シャンパンの裏ラベル

シャンパンやスパークリングワインに限らず、大体のワインのボトル裏にラベルに、上記のように『亜硫酸(酸化防止剤)』という記載があります。

『亜硫酸塩(酸化防止剤)』って何!?何のために、入っているの!?

ということで、”『亜硫酸(酸化防止剤)』”について今回はまとめておこうと思います!

シャンパンやスパークリングワインに入っている、”亜硫酸(酸化防止剤)”とは!?

『亜硫酸塩(酸化防止剤)』って何!?

はてな

ズバリ言ってしまうと、『亜硫酸塩(酸化防止剤)』とは、ワイン醸造において安定と安全をより確保するために使われている、食品添加物のこと

現在のワイン造りにおいては、一部の自然派ワイン(シャンパンやスパークリングワイン含む)を除いて、必須という認識が広がっています。

スポンサーリンク

何のために、『亜硫酸(酸化防止剤)』が添加されるの!?

ブドウ畑

大まかに言うと『亜硫酸(酸化防止剤)』を添加するのは、下記2つの目的があります。

”亜硫酸塩”を添加する目的!

酸化するのを防ぐため!

シャンパングラスに注がれたロゼ

シャンパンやスパークリングワインを含むワインが劣化すると、酸っぱくなるのをご存知でしょうか!?それが、”酸化する”ということ。その酸化を遅らせ、品質を安定させるためにも、『亜硫酸塩(酸化防止剤)』が添加されています。

スポンサーリンク

ブドウの殺菌をするため!

ブドウ

ブドウは自然と共に実る果実であるが故に、有害となる微生物や雑菌が付着していることを踏まえ、殺菌をし問題なく発酵させるために、『亜硫酸(酸化防止剤)』が添加されています。

そのため、ワイン醸造の初期段階である発酵前の早い内と貯蔵(熟成)の段階で添加されることが多いとされています。

『亜硫酸塩(酸化防止剤)』が添加されないとどうなる!?

泡

『亜硫酸塩(酸化防止剤)』が添加されない(無添加)場合、下記のようなデメリットが生じます。

”亜硫酸塩”、無添加のデメリット!
  • ワインの品質安定が難しくなる(酸化や劣化が早まる)
  • 発酵上で起こる”アセトアルデヒド”の影響で不快な臭い(青臭い)が残る
  • ブドウに付いている微生物や菌の影響で、異臭などの汚染が発生する可能性がある

ただ、シャンパンやスパークリングワインを含む、『亜硫酸塩(酸化防止剤)』を含まない自然派ワインも存在し、上記のデメリットを『亜硫酸塩(酸化防止剤)』ではない別の方法でカバーできるよう工夫して造られています。

>>『亜硫酸塩(酸化防止剤)』が無添加のシャンパン&スパークリングワイン!

スポンサーリンク

『亜硫酸塩(酸化防止剤)』、体に害はないの!?

はてな

『亜硫酸塩(酸化防止剤)』は食品添加物!大量に取ってしまうと体に悪影響を及ぼすことから、各国で使用できる上限値が定められています!ちなみに、日本では食品衛生法によって上限値が350mg/kgと決まっていますが、ワインに使用されているのはその半分以下とのこと。

実際のところ、2000年を超えるヨーロッパでのワイン文化で、亜硫酸の中毒者などが出ていないことから、シャンパンやスパークリングワインを含むワインに使われている量であれば、健康上問題ないとされてます。

ただ、中には『亜硫酸塩(酸化防止剤)』アレルギーがある方もいらっしゃるそうです。生まれ持った体の性質上、僅かでも何らかの不快な症状が出る可能性があるということ。調べた限りだと、”頭痛”とか”胃の不快感”、”喘息の悪化”などの症状がある方もいらっしゃるようなので、注意が必要です。

スポンサーリンク

『亜硫酸塩(酸化防止剤)』が無添加のシャンパン & スパークリングワイン!

シャンパンやスパークリングワインにも『亜硫酸塩(酸化防止剤)』を一切使用しないで造られているものがあります。いくつか紹介しておこうと思います!なお、アレルギー等お持ちの方は、ご自身の責任の上で商品確認・購入をお願いいたします。

”亜硫酸”無添加のシャンパン&スパークリングワイン!
スポンサーリンク

マリー・クルタン”-シャンパン

上記は、”マリー・クルタン”という生産者が造る、”アレジャンス エクストラ ブリュット ロゼ[N.V]マリー クルタン(シャンパン)”というロゼシャンパン!

生産者は女性なんですが、彼女自身が子どもの頃から化学薬品など受け付けない体質だったことから、自然な流れで自然派のシャンパン造りをしているとのこと。

小規模生産者なので生産量は僅かだけれど、上記のロゼシャンパンは、”亜硫酸塩は無添加”ということで、販売されてます!

彼女の造るシャンパンには、醸造中においては亜硫酸塩を使用していないなど、色々なタイプの自然派シャンパンがあるので、購入する際はご自身でしっかり確認しましょう!

”マリー・クルタンのシャンパン”を探す!

”キュヴェ・マネキネコ サンスフル”-スパークリングワイン

フランスのスパークリングワインで”クレマン”と呼ばれるもの!

この”キュヴェ・マネキネコ”は、ラベルデザインや名前を含め、日本の”招き猫”と縁があることから、多々紹介してきましたが、”キュベ・マネキネコ”にも酸化防止剤無添加のタイプが造られています!それが、上記、”緑”の”マネキネコ”ラベルのもの!

”キュヴェ・マネキネコ サンスフル”を探す!

”高畠ワイナリー ナイアガラ”-スパークリングワイン


日本の山形県にある”高畠ワイナリー”の亜硫酸無添加のやや甘口のヴィンテージスパークリングワイン!使われているブドウも山形県高畠町のナイアガラ種100%です♡

”高畠ワイナリー 亜硫酸無添加 ナイアガラ”を探す!

 

以上が、『”シャンパン”や”スパークリングワイン”に添加されている『亜硫酸』って何!?添加する目的とは!?』でした!

それでは、また!

(参考)「酸化防止剤(亜硫酸塩)」って何?- ASAHIWINE.com

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend