シャンパンについて調べると、毎回の如く、『メゾン』という言葉が出てきます。

いわゆる、シャンパン用語、ワイン用語の1つ。

当然のことながら、1つの疑問が浮かびます。。

 

『メゾン』って何!?

 

言葉だけの意味を辿れば、フランス語で、「家」、「建物」という意味があります。

でも、色々な資料を読んでいくと、文面からシャンパンやワイン関連で使われる『メゾン』が、"製造者"を意味しているのがおのずと理解できます。そして、同じような意味合いで、シャンパンハウス、シャンパンメーカーという言葉も目にします。

そして、困るのが、シャンパンはワインの一種でも発泡性のワインですが、赤ワインや白ワインも加わると、『メゾン』に代わって、『ネゴシアン』、『シャトー』、『ドメーヌ』などの用語も見られてくること!ハイ、もう頭はパニックです!w

  • "メゾン"
  • "シャンパンハウス"
  • "シャンパンメーカー"
  • "ネゴシアン"
  • "シャトー"
  • "ドメーヌ"

一体全体何が違うの!?情報を様々、見比べながらまとめてみました。

スポンサーリンク

『メゾン』とは、シャンパンの製造会社!

まずは、メゾンについて。『メゾン』は、シャンパンハウス、シャンパンメーカーと呼ばれるものと同じ意味で、いわゆるシャンパンの製造会社ということ。この『メゾン』、シャンパーニュ地方には約5000軒も!

そして、『ネゴシアン』と呼ばれるものは、ブドウを買い付けてワインを造る生産者のこと。シャンパンの場合、規模の大きいメゾンはほぼ『ネゴシアン』。

このネゴシアンであるメゾン(シャンパン製造会社)のシャンパンには、ボトルに貼られているラベル(エチケット)に、『NM(ネゴシアン・マニピュラン)』という表記が小さくもあるそうなんです。

ということで、以前に飲んだドンペリの写真を見ると、『NM』の表記、ありました!赤い丸で囲ってある部分。↓ (ちょっと画像がブレてしまってて、ごめんなさい。)

 

ドンペリのエチケット

 

ということで、ドンペリのメゾン(製造会社)は「ネゴシアン」(ブドウを買い付けて作る生産者)ということになります。

ちなみに、ドンペリのメゾン(製造会社)は、モエ・エ・シャンドン社。大手メゾンの1つで、実は誰もが馴染みのあるメゾン!実際、ワインを飲まなくとも、シャンパンを人に贈りたいと考え、お店に出向けば、必ず下記の"MOET"の文字が目に付くシャンパンに出会えます。

*下記写真をクリックすると、商品販売先に移動します。

 

そう、実はこの "MOET & CHANDON" の文字のが印象深いシャンパンは、ドンペリと同じメゾンから出される、ノンヴィンデージシャンパン(メゾンのスタンダードシャンパン)です。ちなみに、ドンペリはヴィンテージシャンパン!

 

"ドメーヌ"、"シャトー"、"メゾン"、"ネゴシアン"の用語違いまとめ

ちょっと話がそれましたが、これを忘れてはいけません!「メゾン」との用語の違いを整理しましょう!箇条書き風にまとめてみます。

『メゾン』

シャンパンの製造会社、生産者、醸造所のことを意味しています。シャンパーニュ地方には約5000軒ほどあると言われています。

『ネゴシアン』

ブドウを買い付けてワインを造る生産者を意味します。シャンパンの大手メゾンのほとんどがネゴシアン。シャンパンの製造工程の1つに(アサンブラージュ)、ワインをブレンド(調合)する工程がある。

『シャトー』

フランス語で"城"という意味。ボルドー地方でよく呼ばれるワイナリー(製造所、醸造所)。ぶどう畑を保有していて、そこで栽培されたブドウを使って醸造される。

(参考)シャトーwiki:

『ドメーヌ』

フランス語で区画、領域、領地という意味。ブルゴーニュ地方やローヌ地方でよく呼ばれるワイナリー。自畑を持ち、そこで栽培されたブドウを使って醸造。ボルドー地方で呼ばれる"シャトー"と同じだけれど、シャトーよりもドメーヌの方が規模が小さいというニュアンスを受ける人も多い。

(参考)ドメーヌwiki 

 

-----------

以上が、簡単なまとめでした。

『メゾン』に代わる、様々な用語の違いが分かりちょっとすっきりしました!

ただし、現在は、畑の保有者の変更などで、ネゴシアンであってもシャトーやドメーヌを名乗ることもあるそうで、違いも曖昧のようですが・・。

ともあれ、ドンペリのメゾン(生産者、製造会社、醸造所)は、"モエ・エ・シャンドン社" です!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

Reccomend