ブドウ畑

シャンパンを造る生産者には複数のタイプがあります

そして、それはシャンパンボトルのエチケット(ラベル)やボトルの裏面に小さいながらも記載があるものが多く、ワインやシャンパン初心者であってもとても分かりやすい!

ということで、今回は、”シャンパンの生産者のタイプ”についてまとめています。

スポンサーリンク

シャンパンの生産者タイプ、まとめ!

樽

シャンパンの生産者は下記6タイプ!1~3が分かっていれば、十分かなと思います!

1. NM:ネゴシアン マニピュラン

栽培農家からブドウを購入したり、自社以外の他からワインや果汁を購入したりして、それらでシャンパンを造る生産者のことを意味します。

大手と呼ばれる生産者のほとんどが、この生産者タイプに属していると言われます。当サイトの、”有名シャンパンブランド、簡単解説!”にあるものは、全てこの大手生産者に該当します。それぞれ詳しく知りたい方は、下記へどうぞ。

>>有名シャンパンブランド一覧、簡単解説!

スポンサーリンク

2. RM:レコルタン マニピュラン

自分で畑を所有してブドウを栽培し、そのブドウを使って、シャンパンを造る小規模な生産者のこと。日本では、この"RM"生産者のシャンパンを好む方も多数!ただ、"RM"生産者によってシャンパンの品質は様々との声も!

3. CM:コオペラティヴ ド マニピュラン

生産者の共同組合を意味します。組合員になっている栽培家が育てたブドウを利用して、シャンパン造りをして、この共同組合の名でシャンパンを出荷します。エチケット(ラベル)やボトル裏面には記載が見当たらないのですが、前に我が家で開けた下記シャンパン、"ニコラ・フィアット"がこの生産者タイプに属します。

シャンパン

スポンサーリンク

4. RC:レコルタン コオペラトゥール

3. の、"CM:コオペラティヴ ド マニピュラン"が、共同組合でシャンパンを生産する過程で、一部を分けてもらい、自分のブランドとしてシャンパンを出す場合に、記載される生産者タイプ。

5. MA:マルク ダシュトゥール

いわゆるプライベードブランドのシャンパンの生産者をさします。有名なレストランやホテル、スーパーマーケットが、上記の1-3の生産者タイプに製造をお願いし、自社ブランドとして出荷されるシャンパンの生産者タイプ。

6. SR:ソシエテ ド レコルタン

組合などの団体に属す栽培農家が集まって、その集まった組合員が栽培したブドウでシャンパンを造り、独自のブランドとして出されるシャンパンの生産者を意味します。

スポンサーリンク

生産者のタイプにおけるQ&A!

その生産者タイプって、シャンパンボトルのどこで分かるの?

ボトルやラベル(エチケット)に見落としかねないほど小さく記載があることがほとんど。中には記載が見当たらないものもあります。参考までに、少しだけ紹介していきます。

→シャンパンボトルの正面のラベル(エチケット)に記載があるもの!

ドンペリで言えば、下記写真の8番に生産者タイプの1. "NM"と小さい文字で表記があります。

ドンペリのラベル

 

クリュッグ" というシャンパンの場合も同じく、下記ラベル写真の赤丸で囲んだ部分に、生産者タイプの1. "NM"という表記があります。

krug2

 

→シャンパンボトルの裏面に、生産者タイプの記載があるもの!

うーん、記載がないなぁと思っていたら、裏面に生産者タイプの記載があるものもありました。下記写真、右上の赤い丸で囲まれた部分に生産者タイプ1. の"NM"の記載があります。

ラベル参考例

大手生産者と小規模生産者の違いは!?
『”大手生産者”と”小規模生産者”の違い、簡単まとめ!』で、簡単まとめていますので、そちらをご覧ください。

以上が、”シャンパンの生産者タイプのまとめ”、でした!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事