スパークリングワイン

贈り物に、贈り先様の生まれ年のワインを探す方は多いですよね。ということは、生まれ年のシャンパンやスパークリングワインを探す方だって居るはず。実際、私自身、長寿の御祝で生まれ年のワインを贈っているシーン、そして生まれ年ワインを飲む現場に立ち会ったことがあるのですが、実際にその現場に遭遇してみると、

生まれ年のワインを贈ることって、意外と難しい

と分かりました。生まれ年のワインを探すという意味では、”年(とし)”で条件が絞られるので楽なのですが、ギフトとして贈り先様が楽しめるかどうかは別問題。その辺りに難しさがあるのです。

ということで、今回は”生まれ年のシャンパンやスパークリングワインについて”まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

生まれ年のワインって何!?どんなワイン!?

はてな

一般的に生まれ年のワインというと、ワインボトルやラベルに生まれ年の年号の記載があるワインのこと。そして、年号の記載があるワインのことを、”ヴィンテージワイン(シャンパン、スパークリングワイン)”と言います。

なので、簡単に言えば、生まれ年ワイン(シャンパン、スパークリングワイン)を探すということは、

該当年のヴィンテージワイン(シャンパン、スパークリングワイン)を探すということ!

ちなみに、ヴィンテージとは、そのワインに使われているブドウの”収穫年”を意味しています。つまり、収穫年の記載のないワインは、色々な年のブドウから造られているワインがブレンドされているイメージ。

よって、生まれ年ワインとは、生まれ年に収穫されたブドウを使って造られたワイン(シャンパン、スパークリングワイン)ということになります。

スポンサーリンク

生まれ年のワイン、なぜ贈り物やギフトに不向き!?その理由とは!?

生まれ年ワイン(シャンパン、スパークリングワイン)の贈り物自体に反対しているわけでは決してありません。ワイン玄人さん(プロフェッショナルの領域)や、玄人さんに近いワイン好きさんであれば、喜ばれる可能性は多いにあります。ただ、ワイン初心者さんや、ワインを少し楽しむ程度のワイン好きさんには、正直ギフトとしてオススメしません。オススメ出来ない理由は下記の通り。

古酒ワインは、保存状態がカギを握るけれど、保存状態が良いのか悪いのか、初心者では判断が出来ない!

電球アイコン

生まれ年ワインを贈るシーンって、探している年号が、何十年も前ということが大半なんですよね。そうなると、”古酒”になります。古酒のワインの場合、飲めるかどうかは保存状態がカギを握ると言われています。となると、保存状態が適切だったかどうかを見極める必要があるのですが、それはワイン玄人さんや、よほどのワイン好きさんでないと判断出来ないのです。

なので、生まれ年のワイン、シャンパン、スパークリングワインを探すことは出来ても、それが飲める可能性があるのかどうか、分からないということになります。

古酒のシャンパンは、とにかく高価!そして、古酒のスパークリングワインはほぼ見当たらない!

古酒のシャンパンとなると、しっかりと管理されたものであればあるほど、経過年数と共に高価になっていきます。上記のドンペリも、ヴィンテージは"1975"なのですが、○○万円という驚きのお値段。ドンペリの種類と価格を見れば、それがどれだけ高価なのか分かるはず。

一方で、スパークリングワインの場合、古酒自体があまりありません。というより、見つけるのが大変。そもそも、シャンパンやスパークリングワインは、熟成をピークに迎えたものが出荷され、自宅で熟成させなくてもすぐに飲めるため、古酒を好むのはマニアックな玄人さんが多いです。

スポンサーリンク

古酒の価値を感じるには、技量が必要

泡

そんな高価な古酒ですが、その価格に見合った価値を感じられるかどうかは、飲み手の経験値と技量次第。そもそもの経験値や技量がないワイン初心者さんの場合、価値の理解は難しいと考えましょう。つまり、せっかくの高価な古酒が、『なんだこんなものか・・』となる可能性があるということ。

