ポメリー

有名シャンパンブランドを簡単に解説していくシリーズ、第9弾は、sシャンパンの歴史に欠かせない『ポメリー(POMMERY)』!早速、ポメリーのシャンパンについて見て行きましょう。

 

キリッと爽やかだけれど、丸みがある。海や草原で風を感じ、穏やかで心休まるような癒し系のシャンパン!

スポンサーリンク

シャンパン「ポメリー」の特徴とイメージ!

シャンパン「ポメリ―」の特徴は次の通り。

  • シャンパンの”辛口”を初めてリリースしたシャンパンブランド
  • モットーは、『品質第一』
  • ポメリーのシンボル的存在が、マダム・ポメリー
  • マダム・ポメリーが若い芸術家を支援していたという歴史的背景から、現在もポメリーはアートとの関わりがある。”エクスペリエンス ポメリー”という地下カーヴにアーティストの作品を展示するという企画を行っている。

シャンパン「ポメリ―」のイメージは次の通り。

  • キリリと爽やか
  • 女性的
  • 穏やか
  • 陽性
  • 品がある
  • 女子と飲みたい

「ポメリ―」には女性的なイメージが強く、どうも男性だけで飲む、男性同士で飲むというイメージが湧きません。女性と一緒に、もしくは女性同士で楽しみたい、シャンパンです。

ポメリーシャンパン、プレゼントやギフトとしてはどう!?

ポメリーのシャンパン、女性的な印象が強いので、男性から男性に贈るというよりは、女性へのプレゼントや、ご夫婦へのギフトがオススメです。ポメリーシャンパンの最もスタンダードな「ブリュット ロワイヤル」はお手頃価格の上、大手スーパーでの扱いも多く気軽に入手できるため、当日に用意したい手土産やシャンパンギフトとして大活躍してくれます。一方で、気軽に手に入るということを考えると、特別感は多少下がる可能性ありです。

ここぞという「特別感」を演出したいプレゼントやギフトの場合は、普段自分ではなかなか買えない、下記「種類と価格」の”シーズナル”、”ロワイヤルブルースカイ”、”キュヴェ ルイーズ”、”クロポンパドール”がオススメです。

スポンサーリンク

ポメリーの種類と価格

ポメリーの種類と価格は下記の通り。「キュヴェ・ルイーズ」からは価値を理解しやすいワイン好きさんや、ある程度ワインの経験値がある方にオススメです。

ポメリ― ブリュット ロワイヤル

【価格】3千円台~※価格は変動します。

ポメリーの中で最も一般的な辛口シャンパン。シャンパンランクでいうと、最もスタンダードなノン・ヴィンテージというものに該当します。>>”ポメリー ブリュット ロワイヤル”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポメリ― ブリュット ロゼ

【価格】3千円台~※価格は変動します。

ロゼのスタンダードシャンパン。この淡いピンクのボトルデザインは女子に人気ですよね。目を惹くデザインです。>>”ポメリー ブリュット ロゼ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポメリ― ロワイヤル ブルースカイ

【価格】8千円台~※価格は変動します。

ポメリーの甘口シャンパン。普通のワイングラスに氷を入れて飲むカクテルタイプです。ボトルデザインはその名の通り青い空を連想させるデザインで爽やか。パーティなどではデザイン共に楽しめるシャンパンです。>>”ポメリー ロイヤル ブルースカイ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポメリ― シーズナル

【価格】4千円台~※価格は変動します。

ポメリーには、四季の季節を楽しむための、季節限定のシャンパンが存在します。ボトルデザインもそれぞれ異なりとても魅力的。上記は「スプリングタイム」といって春の季節を表現するシャンパン。>>”ポメリー スプリングタイム”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

そして下記は、「サマータイム」といって、夏の季節を表現するもの。

フレッシュさを感じやすい白ブドウ(シャルドネ)のみを使って造られています。>>”ポメリー サマータイム”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

