりを持つ。

以上が、『”シャンパン”&”スパークリングワイン”の発酵や貯蔵、”ステンレスタンク”と”木樽”、何が違うの!?ワインに与える影響とは!?』でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事