タカムラワインハウス

シャンパンやスパークリングワインを含むワインを探しているとよく目にするショップの1つがタカムラワインハウスさん。雑誌に掲載されたり有名経営者御用達という記事が出ていたり、ワインショップでは有名なお店なんですよね。

我が家もオンラインで利用するワインショップの1つですが、実は大阪府に実店舗があります。そんな実店舗にも先日足を運んでみました。

ということで、そんなタカムラワインショップさんのリアル体験レポならぬクチコミをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

タカムラワインハウスさん、ネットショップ利用時の梱包・ラッピングはどう!?リアル口コミ!

シャンパンやスパークリングワインを含むワインをプレゼントやギフトとして贈り先様に直送したい場合、気になるのが梱包状態やラッピングですよね。せっかくの贈り物、見栄えよくありたいものです。

そんな贈り主の気持ちを踏まえた上で、タカムラ ワイン ハウスさん(ネットショップ)を利用した感想は次の通り。

これまで一切トラブルや問題もなく、不満を抱いたことはなし。ギフトやプレゼントを贈る際も安心して利用できています。

具体的に、ネットでシャンパンやスパークリングワインを含むワインを購入してどう届くのか、梱包状態やラッピングのリアル体験談を掲載しておきたいと思います。

タカムラワインハウスさんでワイン購入!ギフト購入、体験談レポ!

まず、梱包状態は次の通り。9本まとめて注文したので、かなり大きめの箱ですが、箱にはワインの絵柄や英語文字が入っていてオシャレでした。

箱

テープの貼り付けなど外観も問題なし。ただ、ネットショップ利用時は大体こういった綺麗な箱で届くのですが、実店舗利用時はちょっと違ったので、実店舗利用時は注意が必要です。>>タカムラワインハウスさん実店舗で配送を頼む際の注意点!

箱を開けると次の通り。ボトル同士の衝動を抑制するべく間仕切りがされており、一部に緩衝材が入っていました。

 

箱の中

ラッピングはというと、リーズナブルな袋ラッピングからギフトボックス、包装紙ラッピング、紙袋まで色々と種類があり、有料で対応して下さいます。下記が最も簡易的な袋ラッピング。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

袋ラッピング(ギフトラッピング)[G]
価格:66円(税込、送料別) (2021/10/26時点)

 

箱付きではないワインは、次の通り箱の購入も可能です。このオリジナルの箱もデザインステキです。

 

箱付きワインや、ギフトボックス購入した場合はその上から包装紙ラッピングも次の通り可能。

 

そして下記の通りワインバッグの販売もあります。こちらも箱同様のデザインでオシャレなんですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリジナル紙袋1本用
価格:176円(税込、送料別) (2021/10/26時点)

 

 

我が家の場合は、これまで購入してきたのが箱なしのシャンパンやスパークリングワインだったので、もっぱら最もお安い袋ラッピング(現:66円税込)を利用してきました。そんなラッピングの実際の画像が次の通り。

 

ペリエ・ジュエ・ブラゾン・ロゼ

とてもシンプルですが綺麗にラッピングして下さっています。

ちなみに、袋(ワインバッグ)も購入したことがあるのですが、実際の画像が次の通り。

ワインバッグ

これがまた他ショップと違ってショップロゴも入っていてオシャレ。手土産であれば、この袋にそのままのワインを入れて持参で全然OKだと思います。

目上の方やお世話になった方に贈る場合で、ギフトに正式感やフォーマル感を出したい場合は、箱付きラッピングがオススメです。

これらがタカムラ ワイン ハウスさん(ネットショップ)利用時の体験談でした。ラッピングの料金は変更なる可能性もあるため、購入時に必ず確認しましょう。

では、次に実店舗はどうか。実店舗のリアルレポにいきましょう。

スポンサーリンク

タカムラワインハウスさん、実店舗リアル体験談レポ!ワイン初心者さんでも入りやすい!?

