ランソン

シャンパンやスパークリングワインの発泡性ワインと白ワインは、冷えた状態でテーブルに出すと、ボトル周りに水滴が付きます。特に、気温が高くなる春・夏の季節は大量に水滴が付いて、ボトルの底に垂れていくので、瓶底に水が溜まることも。

ワインクーラーにずっと入れておくのであれば良いけれど、少し温度を上げて飲みたいときはテーブルに出すこともあるはず。我が家の場合、高級シャンパンと呼ばれる熟成期間の長いものは、温度を上げて飲みたいので、よくテーブルに出すことがあります。

赤ワインの場合は、そもそも飲み頃温度が発泡性ワインや白ワインに比べて高めなので、水滴は発泡性ワインや白ワインほどではないけれど、気になるのが液だれ

グラスに注いだ際に、ほんの少しワインが垂れてボトルを下っていくことがあります。そうなると気になるのが、テーブルやクラスへの染み。赤ワインで染みができると、手洗いしないとなかなか取れないのでかなりやっかいです。

そんな、液だれや水滴による汚れや染みを防ぐためのモノが販売されています。それが、ワインボトルコースター”

ワインの液だれや水滴による汚れや染みを防ぐのが、”ワインボトルコースター”!


このワインボトルコースター、オシャレなものも多く販売されています。基本となるワインボトルコースターは下記のようなシンプルでいくつかセットになったタイプ。お値段も、リーズナブルなので購入しやすいです。

シャンパンやスパークリングワインの場合、赤・白ワインのボトルよりも厚みがあって瓶底の幅も大きいのですが(ドンペリの瓶底を計ったら直径9.3cm程度)、上記のコースターの幅は10.6cmで、発泡性ワインのボトルにも対応しています。

ちなみに、ほとんどのボトルコースターは、シャンパン、スパークリングワインのボトルにも対応できるサイズですが、寸法の変更などもあるので、必ず商品詳細をチェックしましょう

他にも、下記のように”ハーレーダビッドソン”から出ている、ボトルコースターのセットもあります。ちょっとお高いけれど、マニアにはたまらないセット。

また、海好きや、海沿いの地区に住んでいる方の目を惹くワインボトルコースターもあります。下記は、蒸気船をデザインしたワインボトルコースター。デザイン性もあるので、価格は高めですが、オシャレです。

ホームパーティをよく開かれる場合は、水滴や液だれの汚れを気にすることなくスマートにボトルが収まるワインボトルコースターはとても便利。オシャレなデザインのものであればさらに、雰囲気を高めてくれるアイテムです。

ワインボトルコースターを探す。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend