ヴーヴクリコ

シャンパンの甘口でハーフボトル(350ml)、自分へのご褒美や、プレゼントやギフト、手土産などでお探しの方も多いのではないでしょうか。

シャンパンの甘口といえば、女子に人気が高いですよね。そんな、甘口シャンパンですが、ハーフボトルになると販売されているものがごく僅か。もちろん、販売時期にもよりますが、現在は辛口が主流のため、辛口のハーフボトルの方が圧倒的に種類が豊富です。

ということで、そんな甘口シャンパンのハーフボトルについてまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

シャンパンの甘口ハーフボトル、特徴と注意点!

泡

シャンパンの甘口ハーフボトルの特徴は次の通り。

甘口シャンパン ハーフボトルの特徴!
  • 販売数や種類がごく僅か
  • フルボトルよりも割高
  • 甘口スパークリングワインよりも高価
  • 一部正規箱付きで販売されていることがある
  • 容量はフルボトル(750ml)の半分(375ml)
  • 正規箱付きの方が見栄えが良い

ここで大事なのが、販売されているものがそもそも少ないということ。スパークリングワインの甘口を含めると種類も増えますが、シャンパンの甘口となると販売はごく僅かと考えておきましょう。(時期にもよります)

シャンパンとスパークリングワインの違い

  • スパークリングワインとは発泡性ワインの総称であり、日本ではシャンパン以外の発泡性ワインを指すことが多い
  • シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で造られた限定的なスパークリングワイン
  • シャンパンは「高価・高級・特別」というようなブランディングが根付いているスパークリングワイン

また、ハーフボトルはフルボトルよりも容量に対して割高な傾向があります。これは辛口シャンパンでも同じ。

最後に、ハーフボトルのシャンパンは思った以上にコンパクト。容量も二人で1杯ちょっと飲める程度。なので、二人で飲むことを想定すると若干飲み足りないと感じてしまう方も多くなります。

よって、自分用や単身の方へのちょっとしたプレゼントとして贈るのならオススメですが、予算が少ない理由でハーフボトルをを選択する場合は注意が必要。予算が少ない場合は、スパークリングワインを選ぶことをオススメします。>>甘口スパークリングワインを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

スポンサーリンク

シャンパンの甘口ハーフボトル、オススメ!

ヴーヴ ホワイトラベル 箱付き

オススメは現在販売されている2本。

まず、断然オススメなのは、もし販売があればですが、「ヴーヴ・クリコ ホワイトラベルのハーフ 正規箱付き」がオススメ。そもそも、ハーフボトルで正規箱付きで販売されていること自体が少ないのですが、ハーフボトでオシャレな正規箱はなかなかないのです。>>ヴーヴ・クリコ ホワイトラベル ハーフの箱とは!?

正規箱付きの販売がなければ、箱なしでOK。

【価格】3千円台~*価格は変動します。

そもそも、ヴーヴ・クリコは超有名な大手シャンパンブランド。「品質はただ一つ、最高級だけ」というマダム・クリコ(ブランドの発展を遂げた女性当主)のポリシーを掲げているシャンパンブランド。

辛口シャンパンのイエローラベルに関しては、美味しいシャンパンランキングに掲載しているほど、裏切らない美味しさを提供してくれる安心感があります。

このヴーヴ・クリコ ホワイトラベルは、「ドゥミ・セック(やや甘口)」という甘辛度のため、ほんのり甘いけれど、甘さが後を引かずさっぱり。熟したフルーツの香りでなめらか。飲みやすさの中に深さを感じる、そんな甘口シャンパンです。>>ヴーヴ・クリコ ホワイトラベル ハーフを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)(amazon)

次にオススメなのは、「ランソン アイボリー ラベル」

【価格】3千円台~*価格は変動します。

このランソンも超有名シャンパンブランド。テニスのウィンブルドン国際大会の公式シャンパンや英国王室御用達シャンパンブランドとしても有名です。

そんなランソンが造るドゥミ・セック(やや甘口)のシャンパンがこの「ランソン アイボリーラベル」。こちらも熟したフルーツやハチミツを思わせる香りが広がるまろやかな甘口シャンパンです。>>ランソン アイボリーラベル ハーフを見てみる(amazon)(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ヴーヴ・クリコ ホワイトラベル ハーフの箱のレポ!

ヴーヴ ホワイト 正規箱

実は私自身がこのヴーヴ・クリコ ホワイトラベルのハーフ(正規箱付)を購入したことがあります。ハーフボトルだとわりとコンパクト感が目立つのですが、正規箱がついていると存在感がやはり違いましたね。見栄えがぐっと良くなります。

まず、正規箱が上記の通り。ホワイトラベルなので、白ベースに、ヴーヴクリコのカラーであるイエローの文字でした。

この箱何がオシャレなのかというと、もちろんデザインもとても素敵なのですが、下記画像の通り箱は横にスライドして開けるタイプなんですよね。

ヴーヴ ホワイトラベル 箱付き

このスライド式がなんともオシャレで、左側が箱のデザイン、右側にヴーヴ・クリコ ホワイトラベルのボトルが並ぶ仕様になっています。もうこれで飾っても良いのでは!?という見栄えの良さ。これぞ、特別感を演出するシャンパンです。

ハーフで、こういった正規箱はなかなかないので、正規箱付きのヴーヴ・クリコ帆わいろラベル、一押しなのです。>>ヴーヴ・クリコ ホワイトラベル ハーフを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)(amazon)

以上が、シャンパンの甘口、ハーフボトルでオススメなのは!?でした。それでは、また!

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

オススメ記事