シャンパングラスと海

「3000円」という予算額は、プレゼントやギフトを考える上では定番予算ですよね。ということで、今回は予算3000円以下で購入できるスパークリングワインについて選ぶコツやオススメをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

予算3000円でシャンパンはない!?なぜシャンパンではなくスパークリングワインなの!?

泡

え?なんでシャンパンじゃないの!?

こんな疑問を抱く方もいるかもしれませんが、シャンパンの場合は最低でもフルボトル(750ml)1本3000円代後半から。そして、送料やラッピングも含めると安くても4千~5千円台と考えるのが無難なんですよね。

それ以下のシャンパンもありますが、容量が少ないハーフ(375ml)ボトルなどが大半。僅かに3000円台で購入できるフルボトルのシャンパンが販売されていることもありますが、ケチった感が出てしまうため、オススメしています。

なので、プレゼントの予算が3000円ならば、選択肢が広がるスパークリングワインの方が断然オススメなのです。

え?でも3000円台でシャンパンを検索するといっぱいヒットするよ!?

【価格】2千円台~*価格は変動します。

ズバリいうと、大手ショッピングサイトで「シャンパン」と検索すると、シャンパンではないスパークリングワインがたくさんヒットするのです。つまり、スパークリングワインがシャンパンとして販売している可能性が多々あるということ。

上記商品画像のシャンパンは、予算3000円に該当するシャンパンですが、この価格帯のシャンパンはちらほらとある程度。となると、シャンパンだと思って購入したものが、実はスパークリングワインだったという可能性が大いにあるということなんですよね。これ、注意が必要なのです。

それだけ、シャンパンとその他スパークリングワインの差を知らない方が多いということ。ワイン好きからすると、「シャンパンのプレゼント!」と言われて渡されたものがスパークリングワインだった場合、お気持ちはとても嬉しいけれど若干がっかりします。w

では、シャンパンとはどんなワインなのか。そもそも「シャンパン」はスパークリングワイン(発泡性ワイン)の1種で、フランスのシャンパーニュ地方で造られる限定的なスパークリングワイン。下記図を見ると分かりやすいと思います。

ワインを知る図

シャンパンと名乗るにはフランスのワイン法で定められている条件(醸造方法やブドウ品種等)を満たし認定されている必要があります。逆に、その条件をクリアしていないものは「シャンパン(Champagne)」と明記することはできないのです。

シャンパン、どうやって見分ける!?
見分け方は簡単、ラベルやボトルに「Champagne(シャンパーニュ)」の明記があれば良し。シャンパン以外のスパークリングワインは、「Champagne(シャンパーニュ)」の明記が認められていないため、見分け方は簡単なのです。
こんな風に3000円でシャンパンを探すと、シャンパンは少なく、スパークリングワインがたくさんヒットすることになります。では予算3000円の場合、どんなスパークリングワインを選べばよいのでしょうか。

差をつける、スパークリングワインギフトを選ぶ3つのコツ!

シャンパンとグラス

スパークリングワインは、各国の発泡性ワインの総称になるため、プレゼント選びをする上では膨大の数から選ぶ必要が出てきます。そんな中で、相手を喜ばせるスパークリングワインを簡単に選ぶコツは、次の通り。

スパークリングワインギフトを選ぶ3つのコツ!
  • 第一印象を制する、ボトルデザインが魅力的なスパークリングワインを選ぶ!
  • 話題性のあるスパークリングワインを選ぶ!
  • 有名シャンパン生産者が展開する、スパークリングワインを選ぶ!

これら3つの共通点は、贈り先様が価値を理解しやすいスパークリングワインだということ。

例えば、ボトルデザインが魅力的なスパークリングワインは、「贈り物は見た目も大事」というように第一印象で感動や喜びを与えてくれるためサプライズ効果が高いスパークリングワインギフトに。「話題性のあるスパークリングワイン」は、有名人や有名イベントにまつわるスパークリングワインなど。「有名シャンパン生産者が展開するスパークリングワイン」の場合は、誰もが知るような知名度の高い「シャンパンブランド」によって価値を認識しやすくなるのです。

いくら高価なギフトでも、贈り先様が価値を認識できなければ意味はなし。相手を喜ばせるには、価値共有が容易にできるスパークリングワインを選ぶ必要があります。

では、この3つのコツに合うスパークリングワインとはどんなスパークリングワインなのでしょうか!?次にオススメをまとめていきます。

スポンサーリンク

予算3000円、プレゼントやギフトにオススメのスパークリングワイン一覧!