次に、秋の季節を表現するのが、下記の「フォールタイム」。このフォールタイムも新鮮さやフレッシュさを感じられる、白ブドウ(シャルドネ)のみが使われています。

>>”ポメリー フォールタイム”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

最後は、冬。下記が、「ウィンタータイム」というシャンパン。黒ブドウのみを使って使られている重みや濃密さを感じられるシャンパンです。

>>”ポメリー ウィンタータイム”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポメリ― ポップ

【価格】2千円台~※価格は変動します。

このポップは、200mlサイズ(クォーター)のコンパクトタイプのシャンパン。一般的なフルボトルは750mlで、ハーフは350mlと続き、最後にこのクォーターサイズがあります。

シャンパンライフの新しいスタイルとして、ストローやそのままボトルに口をつけて飲めるタイプのシャンパン。屋外やカジュアルなパーティに、そして1人飲みに、大活躍してくれるシャンパンですが、価格は高めです。本来、ロゼもあるようですが、在庫切れなのか、見当たらないのが残念。>>”ポメリー ポップ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポメリ― キュヴェ ルイーズ

【価格】1万円台~※価格は変動します。

ポメリーの最高級ランク(プレスティージュ)のシャンパンが、この「ルイーズ」。ポメリーの歴史と伝統を引き継ぐシャンパンであり、最高傑作として出される”ポメリーらしさ”が詰まったシャンパン。

使われるブドウは、このルイーズ専用の区画で収穫される最高品質のブドウのみ。ちなみに、ルイーズ”シリーズには、下記のロゼ、

そして、ナチュールといって生産工程で”ドサージュ”なし(糖分添加なし)というタイプがあります。

>>”ポメリー ルイーズ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ポメリ― クロ ポンパド―ル

【価格】9万円台~※価格は変動します。

この「クロ ポンパドール」は、ポメリーの中で最も個性的で希少性の高いシャンパン。というのも、このクロ ポンパドールは、ポメリーの敷地の限られた単一畑から収穫されるブドウのみを使って造られます。なので、その土地の個性が全面に出るシャンパン。現時点で出されているクロ ポンパドールは、収穫年も単一年で限定したブドウが使われています。また、10年間もの間、瓶内熟成を行うそう。

こんな背景から生産量も限られた希少性の高いシャンパン。そのため、価格はとても高価です。>>”ポメリー クロ ポンパドール”を探す(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

シャンパン「ポメリー」の歴史

創立は、1836年。1858年に、ポメリーを率いていたルイ・アレクサンドル・ポメリーが若くして亡くなった後、彼の妻である、マダム・ポメリー39歳という若さで率いることに。

マダム・ポメリーの手腕は凄く、その後ポメリーを世界で有名なシャンパンブランドへと導いたとされています。特に、その当時は甘口が主流だったところ、辛口シャンパンを初めて生みだし、世に出したのがこの、マダム・ポメリー。この辛口シャンパンが評価され、現在の辛口シャンパンの主流へと繋がっています。

「ポメリ―」実際に飲んで、どうだった!?オススメは!?

ポメリー

実際に私が飲んでいるのは「ブリュット ロワイヤル」と「ロゼ」。どちらが印象に残り、もう一度飲みたいかといわれると、「ブリュット ロワイヤル」です。まるで草原にいるような爽快でキリリとしたイメージが強く、他のスタンダードなシャンパンに比べてもポメリ―の特徴的な部分だと感じます。

でも、「ポメリ―」の良さは、爽快なんだけれど、温かく包み込んでくれるようなコクや温かい印象を感じさせてくれるということ。テーブルに出して、2杯目、3杯目と温度が少しずつ上がるにつれて、どんどん美味しくなる印象がありました。また、最初にキリリと爽やかさを感じるので、夏を意識した頃に飲みたくなる1本です。

以上が、”有名シャンパンブランド、ポメリーの簡単まとめ”でした。それでは、また!>>(参考)ポメリーブランド公式ページ

 

Twitterでフォローしよう

オススメ記事