ドゥラモット ロゼ

「ドゥラモット ブリュット  ロゼ」、実際に飲んでみてリアルな口コミを言うと次の通り。

「ドゥラモット ブリュット ロゼ」は、普通に美味しいけれど玄人さん向き。プレゼントやギフトとしてはオススメ。プレゼントやギフトとして頂けるのであれば、喜ばれるロゼシャンパン。

「ドゥラモット ブリュット ロゼ」は、一口目で誰もが「うわ!美味しい!」と言葉が漏れるような万人受けタイプのロゼシャンパンではありません。普通に美味しく飲めるのですが、「美味しくて驚き、感動」というようなタイプではないのです。

そもそも、「ドゥラモット」は一般的な白(ブリュット)も含めて、繊細さが魅力的なシャンパン。万人受けする、力強さを持ち合わせるシャンパンの類(たぐい)とは異なるんですよね。その繊細さを楽しめるかどうか。その魅力を感じ取れるかどうかは、嗜好性とワインやシャンパンの経験値・知識、がカギを握る気がします。

なので、価格面も含めて今後リピートするか(自分で購入するか)というと、個人的にはしないと思います。ただ、プレゼントやギフトで頂けるのであれば大喜び。「ドゥラモット」は、ブランド価値があるシャンパンブランド。だからこそ、贈答品であれば何度リピートしても嬉しいのです。

スポンサーリンク

ドゥラモット ブリュット ロゼ、なぜプレゼントやギフトにオススメ!?

シャンパンブランド「ドゥラモット」は、高級シャンパンの最高峰「サロン」のセカンドブランド。「サロン」といえば、フルボトル1本、○十万というシャンパンで、ワインやシャンパン好きにとっては人生で1度は飲んでみたいと切望するようなシャンパン。>>サロンを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

そんな「サロン」の醸造チームが、「サロン」が造られない年に造るのが「ドゥラモット」。「サロン」は、ブドウの作柄が最高の年のみに造られるため、それ以外の年は「ドゥラモット」を造るのです。

そんな背景から、「ドゥラモット」はワイン好きやシャンパン好きの間でブランド価値が明確化されているシャンパンブランド。贈り主と贈り先様で価値の共有ができるプレゼントは、「良いモノを頂いた」と贈り先様がすぐに認識できるため、プレゼントやギフトとしてとてもオススメなのです。

さらに、ロゼは、自分ではなかなか購入しないのもプレゼントやギフトとして魅力。ロゼシャンパンとなると一般的な白シャンパンよりも価格が高くなるため普段自分ではなかなか購入しません。

これらのことから、「ドゥラモット ロゼ」は、特にワイン好きさんやシャンパン好きさんへのプレゼントやギフトとしてオススメです。

スポンサーリンク

ドゥラモット ロゼ、リアル体験レポ!合うおつまみは!?価格はいくらだった!?味は!?

「ドゥラモット ロゼ」いくらで買った!?

7千円台後半で購入しました。ほぼ8千円近かったです。

ここ最近、シャンパンは価格が年々高騰化してきています。なので、今後値上がりする可能性も考えられます。>>ドゥラモット ロゼの価格相場を見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

「ドゥラモット  ロゼ」、どんな味!?

キリリと爽やか。繊細で純粋な印象が強いロゼシャンパンでした。(使われているブドウ品種は、ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%)

私が個人的に感じた香りとしては、グレープフルーツ、イチゴ、レモン。爽快感のある香りでした。味わいは、フレッシュな酸味がありながらも、しっかりとした果実味を感じられる味わい。普通に美味しいです。飲み頃温度としては、10℃過ぎるあたりが、私は好きでしたね。

おつまみは何が合う!?

おつまみはというと、私は成城石井さんの生ハムとモッツアレラのカプレーゼ風フィジリサラダを合わせました。

ドゥラモット ロゼとおつまみ

これがすごく合いましたね。キリリと爽やかさのあるロゼシャンパンに、爽やかさの強いおつまみ、やはり合います。

よって、生ハム単体、カプレーゼにも合うと思います。「ドゥラモット ロゼ」が繊細な印象なので、味が濃すぎるものや、クセの強いチーズはオススメしません。

これらが、「ドゥラモット ロゼ」のリアルな体験レポでした!

それでは、また!

>>ドゥラモット ロゼを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

オススメ記事