さきほどの「差をつけるスパークリングワインギフトを選ぶ3つのコツ!」に該当するスパークリングワインをそれぞれ紹介しています。興味のあるものからどうぞ。

ボトルデザインが魅力的、オススメのスパークリングワイン!

【価格】1千5百円程度~ *価格は変動します。

最初の1本目は、上記の、「フィオーレ・デル・アモーレ」。ボトルを逆さにすると、バラの花束になるイタリアの辛口・白スパークリングワインで、赤い薔薇の華やかさに釘付けです。>>フィオーレ・デル・アモーレを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

2つ目は、下記の「ガヴィオリ スプマンテ」。

【価格】13百円程度~ *価格は変動します。

ボトルに描かれているお花のモチーフは「桜」。まるで、桜の花が舞うようなデザインは、上品でしなやかさを演出してくれる、イタリアの辛口・白のスパークリングワインです。>>ガヴィオリ スプマンテ フラワーボトルを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)


3つ目は、「イエローグレン ヴィンテージ ボタニックス」。下記のように3種類のシリーズがあります。

【価格】各種千円台後半~※価格は変動の可能性あり。

オーストラリアのスパークリングワインで、上記商品画像の左がスイートピーが描かれた「ピノノワール シャルドネ」で辛口・白のスパークリングワイン。真ん中は、アイリスが描かれた「プロセッコ」といってグレーラ種というブドウを主体に造られた辛口・白のスパークリングワイン。右がオーキッドが描かれた「ピンク モスカート」でやや甘口のロゼスパークリングワインになります。>>イエローグレン ボタニックスを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

他にも、キレイで可愛く美しいボトルのスパークリングワインが多々販売されています。

話題性あり、オススメのスパークリングワイン!

【価格】2千円台後半~※価格は変動の可能性あり。

まず1本目に紹介したいのが、「グラハム・ベック」。南アフリカのスパークリングワインブランド「グラハム・ベック」は、米国のオバマ元大統領や南アフリカのマンデラ元大統領が就任する際に祝杯として飲まれたスパークリングワインとして有名です。これらの背景から、「勝利」のスパークリングワインというイメージも強く、話題性は抜群。

その中でも上記の白ブドウのみを使った「グラハムベック ブラン・ド・ブラン」は、『NIKKEIプラス1』でスパークリングワインランキング1位に獲得したことのあるもので美味です。>>グラハム・ベック ブラン・ド・ブランを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

次に紹介するのが、「ロジャーグラート  カヴァ  ロゼ」。

【価格】1千円台~※価格は変動の可能性あり。

とある日本のテレビ番組で、「ドンペリ ロゼ(ピンドン)」と間違われたスパークリングワインとして有名なのがこのスペインの辛口・ロゼスパークリングワイン。価格差は、ピンドンの価格によっては10~20倍程度と驚きです。>>ロジャー・グラート カヴァ ロゼを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

有名シャンパン生産者が展開するスパークリングワイン!

【価格】2千円台~※価格は変動の可能性あり。

1本目は、上記の「シャンドン」。ドンペリの生産者である、「モエ・エ・シャンドン社」がフランス国外で造るスパークリングワインということで、好奇心や興味を惹くスパークリングワインです。ロゼもあり。日本で販売されている「シャンドン」の多くは、オーストラリアで造られたものです。>>シャンドンを見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

2本目は、「ロデレール エステート カルテット アンダーソン」。

【価格】2千円台後半~※価格は変動の可能性あり。

高級シャンパンで超有名の「ルイロデレール クリスタル」の生産者、「ルイロデレール」がアメリカのカリフォルニアで造る辛口・白のスパークリングワイン。>>”ロデレール・エステート”を見てみる(楽天市場)(amazon)(Yahoo!ショッピング)

以上が、「予算3000円、プレゼントやギフトにオススメのスパークリングワイン!」でした。せっかくなら「特別感」のあるスパークリングワインをプレゼントしたい。今回紹介したスパークリングワインはそんな気持ちに応えられるようなスパークリングワインたちです。

それでは、また!

 

Twitterでフォローしよう

オススメ記事