泡

『シャンパンやスパークリングワインのテイスティングって、赤・白ワインのテイスティングと違うの!?』

突然ふと浮かんだのがこの疑問でした!!

私はワインを楽しむ一般人なので、好みを把握したり、飲めるかどうかなど、ワインを楽しむためのお気軽な”テイスティング”をするくらいなのですが、調べてみると、

”シャンパンを含むスパークリングワインのテイスティング”と”赤・白ワインのテイスティング”には、若干の違いがあることが分かりました。

ということで、”シャンパン”や”スパークリングワイン”のテイスティングと”赤・白ワイン”のテイスティングの違いについて、まとめておこうと思います!

スポンサーリンク

”シャンパンやスパークリングワインのテイスティイング”と、”赤・白ワインのテイスティング”の違いとは!?

テイスティングとは!?

そもそも”テイスティング”とは、以前にまとめましたが、下記の通り!

テイスティングとは、ワインを見極め評価すること。英語の”Tasting”をそのまま日本語読みにしたもので、利き酒(唎酒:ききさけ)とも言われます。実際にワインの何を見極めたり確認したりするのかというと下記の通り。

  • 味・触感(味覚)
  • 香り(嗅覚)
  • 色・外観(視覚)

この”テイスティング”、一般のワインを楽しむ方とプロの方では目的が異なり、プロの方の場合は”テイスティング”をするためにより専門的な知識が必要になります。

>>一般人(ワイン好きさん)の”テイスティング”とプロの方の”テイスティング”、違いとは!?(近日公開予定)

スポンサーリンク

”シャンパンやスパークリングワインのテイスティング”と”赤・白ワインのテイスティング”の違いとは!?

泡

基本的には、シャンパンを含むスパークリングワインのテイスティングは、赤・白ワインのテイスティングと同じなんですが、違いがあるのは下記の通り!

  • シャンパンやスパークリングワインの場合、外観を視覚的に確認する際、色合いに加えて”泡”の状態を確認する!
  • シャンパンやスパークリングワインは、グラスを回さない!(スワリングしない)

うん、納得ですね!そもそもシャンパンを含むスパークリングワインは、”発泡性”なので、その特徴的な”泡”の部分において追加で確認をする必要があるということ。

泡が粗いのか(大きいのか)細かい(小さい)のか、泡が長く続くのか短いのかなど、泡の状態を確認することでそのシャンパンやスパークリングワインを確認・評価することが出来ます。ちなみに、泡は細かく持続性があるものが評価が高い!

スポンサーリンク

また、赤・白ワインの”テイスティング”は、スワリングといってグラスを回してワインを空気に触れさせますが、シャンパンやスパークリングワインはガス抜けを考慮し、回しません!これも、理解できますね!

最後に今回、色々と調べるにあたって参考にさせて頂いた、テイスティングの動画を共有しておきます!”赤・白ワイン”と”シャンパン含むスパークリングワイン”の2タイプの動画ですがすごく分かりやすいのでオススメです♡

”スパークリングワインのテイスティング”参考

”赤・白ワインのテイスティング”参考

以上が、『”シャンパン”や”スパークリングワイン”のテイスティングと”赤・白ワイン”のテイスティングの違いとは!?』でした。

それでは、また!

>>一般人(ワイン好きさん)の”テイスティング”とプロの方の”テイスティング”、違いとは!?(近日公開予定)

>>一般人のワイン”テイスィング”の心得(こころえ)!(近日公開予定)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事