また、グラスのタイプによっても、味わいや受け取り方が変わってくると言われていて、ヴィンテージシャンパンになるとシャンパングラスの中でも、チューリップグラスを使うことが多いです。そういった細かな配慮も、経験値がないと分からず、古酒ワインの理解は難しいと感じます。

”古酒”の開栓にはテクニックが必要な可能性がある

開いたスパークリングワイン

何十年も経過しているワイン、シャンパン、スパークリングワインになると、コルクの状態が悪いものもあります。つまり、開栓にテクニックが必要ということ。こればかりは、経験を積んだワイン玄人さんじゃないと厳しいです。

飲めるかどうかは、開栓後じゃないと分からない

シャンパングラスと海

結局、その古酒ワインが飲めるかどうか分かるのは、抜栓後なんですよね。なので、運次第。自分用に購入したものなら良いけれど、贈り物の場合、飲めないリスクを含んでいるもので良いのか、考える必要があります。

スポンサーリンク

生まれ年ワインの贈り物、リアル体験談!

赤ワイン

実際に私が立ち会った生まれ年ワインの贈り物シーンでは、贈った直後は喜ばれたものの抜栓後は案の定残念なことに。1940年代というかなり古いワインだったのもありますが、開けてみたところとても飲めるような状態ではなく(澱がいっぱい)、臭いも酷く、贈られた張本人は飲めずに終わってしまいました。

そこにワイン玄人さんがいらっしゃればまた対応も違ったのですが、素人さんばかり。贈ることに意義があるとはいえ、なんだか残念な気持ちがどこかでじわりと広がったのを覚えています。

生まれ年ワイン、贈るなら覚悟しておきたいこと!

さきほどの体験談でさらりと書きましたが、生まれ年ワイン、贈られると驚かれ、最初はとても喜ばれるんですよね。「同じ年月を経てきたワイン」ということで、感慨深くなります。

なので、贈るのであれば、「贈ることに意義がある」ということで、品質の良し悪しは期待しないことが重要。その覚悟が必要です。また、贈り先様にも「美味しく飲めるかどうかは分からないのですが・・」と、贈ることに意義を見出している気持ちをさらりと伝えておくことオススメします。

でないと、美味しく飲める前提で抜栓したものの、悪臭がするとか、澱がいっぱいでとても飲めないとなると、関係性が悪化しかねません。

スポンサーリンク

生まれ年のシャンパンやスパークリングワインを探す方法!

電球アイコン

探す方法は2通りあるのですが、最も簡単な探し方は楽天市場Amazonのような大手ショッピングサイトで、”シャンパン”と”年号” or ”スパークリングワイン”と”年号”のキワードで探すと、見つかる可能性があります。

他には、有名どころの各シャンパンブランドの公式サイトを探し、そもそもほしい年のヴィンテージシャンパンが発売されているかを確認してから探す方法があります。大手シャンパンブランドであれば、大体このヴィンテージ検索が可能ですね。そもそもほしい年号のヴィンテージがなければ、生まれ年シャンパンは成り立たないため、ヴィンテージがあることを確認した上で、楽天市場Amazon、もしくはGoogleやYahooなどの検索エンジンで直接探すことが出来ます。例として、生まれ年のドンペリの探し方をまとめていますので参考にしてみてください。>>生まれ年や特定の年号(ヴィテージ)の「ドンペリ」の探し方と注意点!

これらが、「生まれ年のシャンパンやスパークリングワインをオススメしない理由と生まれ年ワインについて」でした。個人的には、贈り主様、贈り先様がワイン初心者さんの場合は、生まれ年のシャンパンやスパークリングワインはオススメしません。

ワイン玄人さんやプロフェッショナルに近い方であれば、古酒を楽しめる可能性はあると思いますが、ワイン初心者さんや、普段少し楽しまれている程度のワイン好きさんへのギフトとなると、ギフトとして失敗のリスクも実は高いです!

でも、生まれ年ワインを手渡すことに意義を見出せるのであれば、それはそれでOK!ただ、贈り先様をガッカリさせたり、誤解が生じたりしないよう、贈る際には一言、『飲めるかどうかは分からない』と伝えるようにしましょう。それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事