フレシネ

大手スーパーなどでも良く目にするスパークリングワイン、「Frexinet(フレシネ)」。世界No.1の売り上げを誇るスパークリングワインとして有名なだけあって、気軽にリーズナブルに楽しめるスパークリングワインとして人気。となると、店頭で見つけて「Frexinet(フレシネ)」がどんなスパークリングワインなのか、クチコミを調べる方も多いはず。ということで、今回はスパークリングワイン「Freixenet(フレシネ)」のリアルなクチコミをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

「Freixenet(フレシネ)」ってどんなスパークリングワイン?一般消費者としてこれだけ知っておけば十分!

フレシネ アイスキュヴェ

Freixenet(フレシネ)スパークリングワインの特徴は次の通り。

フレシネスパークリングワインの特徴!
  • スペインのスパークリングワイン(カヴァ)で生産者が「フレシネ社」
  • シャンパン(生産:フランス)と同じ製法で作られているスパークリングワイン
  • 販売されている種類は10種類以上(変わる可能性あり)
  • 価格は1千円未満からと、とてもリーズナブル
  • 売上・販売量、世界No.1と言われている
  • 気軽にデイリーにも楽しめるスパークリングワイン

一般消費者としてこれだけ知っておけば十分だと思います。ただ、上記の特徴に「リーズナブル」、「気軽にデイリーに楽しめるスパークリングワイン」と記載していますが、フレシネのスパークリングワインは種類も多く、一部のスパークリングワインはデイリー感覚が強いのですが、中には高級品の立ち位置にあるものもあり、デイリーと特別感演出できるスパークリングワインが両方存在します。

また、辛口から甘口、オーガニック、糖分が添加されていないものなど種類は充実しているのも魅力。これは次の種類一覧にてまとめておいます。

スポンサーリンク

「Freixenet(フレシネ)」のスパークリングワイン、実際どう!?美味しいの!?

泡

フレシネのスパークリングワイン、純粋に美味しく楽しめますし、満足感が高いですね。その理由は、製造方法や生産者のこだわりなど色々とあるとは思いますが、最も大きいのはコスパが良いこと。安いのに美味しく楽しめる、日常にプチ贅沢感を感じられるというところが、満足感をアップさせてくれるのです。

特によく店頭で見かける、「コルドン ネグロ」に関しては、1千円未満で販売されていることも多く、デイリースパークリグワインとして十分楽しむことが出来ます。他にも個人的には「アイス  キュヴェ」が大好きですね。女性は特に美味しさに感動する方が多いです。

スポンサーリンク

「Freixenet(フレシネ)」スパークリングワインの種類と価格一覧!

*この種類に関しては、日本のフレシネ公式サイトを参考に一部引用しています。

コルドン ネグロ

【価格】1千円未満~*価格は変動します。

最もリーズナブルでよく見かけるのがこのフレシネの白・辛口スパークリングワイン。低価格でありながら美味しく気軽に楽しめる飲んで、デイリースパークリングワインとしても活躍してくれます。私自身、何度もお世話になっているスパークリングワインです。>>コルドン ネグロを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ブラックボトルがトレードマークのフレシネの顔ともいえるアイテム。グリーンがかった淡い黄色。弾ける泡立ち、レモンやシトラスのようなクリーンでキリッとした酸味のドライな口当たり。低温発酵させたブレンド比率の高いバレリャーダは透明感のある華やかな風味を持ち、キレのある酸味にアクセントを添えています。きめ細かい泡立ちが立ちのぼり、どんな食事にもよくあいます。瓶内熟成 18ヶ月以上。

カルタ ネバダ

【価格】1千円台~*価格は変動します。

やや甘口の白スパークリングワイン。

口あたりのよいやや甘口の味わい。フローラルな香り、ピーチを思わせるやさしい甘さとフルーティさが感じられます。同じブレンド比率のワインを12ヶ月間、栗の樽で熟成させた甘味付けのリキュールを使用しています。クリーミーな後味は、食事だけでなく、フルーツやチョコレートなどのデザートとも好相性です。瓶内熟成 12ヶ月以上

セミセコ ロゼ

【価格】1千円台~*価格は変動します。

中口のロゼスパークリングワイン。>>フレシネ セミセコ ロゼを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

深みのある美しいロゼカラーの黒ぶどう品種だけでつくられたロゼスパークリング。イチゴを思わせる風味、フレッシュさも感じられるエレガントな味わいです。瓶内熟成 12ヶ月以上

ブリュット ヴィンテージ レセルバ


【価格】2千円台~*価格は変動します。

単一年のブドウのみを使って作られる、辛口・白のヴィンテージスパークリングワイン。ヴィンテージの場合は必ずボトルに年号の記載があり、その年号が使われているブドウの収穫年を意味しています。、また、糖分の添加ををしていないのも特徴です。>>ブリュット ヴィンテージ レセルバを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

その収穫年のぶどうを使用。ぶどうのよさを伝えるために、ドサージュ(糖分添加)をしていません[ブリュットナチュレ]。さわやかなレモンやシトレスを思わせる香り、香ばしい酵母のニュアンスもあります。味わいは極めて辛口でありながら、うまみとやわらかさも感じられるフレシネブランドの逸品です。瓶内熟成 24ヶ月以上

モナストレル チャレロ

【価格】2千円台~*価格は変動します。

モナストレルというブドウ品種が特徴の辛口・白スパークリングワイン。>>モナストレル チャレロを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

シャンパーニュのぶどう品種にヒントを得て、黒ぶどうのモナストレルと白ぶどうのサレーロ(チャレロ)を50%ずつブレンドした新しいタイプのカヴァ。モナストレルのふくよかなコクとサレーロ(チャレロ)のさわやかな酸味が絶妙にマッチします。瓶内熟成 20ヶ月以上。

