フィリポナ

有名どころの”シャンパンブランド”を素人目線で解説してくシリーズ、第12弾は『PHILIPPONNAT(フィリポナ)』

このあたりになってくると、知らない方も多いかもしれません!ワイン漫画『神の雫』でも登場したため、人気のシャンパンブランド。重労働の象徴であり、”夢のような畑”という表現がされる銘畑「クロ・デ・ゴワセ」を単独所有しており、思わず興味がそそられる生産者です。

そんな、『PHILIPPONNAT(フィリポナ)』ついてまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

フィリポナ、単語で表現するなら!?

  • 落ち着いた、物静か
  • 聞き役、寄り添ってくれる
  • 大人の雰囲気
  • 男性的
  • 知的
  • 品のある
  • オシャレ
  • クリエィブ
  • ゆったり、しっとり
  • 信頼のおける
  • 能あるタカ
  • 唯一無二
スポンサーリンク

贈り物としてはどう!?

『PHILIPPONNAT(フィリポナ)』は有名なワイン漫画の『神の雫』にも出てくるため、シャンパンブランドとして有名どころですが、普段ワインを飲まない方は知らない方も多いはず。

なので、全くワインを飲まない方へのギフトよりは、”ワイン”がある程度楽しめる人への贈り物がオススメ!また、”フィリポナ”が知性を感じる落ち着いたシャンパンなので、落ち着いた印象の方へのギフトに◎!逆に、先輩が可愛がっている後輩や部下に贈るのも渋い気がします♡

特に、下記”種類”に挙げた”クロ・デ・ゴワセ”という単独畑のブドウで造られたシャンパンは、『PHILIPPONNAT(フィリポナ)』の中でも特別な立ち位置のため、ワイン好きさんであれば1度は飲んでみたいと思う方も多いですね。

スポンサーリンク

フィリポナの種類

”フィリポナ”のシャンパンの中で現在販売されているものを下記の通りまとめてみました!

ロイヤル レゼルヴ ブリュット


”フィリポナ”のスタンダードな白・辛口シャンパン!

ピノノワール(黒ブドウ)という品種のブドウに主体を置いて造られているシャンパン。フレッシュさがありながらも豊かさを感じるシャンパン。

>>”ピノノワール”で表現する味は!?ブドウの種類!

公式ページより、白身の肉、豚肉、魚との相性が良いとされています。

【価格】4000円代~*価格は変動します。

ロイヤル レゼルヴ ノンドゼ

シャンパンの製造工程にある、ドサージュ(糖が加えられたリキュールを加える工程)をしない、いわゆる糖が含まれない極辛口のシャンパン(白)!ワインの特徴をそのままに表現しています。菩提樹(ぼたいじゅ)という花のような香りた漂うのだとか!

公式ページより、生の魚介類や日本の料理との相性が良いとされています。

【価格】5000円代~*価格は変動します。

ロイヤル レゼルヴ ロゼ

”フィリポナ”らしさを表現した、”ロイヤル レゼルヴ”のロゼシャンパン!公式ページより、燻製されたお肉や魚、豚肉、夏に実る赤いベリーを使ったデザートなどと相性良し。

【価格】4000円代~*価格は変動します。

グラン・ブラン ヴィンテージ

徒級畑や一級畑の白ブドウ(シャルドネ)のみを使って造られたヴィンテージシャンパン!

【価格】8000円程度~*ヴィンテージにより価格は変動します。

キュヴェ 1522

この”1522”は、フィリポナ家がシャンパーニュ地方のアイ村に定住した年にちなんで造られているシャンパン!フィリポナが所有している特級畑のブドウで造られるワインのみで造られています!

【価格】1万円代~*価格は変動します。

キュヴェ 1522 ロゼ

上記の”ロゼ”タイプのシャンパン!

【価格】1万円前半程度~*価格は変動します。

クロ・デ・ゴワセ

”フィリポナ”が単独所有する、銘畑”クロ・デ・ゴワセ”のブドウのみを使って造られる、シャンパン。ワインの漫画、『神の雫』に登場したことでも有名です!

”クロ・デ・ゴワセ”の”という畑は30~45°の急勾配で、畑仕事をするには厳しい環境。”クロ・デ・ゴワセ”の”ゴワセ”は実際に重労働という意味。ただ、とあるシャンパンの本には、”夢のようなブドウ畑”という表現もされています。

ワイン好きには人気の高い高級シャンパンです!

【価格】1万円後半程度~*価格は変動します。

クロ・デ・ゴワセ ロゼ


上記、”クロ・デ・ゴワセ”のロゼタイプのシャンパン!

【価格】5万円程度~*価格は変動します。

ル・レオン

フィリポナ家が所有するアイ村の”ル・レオン”という畑で収穫されたピノノワール100%で造られた、高級シャンパン!

【価格】2万円程度~*価格は変動します。

マルイユ・シュル・アイ

100年を超えてフィリポナ家が”マルセイユ・シュル・アイ村”に所有する畑を表現したシャンパン!s”マルセイユ・シュル・アイ村”の畑にはピノノワール(黒ブドウ)中心に植えられ、”フィリポナ”のアイデンティティーともいえる1本!

【価格】2万円程度~*価格は変動します。

”フィリポナ”の歴史

フィリポナ

始まりは、1522年に”フィリポナ家”がフランスのシャンパーニュ地方アイ村に定住したこと。その後、1697年に”フィリポナ”を設立。

1910年に、マルイユ・シュル・アイ村にセラーを造り、シャンパン”フィリポナ”としてシャンパーニュを世に広めることに。そして、1935年に、銘畑である”クロ・デ・ゴワセ”を単独所有することで、”フィリポナ”の名を馳せました。

スポンサーリンク

”フィリポナ”の特徴

  • 家族経営の老舗シャンパン生産者
  • 新鮮さと力強さのバランス(調和)を重視しているシャンパンブランド
  • ピノノワール(黒ブドウ)が使われる比率が高い
  • 銘畑”クロ・デ・ゴワセ”を単独所有している
  • ボトル裏のラベルには、”澱抜き(デコルジュマン)”の日付(出荷前)が明記されている
  • 伝統的なシャンパン製法を重視

”フィリポナ”のブランドイメージ、印象

知性やクリエイティブな感覚を受ける上に、落ち着いた大人の雰囲気で、寄り添ってくれるような印象を受けるシャンパン。また、露骨なインパクトはないけれど、内に秘めた強さを感じます。

スポンサーリンク

実際に素人として飲んで、どうだった!?

フィリポナ

”フィリポナ”のスタンダードシャンパン”ロイヤル レゼルヴ ブリュット”を飲むと、落ち着いた雰囲気が流れ、ゆったりとした心地良い時間が過ぎていきました。知性やクリエイティブな感覚があって、内に秘めた才能というか力強さを感じたシャンパン。最後は空になるのが惜しく、「え?もう終わりなの!?」と寂しさを感じるほどの楽しい一時を過ごせましたよ。

ワイワイ飲むシャンパンという印象はなく、大人同士でゆったり話をしながら、安心感がじわりと広がり癒されました。

以上が、”シャンパンブランドPHILIPPONNAT(フィリポナ)について”でした!

それでは、また!

”フィリポナ”を探す!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事