タカムラワインハウス

ついに大阪まで遠征。気になっていたタカムラ ワイン ハウスさん実店舗に足を運んでしまいました。※完全にお客としての訪問であり、宣伝費等は一切いただいておりませんのでリアルなレポ(感想)です。

実際に行ってみてどうだったかというと、ズバリ、

  • ワイン初心者でも安心して気兼ねなく入り、試飲できるワインショップ
  • ワイン初心者さんからワイン通まで満足できる品揃えと商品説明
  • ワインと同じくコーヒーにも熱いこだわりを持ち、コーヒーも楽しめるお店
  • 老若男女が足を運んでいるショップ
  • ショップがかなりオシャレ、カフェ利用が出来て人気

でした。

タカムラワインハウスさんの実店舗、どこにある!?

まずタカムラ ワイン ハウスさんの実店舗がどこにあるのかというと住所は次の通り。

〒550-0002
大阪市西区江戸堀2丁目2-18
2-2-18 edobori nishiku Osaka
TEL. 06-6443-3519
FAX. 06-6443-9390
OPEN. AM11:00~PM7:30 / COFFEE PM7:00(L.O)
CLOSE. Wednesday

地下鉄四ツ橋線 「肥後橋駅」2番出口より徒歩10分
提携駐車場有り

下記の地図で見ると分かるのですが、すごく駅チカというわけではありません。最低でも10分程度は歩きます。最寄り駅は地下鉄四ツ橋線「肥後橋」ですが、私は「阿波座」という駅から12分程度歩いて到着しました。

自転車で来ている方も結構いらっしゃたので、近場にお住まいの場合は自転車もアリだと思います。(→ワイン試飲する場合は、電車&徒歩がオススメです。)

駅を降りて、オフィスやマンションなど高い建物が立ち並ぶ場所を歩いた先に突如としてオシャレな建物が現れます。それが、タカムラ ワイン ハウスさんの実店舗(下記は実際の画像)。

 

タカムラワインハウス

外観の感想は、「ステキ」の一言。

中はかなり広く二階建て。ワインとコーヒーがコンセプトでカフェも併用しているため、1Fと2Fに着席できる広いスペースもあるオシャレな倉庫という印象です。実際には200坪の広さだそう。

その日もたくさんのお客さまが入店していました。中の画像はさすがに控えたのでないのですが、タカムラワインハウスさんの公式ページに画像があり、どれだけの広さが実感できると思います。>>タカムラワインハウスさんの公式ページ

ワインの品揃えはとにかく豊富、約3700本のワインがあるそうです。高価なワインはシャンパンも含め、大きなガラス張りのセラーに揃っており、圧巻の光景。ワイン好きさんは見るだけでわくわくが止まらないかもしれません。

そしてお店の中には、プリペイド式のワイン用の試飲マシーン(「エノマティック」というそう)が置かれていました。これもタカムラワインハウスさんの公式ページに画像がありますが、実際にまさにそのままのマシーンが設置されていました。

タカムラワインハウスさんの実店舗、なぜ入りやすい!?ワイン初心者さんにもオススメ!

タカムラワインハウス看板

実店舗に足を運んで分かりましたが、ワインショップあるあるの、「入りづらさ」が一切ないのです。のんびりゆったり自分のペースで楽しめるある意味珍しいワインショップ。

なので、ワイン初心者さんにもオススメです。なぜこんなに入りやすいのか、理由は次の通り。

  • 広く天井も高いことから店舗内に余白率が多く窮屈感がない
  • コーヒー&カフェ利用目的の方が多く、気軽に皆が出入りしている
  • 店員さんが待ち構えていない、良い意味で自由

最初の看板画像を見ても分かるのですが、タカムラワインハウスさんの実店舗は、コーヒーとワインが楽しめるお店。ワインだけではないのが、誰もが入りやすく楽しめる大きなポイントです。

実際に訪問した時は、コーヒーを楽しむお客様の方が圧倒的に多い印象でした。コーヒーのレジとワインのレジが分かれており(1F)、コーヒー用の注文カウンター・レジには大勢のお客様が並んでいました。