ブリュット バロッコ

【価格】3千円台~*価格は変動します。

フレシネの中で高級品にあたる、白・辛口スパークリングワイン。ラベルデザインもシックで品があるのが特徴です。>>ブリュット バロッコを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

バロック様式をモチーフとした個性的なデザインの上級品。繊細な白い花のようにやさしい香りと風味は特別な酵母によるもの。洋梨のようなフルーティな軽やかさもありながら熟成期間を感じる複雑味もある洗練された味わいです。瓶内熟成 30ヶ月以上

オーガニック ブリュット

【価格】1千円台~*価格は変動します。

契約農家のオーガニックのブドウで造られた、白・辛口スパークリングワイン。>>オーガニックブリュットを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

30軒の厳選した契約栽培農家で収穫されたオーガニックぶどうを使用。みずみずしいグレープフルーツのような柑橘系の香りと洋ナシのようなほんのりとした甘やかな香り。口に入れると心地よい酸味とやさしい果実味が広がる、まろやかな口当たりのカヴァです。

アイス キュヴェ エスペシアル

【価格】1千円台~*価格は変動します。

氷で楽しむカクテルタイプの中口スパークリングワイン。ほんのり甘さを感じることができるスパークリングワインです。>>アイス キュヴェを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

氷で割って楽しむスパークリングワイン。瓶内二次発酵ならではの細やかに立ちのぼる泡と共に、桃や洋ナシのような香り、トロピカルフルーツのような甘やかな味わいが感じられます。カヴァの主要品種にシャルドネを加えることで、 フルーティで爽やかな味わいが楽しめます。

アイス ロゼ エスペシアル

【価格】1千円台~*価格は変動します。

氷を入れて楽しむ、カクテルタイプの中口・ロゼスパークリングワインです。>>アイス ロゼを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

氷で割って楽しむスパークリングワイン。瓶内二次発酵ならではの細やかに立ちのぼる泡と共に、ほのかなスパイシーさ、熟した赤いベリー系のフルーツのような香りが楽しめます。シャルドネを加えることで、フルーティで爽やかな味わいが楽しめます。

フレスカ


【価格】1千円未満~*価格は変動します。

最初に紹介した「コルドン ネグロ」よりも爽やかで親しみやすさ味が特徴の、辛口・白スパークリングワイン。>>フレスカを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

フレスカ ロゼ

【価格】1千円未満~*価格は変動します。

上記と同様に爽やかで親しみやすさが特徴のやや辛口・ロゼスパークリングワイン。>>フレスカ ロゼを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

スポンサーリンク

「Freixenet(フレシネ)」スパークリングワイン、プレゼントやギフト、手土産としてはどう!?注意点!

パーティ

世界No.1売上といわれるだけあって、フレシネのスパークリングワインはスーパーでもよく見かけることができます。その分、「特別感」を演出したいプレゼントやギフトの場合は、フレシネの種類の中でもスーパーで見かけないものや、気軽さがないものをを選ぶことをオススメします。>>フレシネの種類一覧

先ほどの特徴でもお伝えしましたが、店頭でよく見かけるのはデイリーという感覚の強い「フレシネ コルドン ネグロ ブリュット」。1千円未満で販売されているものもあり、リーズナブルに気軽に楽しめるというのが魅力。

ただ、この「フレシネ コルドン ネグロ ブリュット」の場合はよく見かけることが出来る分、価格相場を把握している人も多く、「デイリー」という感覚が強くなります。その故(ゆえ)に、ギフトシーンや贈り先様によっては不向きになる可能性があるということなのです。

本来であれば、プレゼントやギフトは気持ちが大事と言われていますが、されど人間。シーンや贈り先様によっては、価格相場が分かっているとモヤモヤとすることがあるということです。なんとなく察しがつくのではないでしょうか。

逆に、仲間内でわいわい集まるカジュアルなパーティなどの手土産などには「コルドン ネグロ ブリュット」が活躍できるはず。当日手に入りやすく、カジュアルに楽しめるからです。私自身、知人がこの「コルドン ネグロ ブリュット」を手土産に持参して来てくれたことがあり、相場は知っていますが、普通に美味しいですし、気兼ねなく飲めるので素直に嬉しかったですね。

なので、特別感を演出したいプレゼントシーンの場合は、Freixenet(フレシネ)でも普段見かけないものや高級品という位置づけにあるものがオススメです。では具体的に、特別感を演出したいプレゼントやギフトの場合はどのどの「Freixenet(フレシネ)」がオススメなのでしょうか。

スポンサーリンク

「Freixenet(フレシネ)」スパークリングワイン、プレゼントやギフトにするならどれがオススメ!?

シャンパングラスと海

先ほどもお伝えした通り、カジュアルなホームパーティに当日買って持参する手土産であれば、「コルドンネグロ」など、その場で手に入るフレシネがオススメなのですが、特別感を演出したい場合は違う種類がオススメ。

具体的には、女子会や女子へのプレゼントであれば、「アイス キュヴェ」がオススメ。不思議なのですが、アイスキュヴェは、男性よりも女性の方が「美味しい!」と感じやすく、とても喜ばれるのです。スイーツと同じく、ほんのりとした甘さがきっと女性を魅了するのでしょうね。

そして、ここぞという目上の方や上司の方へのプレゼントやギフトという場合は、普段見かけない「Freixenet(フレシネ)」がオススメ。具体的にいうと、「ブリュット バロッコ」。ラベルも重厚感があり、普段目にすることもないので特別感を演出してくれます。私もいただいたら「このフレシネは初めて!」という感じで嬉しいですね。

以上が、「スパークリングワイン、フレシネ(Freixenet)のクチコミやオススメ」でした。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事