パイパーエドシック

有名シャンパンブランドを素人目線で簡単に解説してくシリーズ!第四弾は、マリリン・モンローが愛したシャンパンとして有名なシャンパンブランド、パイパー・エドシックについてまとめておいきたいと思います。早速始めましょう!

スポンサーリンク

パイパー・エドシックの特徴とイメージ!

パイパーエドシック

シャンパン「パイパー・エドシック」の特徴として挙げられるのは、次の通り。

 

  • マリリン・モンローが愛した、カンヌ国際映画祭の公式シャンパンとして有名な大手シャンパンブランド
  • 陽性でとても親しみやすいシャンパンブランド

 

シャンパンブランド「パイパー・エドシック」のイメージは次の通り。一般消費者でも美味しさが分かりやすく、親しみやすさがあります。

  • 陽気、陽性
  • 華やか
  • 楽しい、わくわく
  • 親しみやすい
  • パーティライク
  • アメリカっぽい

パイパー・エドシック、プレゼントやギフトとしてはどう!?

美味しさも分かりやすく、陽気で明るい気持ちにしてくれるシャンパンなので、ワイン初心者さんに贈るのもオススメ。楽しい一時を過ごせることからリピートしたくなるので、ワイン好きさんへのプレゼントにもオススメです。

また、”パイパー・エドシック”は、マリリン・モンローが愛したと有名、さらに”アンカー・ウーマン”など様々な映画にも登場し、カンヌ国際映画祭の公式シャンパンとしても知られていることから、話題性のあるシャンパンを贈りたい方や、映画好きさんへのギフトにも向いています。

さらに、ラベルデザインが「赤」ということで、赤を好む贈り物、例えば還暦祝いや、情熱さを表したいシーンでにこのパイパー・エドシックをギフトに選ぶ方も多いですね!

スポンサーリンク

パイパー・エドシックの種類と価格

”パイパー・エドシック”の種類と価格を下記の通りまとめてみました。価格の目安としては、下に行くほど高価になる傾向があります。また、”ヴィンテージ”から下の種類は、ワイン好きな方や、特別なお祝いの時にオススメです。

パイパー・エドシック ブリュット

【価格】3千円台~*価格は変動します。

”パイパー・エドシック”の最もスタンダードな辛口シャンパン。シャンパンランクで言えば、一般的な”ノンヴィンテージ”に該当します。陽気に楽しく飲める上に、トーストのような甘い香りに魅了される経験が出来るはず。>>”パイパー・エドシック ブリュット”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

パイパー・エドシック ロゼ ソヴァージュ

【価格】5千円程度~*価格は変動します。

”パイパー・エドシック”のスタンダードなロゼシャンパン。煌びやかなピンクのラベルがとても目を惹きます。赤身のお肉料理と合わせてもOK。>>”パイパー・エドシック ロゼ ソヴァージュ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

パイパー・エドシック シュブリーム

【価格】5千円台~*価格は変動します。

”ドゥミ セック”と言って、甘口タイプのシャンパン。公式サイトでは、”金が立ち上るような輝き”、そして”クラシカル”なシャンパンと紹介されていて、品の良さが伺えます。そして、ドゥミセックのシャンパンに多い気もしますが、ロマンチックで”官能的”という表現がされています。>>”パイパー・エドシック シュブリーム”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

パイパー・エドシック エッセンシャル

【価格】6千円台~*価格は変動します。

一見”パイパー・エドシック ブリュット”と見分けが付かないデザインの”エッセンシャル”ですが、ラベルを見ると"ESSENTIEL"という記載があります。この”エッセンシャル”は、”エクストラ・ブリュット(極辛口)”タイプのシャンパン。4年間の熟成期間を経て出される、上質なパイパー・エドシックです。>>”パイパー・エドシック エッセンシャル”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

パイパー・エドシック ブリュット ヴィンテージ

【価格】7千円台~*価格は変動します。

黒のラベルが印象的な、”パイパー・エドシック”の”ヴィンテージシャンパン”。

一般的なシャンパンは、”ノン・ヴィンテージ”と呼ばれ、異なる年や品種で造られたワインをブレンドしますが、ヴィンテージシャンパンは、単一年に収穫されたブドウのみを使って造られるため、その年のブドウの個性が出るシャンパン。

ここぞというお祝いや、ワイン好きの方へのギフトに向いています。>>”パイパー・エドシック ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

パイパー・エドシック レア ヴィンテージ

【価格】2万円程度~*価格は変動します。

”パイパー・エドシック”の最高級シャンパン。シャンパンランクは、最高級の”プレスティージュシャンパン”に該当します。また、ヴィンテージシャンパンでもあって、単一年に収穫された優良なブドウのみを使用して造られています。

そして、ボトルデザインはとてもゴージャスで印象に残る美ボトル。特別なお祝いや、目上の方への贈り物に!>>”パイパー・エドシック レア ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

パイパー・エドシック レア ヴィンテージ ロゼ

【価格】5万円台~*価格は変動します。

”パイパー・エドシック”の最高級ランクのロゼシャンパン。上記と同様、特別なお祝いや、目上の方へのギフトに!>>”パイパー・エドシック レア ロゼ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

スポンサーリンク

パイパー・エドシックの歴史

パイパーエドシック

1785年に、”フローレンス ルイ エドシック”が創業した歴史のあるシャンパンメーカー。創業者が宮殿の王妃に相応しいシャンパン造りを掲げていたそうで、あのマリー・アントワネットに献上されたと言われています。

パイパー・エドシック、実際に飲んでどうだった!?

パイパーエドシック保冷中

パイパー・エドシックのシャンパンは、スタンダードの「ブリュット」と「シュブリーム」を飲みました。実は、シャンパンには陰性を感じるものが多く存在するのですが、「パイパー・エドシック」はそんな陰性の真逆、まさに陽性で明るいシャンパンで美味しさがとても分かりやすいです。

シャンパンが初めてという方や普段甘いお酒が好きという方は、甘口の「シュブリーム」がオススメ。甘いけれどさらりとしていて飲みやすく、美味しさを感じやすいと思います。

ストレスなく楽しい記憶が残るので、何度でも飲みたくなるシャンパンですよ。


以上が、”有名シャンパンブランド『Piper-Heidesieck(パイパー・エドシック)』の簡単まとめ”でした。それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事