でも、全く窮屈感はなし。それは、200坪もの広大なスペースで天井も高いことが影響していると思います。とにかく、ゆったりと楽しめる空間が演出されています。

また、私はワインコーナーでうろちょろしていたのですが、店員さんに話しかけられることはありませんでした。というより、店員さんは誰もが忙しく動かれているような印象。

デパートのワインコーナーなどに行くと、店員さんが待ち構えているように感じ、圧倒される感覚があるのですが、そういった負担も0。良い意味で、放っておいてくれる、自由さがありました。

ワインに関しても、ポップに分かりやすく説明されている印象で、初心者さんもゆっくり、じっくりとワインを見ることが出来ると思います。

ただ、店員さんに相談して決めたいという場合は、店員さんを探し、声掛けする必要があるかもしれません。積極的に話しかけてくる印象はなかったです。

タカムラワインハウスさんの実店舗、デメリットは!?

気づきのマーク

タカムラワインハウスさんには、王道なワインや有名なワイン、そして万人受けしやすいワインは幅広く置いてあるという印象でしたが、逆にコアなワイン好きさんには物足りないかもしれません。

例えば、自然派ワイン一筋というワイン好きさんの場合は、タカムラワインハウスさんよりもコアな自然派ワインを主に取り扱うショップの方が向いていると思います。

また、店員さんとじっくり相談して購入したいという場合やワイン談義を共にしたい場合は、店員さんが積極的に話しかけてくる感じではないので、若干ストレスを感じてしまう可能性あり。

店員さんに話しかけるのを待つよりも、自分で手の空いている店員さんを探し声掛けをする必要がありそうです。

そういう声掛けが苦手という場合は、店員さんがいつでも待ち構えているようなワインショップ(イメージではエノテカさんやデパートのワインコーナーなど)の方が相談しやすいと思います。

これらが、唯一考えられるデメリット。

タカムラワインハウスさん、実店舗でのギフト対応はどう!?

実際に実店舗でスパークリングワインを購入し、ラッピング対応をお願いしてきました。

実際には袋ラッピング、ボックス、紙袋など有料で色々と種類があったのですが、一貫してネットショップと同様に袋ラッピングをお願いしました。ネットショップよりも10円程度安かったです(52円)。

その画像が次の通り。

タカムラワインハウスさんラッピング

ネットショップと同じくシンプルでしたが、リボンの種類が若干違いました。個人的には全く問題なし。

と、ここまでがギフト対応の体験談なのですが、実店舗で購入したワインを配送する場合、1点注意が必要なことがあります。

タカムラワインハウスさん実店舗で配送を頼む際の注意点!

タカムラワインハウスさん実店舗で、自宅用のワインを数本購入し配送した際に到着した箱が下記の通り。使い古した感がある箱で届きました。

 

箱

正直に言えば、これには若干驚きましたね。購入時に自宅用かどうかの確認があったので、自宅用だからこそこの箱を選択されたのだと思いますが、自宅用のワイン配送で再利用の箱で送られてきたのは初だったのです。

ちなみに、ネットショップで自宅用に注文した際はキレイな箱ばかりで、上記のような箱は一度もなかったんですよね。

箱自体はモエ・エ・シャンドンという有名なシャンパンの箱で、きっと仕入れで送られてきた箱の再利用だと思うのですが、この箱のヨレや汚れ感が若干気になる方もいるはず。自宅用だとしても我が家にとっては大事なワインが入っているので、若干衝撃を受けました。

なので、実店舗で購入したワインを配送してもらう場合で、再利用の箱は避けたい場合、配送用の箱を確認するのがオススメです。ギフトであれば、再利用の箱は使用しないと思いますが念には念を。

実際、レジの中に再利用するためなのか使用済みの箱が複数置かれていたので、キレイな箱が良いという場合は、しっかりと確認・伝えましょう。

これだけ1点注意でした。

以上が「タカムラワインハウスさんの口コミ」でした。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事